老後貧乏にならないために必ず行うべき5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

老後は何となく不安と感じているのではないでしょうか。老後に生活が困窮すると老後貧乏と言われます。

誰もが老後に豊かな生活をしたいと願いますが、現実は年々老後に生活に困窮する人が増加しています。

老後に不安を持つ人が80%を越えるにも関わらず、増加している原因は多くの人が対策する方法を知らないことが大きな要因です。

今日は老後貧乏にならないために今からすぐにできる対策をお伝えします。対策は早めに取ればとるほど優位になります。不安な人はすぐにでも行動しましょう。

1. 老後の備えは健康が1番

老後の対策というとまずは「お金を貯めること」が頭に思い浮かぶでしょう。それはもちろん重要なことですが、まず初めにお伝えしたいのは「健康であることが老後の1番の備えである」ということです。

老後に生活が困窮する大きな原因の1つが医療費によるものです。基本的に高齢になってからの医療費は現役世代の時よりも安くなりますが、大病の場合には公的保険だけでは対応しきれない場合があります。

健康保険から保障を受けることができ、高額にならないといわれている日本の医療保険制度ですが家計の負担になるのは明白です。

そして、老後を迎えても、健康で働く場所があれば、心配や不安もずいぶんと減ります。老後に働き収入を得ることができるのが、最大の老後の備えとなることでしょう。

近年では高齢化社会に対応すべく、ハローワークをはじめとする公的機関も高齢者の雇用環境を整えるのに力を入れています。

食生活の改善、運動、生活習慣の改善などお金を掛けなくてもできることは沢山あります。

豊かな老後を暮らすためには、自分の健康に投資すると思って、自分が体に良いと思うものを食べ、よく働きよく笑い、ストレスをためることなく夜もしっかり眠る。そんな毎日をおくることを日頃から心がけるべきだと考えます。

2. お金を計画的に貯める

老後を豊かに過ごすのに必要なのはやはり「お金」です。会社を退職して老後の生活になると、年金では足りない部分を生活費の不足分を貯蓄を切り崩すことでようやく成り立つ生活になります。

公的年金部分で足りない部分を確実に貯めていかないといけません。65歳までにどれくらい貯めていくのか明確にし、逆算して月々貯める金額を決めましょう。

老後の生活費については老後の生活費はどれくらい必要?老後資金を貯めるとき重要なポイントを参考にしてください。

どのような生活をしたいかによって必要額あ大きく違います。老後は趣味や旅行にお金を使いたい人はそれだけ貯めておかないといけない金額が大きくなるので早めに計画を立てていきましょう。

3. 自分の年金の状況を確認する

老後の生活を支える基本となるのが公的年金です。ただ、この公的年金もすべての人が同じように受取れるわけではありません。掛けている年数、収入などによって金額に差が出ます。そして中にはまったく年金を受け取れない人もいます。

就職してからずっと会社員の人は問題ないと思いますが、会社を辞めて脱サラした人などは自分の年金を必ず確認しておきましょう。

「ねんきん定期便」が毎年1回、誕生月に送付されています。納付期間、加入実績に応じた年金額などが記載されていますので確認しておきましょう。

もしわからない場合は日本年金機構に問い合わせをしましょう。

4. 家族に依存をしない

日本は先進諸国の中でも、老後の生活を身内に依存する傾向が強いです。

子供が年収が高いので、将来生活の面倒を見てくれると思っている人もいるでしょう。ただ、前節でもお伝えしたように年功序列、終身雇用制度が崩壊した今、突然のリストラ、ボーナスカットなどの収入の減少はもちろん病気で働けないなど不幸が起こることがあります。

これは子供だけではなく、兄弟、親など家族に何が起こるかわかりません。子供など家族に頼るのではなく、自分自身で老後の生活費を準備しなければしけないでしょう。

ただ、苦しい時には他人に頼るべきです。高齢者社会が進むのに伴い、支援してくれる公的機関や福祉関係者は増えています。助けてくれる人はたくさんいます。しかし、高齢者の中には他人のお世話になるのは恥だと思ってしまう人もいるようですが、生活に困窮したときには誰かに相談をしましょう。

5. 住宅を正しく購入をする

老後を暮らすにはまずは住む場所を確保するのが先決です。ただし、住宅を購入するときには注意しなければいけません。それは無理な住宅ローンを組んで、それが老後破産の引き金になることがあるからです。

本来であれば老後の生活は年金では足りない部分を生活費の不足分を貯蓄を切り崩すことでようやく成り立つ生活です。

それが、生活費の不足分に回せずに住宅ローンの返済に回さざるを得ない状況なわけですから、住宅ローンの利息負担も大きくのしかかってきて「老後破産」状態に追い込まれるケースは後を絶ちません。

そして、近年晩婚化が進んでいます。

それにあわせてマイホームを購入するタイミングも遅くなってきています。高度経済成長で給料が右肩上がりだった団塊世代の頃は20代前半で結婚して35年ローンを定年の60歳までに払いきるというライフスタイルでした。

しかし、晩婚化により初婚が30代になると35年ローンを組んでも定年までに支払いが終わらないということになります。

定年後で既に収入が無いのにローンだけが残されているので、支払は当然、貯蓄を切り崩すことになることになります。

ローンが原因で老後資金が不足マイホームはあっても生活費が足りないという老後破産に陥ってしまうマイホームを購入する時にはライフスタイルにあわせて定年後まで支払いが残らないように計画的にローンを組まなければいけないでしょう。

まとめ

老後の対策はすぐに出来るものではありません。お金を貯めていくのも、住まいを確保するのもすぐにできることではありません。時間が掛かることだからこそ今すぐ対策をはじめましょう。

正しく対策をとっていれば幸せな老後を送れるはずです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。