経営者必見!法人保険の保険金の限度額3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_onajiyounamadonobiru-thumb-1000xauto-12813

生命保険を検討するときに「いくらまで」加入できるのか考えたことはありませんか。

実際に、経営者の方が法人保険を活用して、退職金の準備や事業保障を確保するときに加入できる生命保険の保険金額は思っている以上に大きなものとなることもあります。

ただ単に生命保険に加入の限度があるということだけならば、なにも問題はないのですが、会社として備えたい保険金額をより多く確保しなければならないときや、法人保険を活用してお金を貯めていくときなどには、これからご紹介するポイントを知っておかないと思うように法人保険に加入できなくなってしまうこともあります。

わかりやすくポイントをまとめましたので、是非最後まで読んでいただければと思います。

また、最後にはより多くの保険料を損金算入させながら会社の資産を増やしていきたい向けに、ちょっとしたテクニックもご紹介いたします。

はじめに

生命保険の保険金の加入限度額のポイントは以下の3つです。

  1. 年齢・役職で加入できる金額が決まる。
  2. 年収・年商で保険金の加入限度額が決まる
  3. 保険金の加入限度額は『通算』の考え方に注意して、加入する保険の順番を決める

この3つのポイントはこれから大きな保障額の保険を検討する方にとって非常に大切なポイントになりますので、これから1つずつご説明していきます。

1. 年齢・役職で加入できる金額が決まる

生命保険の保険金額は、年齢・役職でも決まります。

例えば、保険会社A社の生命保険の保険金額は

  • 20~24歳では、6000万円まで
  • 25歳~34歳では、3億円まで

となっています。

24歳取締役と25歳取締役では、同じ取締役でも加入できる生命保険の保険金の限度額は24歳では6000万円まで、25歳では3億円までと2億4000万円も差が出てしまいます。

また、年齢は同じでも役職によって加入できる保険金額はことなります。

例えば、B社では25~34歳までの代表取締役社長は5億円・取締役では3億円となっています。

なので、25歳の代表取締役社長と25歳の取締役では、年齢は同じ25歳でも加入できる生命保険の限度額は異なります。

このように、年齢と役職で生命保険の加入限度額は変わってきますので、生命保険を掛けたい保険の対象(被保険者)の年齢・役職で、いくらまで加入できるのかは確認しておくべきです。

しかし、ここまではあくまで年齢・役職での生命保険の保険金の加入限度額を示したものなので、その限度額の中でさらに加入限度を定めているルールがありますので、これからご説明していきます。

2. 年収と年商で保険金の加入限度額が決まる

生命保険の死亡保険金額は、年商と年収によって決まります。

例えば、A社の生命保険(死亡保障)は法人で加入する場合

『保険金の加入限度額=年収の20倍あるいは年商まで』

となっています。

ここで、年収2000万円・年商2億円の社長が経営者保険に加入する場合は

保険金の加入限度額は

年収の20倍では、2000万円×20倍=4億円が保険の加入限度額で

年商は2億円なので、保険の加入限度は2億円なので、

今回A社での生命保険の加入限度額は年収の20倍である4億円ということになります。

保険会社によっては、生命保険の保険金の加入限度額は、『年収の20倍かつ年商まで』というルールであれば、年収2000万円・年商2億円の法人であれば、

年収の20倍は4億円であっても、年商は2億円なので、加入限度額は2億円ということになります。

このように保険会社によってルールは異なりますので、あらかじめ確認しておくことが大切です。もしも、4億円の死亡保険金額が会社を守るためにどうしても必要ということであれば、A社で加入しなければ大きな保険金額は確保できませんので、A社を選ぶべだということになります。

