大学院の学費はどのくらいなのか|具体例を交えて紹介

理系の学生を中心に、大学院まで進学した上で就職するという方が増えてきています。

より良い企業への就職率が上がると言われているということもありますが、単に研究に関心があり、博士も視野に入れて進学するという人も多くなっているようです。

また、弁護士を目指す法学部の学生からしても、法科大学院への進学は当たり前のようになっています。

しかし、進学の際に気になるのが、大学院の学費でしょう。

今回は大学院の学費について国公立、私立に分けてお話ししていきます。

大学院進学を考えている人は、しっかりと把握しておきましょう。

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。

1.各大学院の学費について

まずは国公立大学・私立大学の大学院の学費を見ていきましょう。

1.1.国立大学の大学院は大学と同じく低め

国立大学の大学院は、大学の学費と同じく、入学金と授業料が統一されており、以下の2パターンがあります。

一般の国立大学の大学院の場合

  • 検定料:30,000円
  • 入学金:282,000円
  • 授業料:535,800円(年額)
  • 学費総額:1,383,600円(2年間)

ただし、法科大学院だけは例外で、授業料が高くなっています。

国立大学の法科大学院の場合

  • 検定料:30,000円
  • 入学金:282,000円
  • 授業料:804,000円(年額)
  • 学費総額:1,920,000円(2年間)

しかし、後述する私立と比べると、圧倒的に安価であることが分かります。

1.2.公立大学の大学院は入学費に違いがある

公立の大学院についても見てみましょう。

公立の大学院は、学費が大学の延長であることが多いです。

公立の大学院では、公立大学と同じく、入学者が大学院のある県や市内の出身であれば、入学費が安くなるという特徴があります。

基本的に公立大学の入学費は、国立大学のものと同じまたは高額なところが多いです。

しかし、上記の特徴から、大学と同じ地域の出身であれば、入学費が国立大学の半額になるというところもあります。

しかし、法人化している公立では諸経費がかかる場合があり、結果的に国立大学より学費が高くなることが多いです。

今回は、「山梨県立大学大学院」を例に学費を見てみましょう。

山梨県立大学大学院の場合

  • 検定料:30,000円
  • 入学費:県内出身者=282,000円、県外出身者=470,000円
  • 授業料:535,800円(年額)
  • 学費総額:県内出身者=1,353,600円、県外出身者=1,541,600円(2年間)

上記を見ると、県内出身者であれば国立よりも安いことが分かります。

ただし、公立の大学院でも法科大学院に関しては、公立と同じく、授業料が割高になっています。

法科大学院の例として、「首都大学東京法科大学院」を見てみましょう。

首都大学東京法科大学院の場合

  • 検定料:30,000円
  • 入学費:都内出身者=141,000円、都外出身者=282,000円
  • 授業料:663,000円(年額)
  • 学費総額:都内出身者=2,130,000円、都外出身者=2,271,000円(3年間)

上記のように、法科大学院の場合は出身者でなくても国立以下の学費で通うことができるところもあります。

1.3.私立大学の大学院は学費が割高

最後に私立大学の大学院です。

皆さんが抱えているであろうイメージの通り、私立大学の大学院は国公立に比べて学費が割高になっています。

ここでは明治大学の例を記載しておきますので、ご覧ください。

明治大学大学院

修士課程・博士前期課程 2020年度(1年次)の場合

科目/
研究科(専攻)
法学・商学
政治経済学
経営学・文学
(臨床人間学を除く)
情報コミュニケーション
教養デザイン
国際日本学
文学

(臨床人間学)

理工学(建築・都市学専攻 国際建築都市デザイン系除く)
農学(農芸化学・農学・生命科学)
先端数理科学
 理工学
(建築・都市学専攻 国際建築都市デザイン系)
農学

(農業経済学)


入学金 200,000円 200,000円 200,000円 200,000円 200,000円
授業料 560,000円 560,000円 760,000円 760,000円 688,000円
臨床指導料 50,000円
教育充実料 60,000円 60,000円 90,000円 90,000円 90,000円
実験実習料 70,000円 140,000円 30,000円


