老人ホームの種類ごとの費用相場まとめ

一口に老人ホームと言っても複数の種類があり、種類ごとに特徴やサービスの内容が異なります。

ここでは老人ホームの種類ごとの簡単な概要とあわせて、各種類の費用の相場を紹介しています。

また老人ホームでかかる費用には主にどんな項目があるかも解説しておりますので、老人ホームの費用を調べている場合は、参考にして下さい。

1.老人ホームの種類ごとの費用相場

老人ホームにはいくつかの種類があり、高齢者の状態やニーズにあわせて入居先をえらぶことになります。

ここでは、老人ホームの種類ごとの費用相場を紹介しています。

【この記事で紹介する老人ホームの種類と費用相場】(※)

種類 入居一時金の相場 月額料金の相場
介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数億円 15~35万円
サービス付き
高齢者向け住宅
0~数十万円 10~30万円
グループホーム 0~数百万円 15~30万円
特別養護老人ホーム 0円 6~15万円
ケアハウス
(軽費老人ホームC型)
数十万~数百万円 15~30万円

※参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」)

1-1.介護付き有料老人ホームとは

24時間介護スタッフが常駐し、介護が受けられるタイプの老人ホームです。

掃除・洗濯から食事・排せつにいたるまで介助サービスをうけることができます。

一般的に「老人ホーム」というと、このタイプをイメージする方が多いのではないでしょうか。

介護付き有料老人ホームに入居できる介護度と、費用の相場(※)は以下の通りです。

  • 入居可能な介護度:自立~要介護度5
  • 入居一時金の相場:0~数千万円
  • 月額料金の相場:15~35万円


参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」「老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴」)

1-2.住宅型有料老人ホームとは

簡単な見守りや、食事・掃除・洗濯などの生活補助、緊急時の対応、リクレーションプログラムなどがついた老人ホームです。

食事・入浴をはじめとした介護が必要な場合には、個別に外部のサービスを契約します。

介護付き有料老人ホームと比べ利用料が安い反面、介護度がすすむと退去しなければならない可能性があるといった注意点があります。

住宅型有料老人ホームに入居できる介護度と、費用の相場(※)は以下の通りです。

  • 入居可能な介護度:自立~要介護度5
  • 入居一時金の相場:0~数億円
  • 月額料金の相場:15~35万円


参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」「老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴」)

1-3.サービス付き高齢者向け住宅とは

介護付き有料老人ホームとは反対に、基本的には自立もしくは軽度の要介護者を受け入れる高齢者向け施設です。

日中には医療や介護の資格をもつ生活相談員が常駐し、安否確認や生活支援のサービスを受けることができますが、介護が必要であれば別途個別に外部のサービスを契約する必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅の多くは、一般的な賃貸住宅同様に賃貸借契約を結びます。

サービス付き高齢者向け住宅に入居できる介護度と、費用の相場(※)は以下の通りです。

  • 入居可能な介護度:自立~要介護3程度
  • 入居一時金の相場:0~数十万円
  • 月額料金の相場:10~30万円


参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」「老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴」)

1-4.グループホームとは

認知症の高齢者向けの小規模な介護施設で、認知症ケアの知識と技術を持ったスタッフが対応します。

一方で必ずしも看護師がいるわけではありません。

医療行為を受ける必要が生じた場合には、別の施設へ移らないといけない可能性があります。

また地域密着型のサービスなので、入居には施設と同じ市町村に住民票があることが必要です。

グループホームに入居できる介護度と、費用の相場(※)は以下の通りです。

  • 入居可能な介護度:要支援2~要介護5
  • 入居一時金の相場:0~数百万円
  • 月額料金の相場:15~30万円


参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」「老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴」)

1-5.特別養護老人ホームとは

常に介護が必要で、自宅での生活が難しい高齢者を受け入れる公的な介護保険施設です。

「特養」とも呼ばれています。

公的な施設であることから、民間の有料老人ホームなどと比較して安価な料金で利用できます。

特別養護老人ホームに入居できる介護度と、費用の相場(※)は以下の通りです。

  • 入居可能な介護度:要介護3~要介護5
  • 入居一時金の相場:0円
  • 月額料金の相場:6~15万円


参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」「老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴」)

1-6.ケアハウス(軽費老人ホームC型)とは

身寄りがないなど家族による介護を受けることが難しい高齢者が、有料の老人ホームより安価な価格で暮らすことができる福祉施設です。

民間のほか社会福祉法人や地方自治体により運営されています。

介護サービスが提供される「介護型」と、介護が必要なときには外部サービスを利用する「一般型」があります。

ケアハウス(軽費老人ホームC型)に入居できる介護度と、費用の相場(※)は以下の通りです。

  • 入居可能な介護度:自立~要介護3程度
  • 入居一時金の相場:数十万~数百万円
  • 月額料金の相場:15~30万円


参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」「老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴」)

2.【注意】地域ごと(都道府県)ごとに費用の相場に大きな差がある

老人ホームの費用の相場は、地域ごとに大きな差がある点にも注意が必要です。

地域ごとの賃料相場に影響され、老人ホームの費用も地域差が生じるのが主な理由です。

LIFULL介護の「老人ホームの費用相場」によれば、有料老人ホームの全国的な入居時費用の相場は506万円、月額費用(入居費用あり)は22.1万円とのことですが、都道府県ごとに以下にあげるような違いがあります。