ここまで、年齢・役職で定められた保険金額の加入限度額の中で、さらに年収・年商で加入できる保険金額が決まるということが分かったと思います。

ここからはさらにもう1つの条件があり、この条件が実際に生命保険に加入するときに一番大切な部分になってきます。

3. 保険金の加入限度額は『通算』の考え方に注意して、加入する保険の順番を決める

ここまでご説明してきたのは、生命保険会社1社ごとの保険金の加入限度額でしたが、実は複数の生命保険に加入するときにも『通算』の条件というものがあります。

例えば、A社では保険金額7億円まで加入できて、B社では保険金額5億円まで加入できるという決まりがあるとします。

しかし、A社では他の保険会社の保険金額を合計して10億円まで加入でき、B社では他の保険会社の保険金額を合計して12億円まで加入できるとすると

A社とB社を加入できる上限の保険金額で同時に申し込みをしてしまうと、B社しか加入できないということになってしまいます。

A社保険金額7億円+B社保険金額5億円=合計保険金額12億円となりますので、B社はA社と同時に申し込みをしても通算条件は12億円なので審査が通りますが、A社の通算条件は10億円までなのでB社と同時に申し込みをしてしまうと通算条件の10億円を超えてしまうことになるので、A社は診査に通らないことになってしまいます。

ここでお気づきの方もいるかと思いますが、『通算』の考え方に注意をして、加入する順番を工夫すれば、A社もB社も加入できることになります。

先ほどはA社とB社を同時に申し込んでしまいましたが、A社保険金7億円(通算10億円条件)に先に加入して、契約を成立させます。その後に、B社保険金5億円(通算12億円条件)の申し込みをすれば、通算条件を満たしているためB社も加入できます。

A社は1度契約が成立しているので、後にB社で加入してもA社の契約がなくなってしまうということがないからです。

このように、『通算』の条件までしっかりと理解して、1社ずつ順番を付けて加入しなければ、希望の保険金額を確保できなくなってしまいます。

生命保険会社には、生命保険業界全体で加入額を照らし合わせるシステムがあり、他社の保険金額にもリンクして条件をクリアしているかの確認が入るようになっていますので、保険金額での誤魔化しはできません。

よって、よくあるパターンではすでに加入していた生命保険の存在を忘れており、新規でも加入だけに気を取られて、希望の保険金額を確保をできなかったということがあります。

しっかりと現在の加入内容を把握した上で、生命保険を追加で加入するにはどの順番で、どの保険会社で加入するのかを決めるようにしましょう。

そして、これはないかとは思いますが、ここまでの説明を聞いて、年収・年商を偽って保険金の支払い限度額を上げようとしても、生命保険会社からの確認がある場合もあるので、あまりにもかけ離れた年収を報告することは極力やめておきましょう。

その他:保険料をより多く支払い、法人の資産を増やせる保険を検討している方

限られた保険金の加入限度額の中で、より多く保険料を支払えるようにする方法は

「特定疾病保障特約などの死亡保険以外でのオプションを付加すること」です。

保険料を損金算入させながら退職金の積み立てを短期で行いたい場合などは、保険金の上限額が少ないので、あまり大きな保険料にすることができずがっかりされる経営者の方もいらっしゃいます。

しかし、特定疾病保障特約などの死亡保障以外の特約を付加していくことで、同じ保険金額でも特定疾病の保障にもなるので、その分の保険料が上乗せされています。解約返戻率が若干落ちる場合もありますが、それ以上により多くの保険料を支払いたいという経営者の方には、特定疾病保障保険特約を付加していくことをお勧めいたします・

まとめ

年齢や役職と年収・年商で上限額が決まりますが、複数の保険会社を活用してより多くの保険金額を確保することも可能です。
また、複数の保険会社で加入するときは加入する順番に注意しないと、加入したい保険の保険金を確保できないこともあるので、注意が必要です。

また、法人で利益が出ており、限られた保険金額の中でより多くの保険料支払いをすることができるのは、『特定疾病保障特約』を活用した方法です。保険金額よりも支払う保険料が重要な方は、この方法をどんどん活用していただければと存じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

松澤 正宣

松澤 正宣

大手生命保険会社にてオフィス長を経験。
これまで200名以上のセールスに教育・研修を行ってきた保険のコンサルタント。
得意分野は資産家・経営者の税金対策。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。