学生健康保険
互助組合費
3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
春学期
(入学諸費用)
513,000円 538,000円 663,000円 698,000円 607,000円
秋学期 310,000円 335,000円 460,000円 495,000円 404,000円
合計(年額) 823,000円 873,000円 1,123,000円 1,193,000円 1,011,000円

大学によっては学費が安くなる制度がある

私立大学の大学院の特徴として、独自の制度によって学費が安くなる大学院が存在します。

例えば「東京理科大学」では、東京理科大学から東京理科大学大学院に進学する場合、入学金や施設設備費が半額になるのです。

例)東京理科大学大学院 理学研究科 数学専攻の場合
  • 東京理科大学以外から進学:入学金20万円、施設設備費20万円(年額)
  • 東京理科大学からの進学:入学金10万円、施設設備費10万円(年額)

私立の大学院に進学を考えている場合は、志望している大学院に、上記のような独自の制度があるかどうかにも注目してみてください。

2.大学院にも奨学金や特待生の制度はある

経済状況的に大学院への進学はあきらめるしかないと思っている方もいるかもしれません。

そんな方に対しても、学費については国や大学などが対策を用意してくれています。

対策としては

  • 奨学金
  • 特待生制度

があります。

それぞれ見ていきましょう。

2.1.奨学金制度について

奨学金は、簡単に言えば国や大学などからお金を借り、学費を工面する制度です。

制度の内容は国の場合は統一ですが、大学のものは各校で違いがあります。

①国から借りることができる奨学金

国から借りることができる奨学金には、無利子で借りることのできる1種と、有利子の2種があります。

1種は成績優秀であるにも関わらず、学費を工面できない子供のみが受けられるもので、2種よりも条件のハードルが高いです。

奨学金を借りることができるかどうかの条件には、「学力基準」と「家計基準」があり、その名の通り進学者の学力と、その世帯の家計が関与します。

学力基準

1種の「学力基準」は以下の通りです。

対して、2種の「学力基準」は以下のようなもので、1種よりは条件が軽くなっています。

次の1~4のいずれかに該当すること。

奨学金を借りるということは、社会人になった後で多額の借金を負うということになります。

借りた金額によっては、20年もの間、月4万円を超えるお金を返し続けることになってしまうので、利用する場合は注意しましょう。

②大学が用意している奨学金

大学が用意している奨学金の内容は、大学によって異なります。

基本となる貸与型、給付型の奨学金の他、大学を卒業した著名人の偉業にちなんだものなどが用意されているのが特徴です。

例として、東京大学の奨学金に関するぺージへのリンクを記載しておきます。

参考:奨学金(奨学制度インデックス) | 東京大学

各大学の奨学金については「大学名 奨学金」で検索してみてください。

2.2.特待生制度について

ご存知の通り、成績優秀者の学費を免除する制度です。

免除される金額は、大学院によってまちまちです。

例として、東京工業大学の特待生制度についてのリンクを添付します。

参考:授業料免除・入学料免除(東京工業大学HP)

特待生には奨学金のようなデメリットがないので、条件を満たす場合は、狙ってみても良いでしょう。

まとめ

大学院の学費についてお話してきました。

特に理系だと、修士卒は就職活動で有利な場合があります。

お子様の人生設計のために必要だと感じた場合は、親子で相談の上、進学を検討しましょう。

お子様の学資を効率よく積み立てたい方へ

マイナス金利時代で、お子様の学資を効率よく積み立てる方法は慎重に選ばなければなりません。

たとえば、少し前までは学資保険が定番でしたが、今は必ずしもベストとは言えなくなっています。保険にもいろいろな種類がありますし、保険以外の手段もあります。

もしも、お子様の学資を積み立てるベストな方法について知りたいとお考えであれば、お気軽にご相談ください。

h_tel


学資保険の無料相談のお申込みはこちら

【無料Ebook】その保険は不要?誰でも使える7つの社会保障制度

日本では、民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・自分に万が一のことがあった時に遺族が毎月約13万円を受け取れる。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を受け取れる。
  • ・出産の時に42万円の一時金を受け取れる。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気付かないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで、誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

TOPに戻る