(LIFULL介護の「老人ホームの費用相場」を参照し、費用の高い都道府県・費用の安い都道府県のベスト5をそれぞれまとめていまます)

有料老人ホームの入居時費用に関して

入居時費用が高い都道府県 入居時費用が安い都道府県
1位:京都府( 1,096万円)
2位:兵庫県( 980万円)
3位:東京都 (750万円)
4位:鹿児島県 (750万円)
5位:神奈川県 (650万円)
1位:山口県 (12万円)
2位:新潟県 (15万円)
3位:徳島県 (15万円)
4位:茨城県 (16.1万円)
5位:福島県 (20万円)

有料老人ホームの月額費用(入居時費用あり)に関して

月額費用が高い都道府県 月額費用が安い都道府県
1位:東京都 (26.1万円)
2位:兵庫県( 23.9万円)
3位:神奈川県( 22.7万円)
4位:京都府 (21.6万円)
5位:愛知県 (20.9万円)
1位:宮崎県( 7.1万円)
2位:佐賀県(10万円)
3位:山口県(10.7万円)
4位:和歌山県(10.9万円)
5位:三重県(11万円)

このように、平均値を見ると、地域差が大きくなっています。特に入居時費用に関しては大きな差がついています。

しかし、たとえば京都府の入居時費用が高いのは、一部に入居時費用が1,000万円を超えるような高級施設があり、それだけで平均を押し上げてしまっているためです。

実際には、LIFULL介護で「京都府の老人ホームの費用相場」を選択すると、京都府でも入居時費用が100万円未満の施設が数多く存在することがわかります。

老人ホームの費用を調べる際は、地域ごとの相場もあわせてチェックすると共に、地域内で比較的手ごろな費用の施設がないかも、LIFULL介護などで調べるとよいでしょう。

3.年金だけで老人ホームへ入居できるか

老人ホームの費用に関しては、年金収入だけで足りるか考える人も多いようです。

そこで、年金はどのくらいなのか平均的な額をみてみましょう。

厚生労働省の「平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によれば、老後に受け取れる公的年金の平均的な支給額は以下のとおりです。

  • 国民年金(自営業者):55,615円/月
  • 厚生年金(男性)(給与所得者):165,668円/月
  • 厚生年金(女性)(給与所得者):103,026円/月

このなかで厚生年金は、加入期間・報酬額により金額が異なるため、上記のように男女で差があります。

あくまで平均なので、全ての方がこの通りの額になるわけではありません。

ただし、この平均値と上述の相場を見比べると、国民年金のみの受給となる自営業者をはじめ、年金だけで入居できそうな老人ホームは限られると言わざるを得ません。

老人ホームのなかには、高額な入居費用を求められる施設も多いです。

そのため年金以外に、まとまった貯蓄があるなどが条件となる確率が高いでしょう。

なおこれも上述したとおり、地域によって相場が大きく異なるため、希望する地域の相場が安ければ、年金だけで入居可能です。

また紹介した中で特別養護老人ホームは比較的安価なので、年金のみで入居できる施設もあります。

それからケアハウスは、利用者の所得により費用が変動するため、施設によっては加入できる可能性があります。

4.老人ホームでかかる費用ごとの概要

ここでは老人ホームでかかる費用のなかに、どんな項目が含まれるのか概要を簡単に解説します。

4-1.最初にかかる入居費用

老人ホームに入居する場合、はじめに「入居一時金」と呼ばれる費用の支払が必要となることが多いです。

入居一時金とは、主に家賃の前払い金にあたる費用で、施設によっては介護費・食費などが含まれることもあります。

なお公的な介護施設である特別養護老人ホームでは、入居費用はかかりません。

民間の老人ホームのなかにも、入居費用を必要としない施設があります。

4-2.毎月かかる費用

老人ホームで毎月かかる主な費用として、施設介護サービス費・サービス加算・居住費・食費・日常生活費・医療費があげられます。

以下、それぞれの費用の概要を簡単に紹介します。

介護サービス費

施設で介護サービスを受けるための費用です。介護保険の適用対象の費用となり、自己負担額はその一部(所得により1割~3割)となっています。

サービス加算

介護サービス費でまかなえる介護サービスを超えて、サービス内容や人員・設備が充実している場合に加算される費用です。

居住費

家賃にあたる費用です。地域ごとに異なるほか、選択した居室の種類(個室か多床室か)や広さなどによっても差が生じます。

食費

名前の通り食事の提供にかかる費用です。

日常生活費

入居者自身で、日用品やお菓子・本などを購入するための費用です。理美容代や電話代なども含まれます。

医療費

医師が常駐していない施設の場合は、提携する医療機関で医療行為を受けることになります。また嘱託医が施設で対応できない医療が必要と判断した場合、外部の医療機関を利用します。その際の医療費は、入居者の負担です。

まとめ

老人ホームの種類ごとに、受け入れられる高齢者の種類などの特徴が異なります。

また種類によって費用も大きく異なっています。

そのほか地域によっても、老人ホームの費用に大きな差があるので、あわせてチェックするとよいでしょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る