レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみと活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
TSUCH160130520I9A6560_TP_V4

あなたは、節税の効果のある投資商品としてレバレッジドリースに興味をお持ちのことと思います。

ただ、どんなしくみなのかイメージが湧かず、手を出して良いものか分からないのではないでしょうか。

レバレッジドリースは、簡単に言えば、みんなでお金を出し合ってモノを購入し、貸し出す事業をするしくみです。そして、事業で出た損失が、節税につながるのです。

この記事では、レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみを分かりやすく説明します。そして、どんなケースで活用するのが効果的なのか、2つのケースについて簡単にお伝えします。

1.レバレッジドリースとは

まず、レバレッジドリースがどんなものなのか簡単に説明します。

みんなでお金を出し合った上で、それに加えてその出資額よりもはるかに巨額なお金を借ります。そして、それを元手に巨額の資産を購入し、リースで収益を得るのです。

出資額と借入額の比率は、2:8とか、3:7とか、借入額の方が倍以上になることがほとんどです。

これを、小さな力で大きな物を動かす「てこ」=「レバレッジ」にたとえて、「レバレッジドリース」と言います。

ただ、「小さな力」とは言っても、出し合うお金は、1口1,000万円とか、大きなものだと7,500万円というのもあります。なにしろ、航空機や船舶は、それ自体が超高額なものなので、そうなります。

レバレッジドリースは、以下の手順で行われます。

  1. 団体(匿名組合)を作り、お金を出し合う
  2. 金融機関から融資を受ける
  3. 巨額の物件(航空機、船舶、コンテナ等)を買う
  4. 物件を航空会社等へリースに出し、毎年少しずつ収益を得る
  5. リース期間が終わったら物件を売って代金を分け合う

2.レバレッジドリースが節税になるしくみ

では、このレバレッジドリースがなぜ節税になるのでしょうか。

大きな要因は、「減価償却」という処理が行われるためです。

減価償却は、資産を買った時から、代金の額を何年かにわたって費用として計上していくことです。

航空機も船舶もコンテナも、買った直後から事業に使われ、それに応じて価値が下がっていきます。そのため、匿名組合では、物件の価値が減った分を損失として計上します。これが「減価償却」です。

【イメージ】

減価償却

この損失は、匿名組合のメンバーになっているそれぞれの会社に、出資の口数に応じて分配されます。

そして、それぞれの会社で、「特別損失」として損金に算入されます。

そこで、匿名組合で早期にたくさん減価償却できれば、各会社でこの「特別損失」による損金がたくさん出せるので、節税の効果が大きくなります。

減価償却の期間が短ければ、それだけ早期にたくさん償却できます。

また、償却する額の計算方法も、「定率法」と言って、毎年一定の「率」を償却していく方法をとれば、早期にたくさん償却できます。

以下はイメージですが、「定率法」で、年80%ずつ償却できるとします。

【匿名組合での減価償却のイメージ】

匿名組合での減価償却

初年度は資産計上総額5,000万円の80%の4,000万円が減価償却されます。

2年目は、残額1,000万円の80%、つまり800万円を減価償却されます。

初年度と2年目で、資産計上額5,000万円のうち96%にあたる4,800万円が減価償却される計算になります。

このように、定率法をとれば、匿名組合では、初年度に、出資した額のうちかなり割合を減価償却できるのです。その結果、匿名組合メンバーの各会社でも損失(特別損失)が計上されることになり、節税になるということです。

3.レバレッジドリースは「オペレーティングリース」で

以上が、レバレッジドリースによる節税の基本的な仕組みです。

ただし、リースには種類があり、大きく「ファイナンスリース」と「オペレーティングリース」の2つに分けられます。

上でお伝えした減価償却の方法、つまり、短期で償却でき、しかも早期にたくさん償却できる方法がとれるのは、「オペレーティングリース」に限られます。

では、オペレーティングリースとはどんなものでしょうか。

オペレーティングリースは、簡単に言うと、名実ともに「貸して賃料をもらう」というリースです。これに対してファイナンスリースは、実質的に「分割払いで売る」というものです。

ファイナンスリースで典型的なのはパソコンやコピー機のリースです。リース期間が終わっても返す必要がなく、勝手に処分して良いものです。パソコンやコピー機の場合、すぐ型が古くなって利用価値がなくなるので、ファイナンスリースに向いているのです。

これに対し、航空機や船舶やコンテナは、こまめにメンテナンスがされるのでリース期間が終わっても利用価値が残っていて、売ればそれなりの値がつくのです。だから、オペレーティングリースが向いています。

このことからすれば、オペレーティングリースとは、「実質的に売買でない、ノーマルなリース」ということになるので、以下の条件をみたすことが必要です。

いずれかを満たせば、実質的な売買(分割払い)でないということです。

  1. 途中で解約できる
  2. リース料の総額が物件の価格より低い

このうち特に重要なのが、「2.リース料の総額が物件の価格より低い」という条件です。分割払いで売るのではなく、あくまで貸すということなので、賃料は物件の価格よりも安くなるのです。

4.レバレッジドリースによる節税の効果的な活用法

レバレッジドリースは、以下のような場合の節税に向いています。

  1. 単年度に突発的に大きな利益が出た時に、先送りする
  2. 後継者に自社株式を引き継ぐ際、税金の負担を減らせる

4.1.単年度に突発的に大きな利益が出た時に、先送りする

レバレッジドリースは、事業で単年度に突発的に大きな利益が出てしまった場合、一気に大きな損金を出せるので、節税対策・決算対策として非常に効果的です。

ただし、リース期間が終わると、匿名組合で資産を借り手に買い取ってもらったり中古市場で売ったりしてお金に換え、それが収益として匿名組合のメンバーの各会社に分配されます。

この時に、大きな益金が立ちます。

したがって、できれば使い道を用意しておくに越したことはありません。その使い道等については、「オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術」をご覧ください。

4.2.後継者に自社株式を引き継ぐ際、税金の負担を減らせる

次に、有効なのは事業承継、つまり、後継者に経営者の地位を引き継いでもらう時です。

この場合、自社株式も引き継いでもらわなければなりません。しかし、会社の経営状態が良好であればあるほど株式の価値が高くなります。そのため、自社株式を引き継ぐ後継者に、贈与税や相続税の負担が大きくのしかかることになります。

そこで、レバレッジドリースによる節税を活用すると、一時的に多額の損金を計上し、それによって自社株式の価値を引き下げることができます。

まとめ

レバレッジドリースは、みんなでお金を出し合って資産を購入し、リースに出して、減価償却のしくみを利用することで節税のメリットを受けるものです。

ただし、リースはオペレーティングリースでなければなりません。

そして、レバレッジドリースによる節税は、単年度に突発的に大きな利益が出てしまった場合の決算対策や、後継者に自社株式を引き継ぐ時の後継者の贈与税等の負担を軽くする時に役立ちます。

レバレッジドリース(オペレーティングリース)に興味のある経営者の方へ

弊社では、レバレッジドリース(オペレーティングリース)による節税の案件のご紹介・情報提供を行っております。もし

・オペレーティングリースを活用するメリット・リスクを詳しく知りたい
・お金が会社に戻ってくる時のことまで考えてプランニングしてほしい
・他にも税金対策・決算対策をいろいろ検討したい

といったことをお考えであれば、お気軽にご相談ください。

telhoken

無料相談のお申込みはこちらから

会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

出岡 大作

出岡 大作

行政書士資格保有。保険や税金や法律といった分野から、自然科学の分野まで、幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。