団体信用生命保険とは?押さえておきたい基礎知識と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
団体信用生命保険

住宅ローンの借り入れの条件として団体信用生命保険の加入を必要としているところがほとんどですが、「団体信用生命保険って何だろう」と思う方も多いかもしれません。

団体信用生命保険は、住宅ローンを借りた人が亡くなってしまったり、高度障害になった場合に、金融機関が残った住宅ローンを支払ってくれるというものです。一般の生命保険と違い、保険金の受取人は住宅ローンの債権者ではなく、金融機関になっています。

そこで今回の記事では団体信用生命保険の基礎知識や種類、押さえておきたい注意点についてお伝えしたいと思います。住宅の購入を検討されている方、知識として知っておきたい方は必見です。ぜひ、最後までご覧ください。

1. 団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、住宅ローン専用の生命保険のことです。
住宅を購入するときに住宅ローンを借りると思いますが、住宅ローンの借り入れに団信の加入を条件としていることがほとんどです。

団信に加入していれば、住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害状態になったときでも、住宅ローンの残金の分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算することができます。

2. 団体信用生命保険の種類

通常の団体信用生命保険に加え、三大疾病保障付保険、七大疾病保障付保険、八大疾病保障付保険なども出てきました。

各保険の保障内容と保険料については下の図を見て下さい。

団体信用生命保険の種類と概要

団体信用生命保険の保険料は住宅ローンに金利に含まれていますので、別途保険料支払う必要はありません。しかし一部の金融機関やフラット35は団体信用生命保険の加入が任意になりますので、加入を希望する方は、別途保険料の支払いが必要です。

さきほど七大疾病、八大疾病保障特約の団体信用生命保険をご紹介しましたが、保障範囲を広げた団信の保険料は、保険料が別途上乗せされる可能性があります。金融機関によっても保険金が支払われる条件が違うこともあるので、加入する際には保険金支払いの条件をきちんと確認しておきましょう。

3. 団体信用生命保険でカバーできないリスクとは?

死亡や高度障害状態になってしまったとき、住宅ローン残金分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンが清算されますよね。しかし、注意していただきたいのはあくまで「死亡または高度障害状態になったとき」なのです。

もし住宅ローンの債務者が死亡ではなく、病気やケガの場合はどうでしょうか?病気・ケガでは団体信用生命保険の保険金支払いの対象外ですので、毎月の住宅ローンは通常通り支払わなければなりません。収入がないのに住宅ローンを支払い続けていくことは短期間なら貯金を切り崩して支払えたとしても、長期的に考えると難しいですよね。

そこで就業不能時の住宅ローン返済をサポートしてくれる保険が「住宅ローンサポート保険」。名前の通りですが、この保険は住宅ローンの債務者が病気やケガで働けなくなったとき、収入の減少をカバーする保険です。

住宅ローンの返済は10年、20年、30年…と長期に続くものですので、あらかじめ想定できるリスクはなるべく回避したいですね。必ず加入しなければいけない保険ではありませんが、リスク対策として検討してもよいと思います。

4. 注意したい3つのポイント

ここで団体信用生命保険に加入する際に注意する点をお伝えします。

4-1. 生命保険に余分に加入していないか確認する

民間の住宅ローンの場合、保険料が住宅ローン金利に含まれていることがほとんどです。そのためか、住宅ローンを利用する方は生命保険に加入していることをあまり意識していない方も多くいらっしゃると思います。すでに保険に加入している方でその保険に住宅資金の保障額も含まれているならそれは重複していることになりますので、住宅ローンを利用する際には、すでに加入している保険の見直しをすることをお勧めします。

4-2. 住宅ローン債権者が亡くなった場合はすぐに連絡する

住宅ローンの債権者が亡くなってしまった場合、家族はすぐに住宅ローンの借り入れを行っている金融機関に連絡しましょう。連絡が遅れてしまうと、返済が滞納しているとき一部の利息が支払われないということもあります。

4-3. 健康状態によっては住宅ローンの借り入れができない可能性もある

団信も生命保険ですから、加入する際には健康状態を告知する必要があります。一般の生命保険と比べて告知の項目は少ないですが、健康状態に問題があり、加入できない場合は住宅ローンの借り入れができない可能性もありますので、注意が必要です。

まとめ

住宅を購入した後は保険の見直しを
団信に加入するということは、加入する生命保険が増えるということになります。すでに生命保険に加入しているという人は保障が重複してしまうこともありますよね。今までの保障額に住宅費分が含まれているなら、保険の見直しをお勧めします。注意点としては、住宅ローンがなくなっても固定資産税や管理費、修繕積立金、メンテナンス費用はその後も必要になるということです。家族の生涯の生活費も含め、どのくらいの保障が必要か試算してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。