生命保険と経費|個人事業主の生命保険料は経費にできる?

個人事業主にとって、生命保険はサラリーマン以上に重要なものです。

自分に万一のことがあったら事業が回らなくなり、生活をしていけなくなってしまいますからね。

また、個人事業主は適切に税金を支払うために、「経費」に対する知識を正しく身につける必要があります。

基本的に個人事業主は、事業に関係する費用については、ほとんど経費として計上することが可能です。

その中には一部の税金や損害保険などの保険料も含まれており、支払っていれば経費になります。

では、生命保険の保険料はどうなのでしょうか?

今回は個人事業主の生命保険料と経費についてお話ししていきます。

税金対策に関わる知識として、しっかり把握しておきましょう。

1.原則|個人事業主の生命保険料は経費にできない

「生命保険は事業の核たる自分自身を守るものなので事業に関係している、だから経費にできるのでは?」と考える人もいるでしょう。

結論からいうと、個人事業主自身や、その家族を被保険者とした生命保険の保険料は経費にすることは出来ません。

あくまでプライベートな支出として扱われるのです。

一応、個人事業主の場合は生命保険料控除制度により、特定の保険であれば支払った保険料が所得から控除されます。

しかし、生命保険料控除制度は所得税・住民税それぞれに控除額の上限が定められており、上限を超えるような保険料を払っていた場合、その分が控除に入りません。

詳しくは「生命保険料控除制度|控除の仕組みと対象になる保険について」をご覧ください。

これが法人になると話は別で、法人向けの生命保険には、一部または全額を損金に計上できるものがあります。

つまり、生命保険を経費にしたいなら、法人化する必要があるということですね。

法人化すると税金対策やお金の積立等において、保険活用の幅が一気に広がります。

法人向けの保険については「経営者必見!事業活動のリスクに備える企業保険の選び方」を合わせてご覧ください。

2.個人事業主の生命保険料を経費にする方法

先に述べたように、個人事業主は原則生命保険料を経費にすることは出来ません。

しかし、一部例外があります。

それは従業員に対して保険をかけた場合です。

従業員に対する一部の保険は、福利厚生費と見なされるため、経費計上ができます。

また、下記で紹介するような生命保険を、従業員全員にかけている場合であれば、事業主本人や、従業員として働いている家族の保険料も福利厚生費として扱うことが可能です。

さすがに従業員全員が受けている福利厚生を事業主が受けられないのは不公平なので、それに合わせたルールが定められているということですね。

1.1.掛け捨て型保険で被保険者が従業員の場合

定期保険や収入保障保険などの掛け捨て型の保険で、被保険者が従業員の場合であれば、生命保険料を福利厚生費として経費にすることが出来ます。

この場合、受取人については、契約者である事業主か従業員の家族のどちらかを選ぶことが出来ます。

もし従業員に万一のことがあった時、受取人が事業主の場合は保険金を事業の収入として受け取ることになります。

基本的には従業員の遺族に対する死亡退職金として支払うことになると思いますが、何らかの理由で手元に残す場合、その年度の所得税が高くなってしまうので注意しましょう。

受取人が従業員の家族の場合は、家族への相続財産となります。

しかし、そもそも自営業で従業員にこのような福利厚生を用意するというのは、なかなか想像しづらいですね。

店舗経営で、特定の従業員に長期で働いてもらう可能性があるならば、考えてみても良いかもしれません。

1.2.従業員の退職金積立に保険を利用する場合

養老保険などの積立式の生命保険を活用し、満期保険金を従業員の退職金に充てる場合も、保険料を福利厚生費として計上できます。

退職金確保のための保険運用となるため、満期保険金の受取人は当然、契約者である事業主となります。

その上で、死亡保険金の受取人を誰にするかによって、経費にできる金額も変わってきます。

死亡保険金の受取人が事業主である場合、保険料は全額「資産」として扱われるため、経費に計上することが出来ません。

対して死亡保険金の受取人が従業員の家族である場合、従業員の家族が受け取る死亡保険金を福利厚生として積み立てるという見方になるので、福利厚生費として保険料の1/2を経費にすることが出来ます。

基本的には死亡保険金の受取人を事業主にするということは考えにくいため、退職金の積立に養老保険などを利用する場合は、保険料の1/2を経費にできる、と覚えておくと良いでしょう。

まとめ

ここまで個人事業主の生命保険料が経費になるかどうかについてお話ししてきました。

基本的に個人事業主の生命保険料は経費にすることができません。

代わりに生命保険料控除制度によって税金控除を受けることが出来ますが、控除額には上限があります。

もし様々な生命保険に加入しており、どうしてもその保険料を経費にしたいというのであれば、法人化するのがおすすめです。

法人化することで、法人専用の生命保険に加入することが出来るようになり、そういった保険を活用することで、保険料の一部、もしくは全額を「損金」として計上することができます。

例外として、従業員を雇っていて、その従業員に特定の生命保険をかけている場合は、個人事業主でも保険料を経費にすることが可能です。

この場合、保険料は福利厚生費として扱われます。

もし従業員全員に、福利厚生として特定の保険をかけていた場合は、事業主やその家族の保険料も経費にすることが可能です。

ただ、個人事業主で家族以外の従業員を雇うということもあまりないと思います。

どうしても生命保険料を経費にしたいのであれば、やはり法人化するのがおすすめです。

法人化すると、保険料以外でも税金面で有利に働くルールが多いので、是非一度検討してみましょう。

生命保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

もしも、生命保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


生命保険無料相談のお申込みはこちら

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る