インターナショナルスクールの学費はいくらかかる?

多国籍な教育を子供に施すために、インターナショナルスクールへ進学させることを考える親が増えています。

この記事をご覧の方も、子供にグローバル化する社会に合わせた教育を受けさせたいと思っているのではないでしょうか。

しかし、インターナショナルスクールというと、学費がかなり高いというイメージがありますよね。

今回はインターナショナルスクールの学費について、具体例を交えて紹介していきます。

是非ご覧ください。

はじめに:インターナショナルスクールとは

インターナショナルスクールとは、「国際バカロレア」という非営利団体が定めた教育プログラムを取り入れた学校や、海外独自の教育法を取り入れた外国人学校のことを指します。

「国際バカロレア」の教育プログラムは、簡単に言うと、世界で活躍できる人材の育成を目指したものです。

日本でも国の政策によって、採用している学校が増えてきています。

加えて、地域内の外国人を対象にした教育を行っており、主に英語により授業が行わるのが特徴です。

どんどんグローバル化している社会に合わせ、インターナショナルスクールに子供を入学させることを検討している親も増えてきています。

認可校と無認可校があるので注意

インターナショナルスクールには、認可校と無認可校があります。

認可校は、国によって「国際バカロレア」の教育プログラムを取り入れていると認められた学校です。

国からこの認証(バカロレア認証)をされた学校は、卒業時に義務教育を終えたということになり、公的な卒業資格を得ることができます。

対して、無認可校では卒業しても高校卒業資格を得ることができず、大学進学のために中学・高等学校卒業程度認定試験を受けなければなりません。

これは大きなデメリットですが、無認可校ではその分、日本の教育にはないような、海外の先進的な教育方法を取り入れていることが多いです。

デメリットを理解した上で、子供に日本にはない教育を受けさせたいという場合は、無認可校も十分候補に入るということですね。

バカロレア認定校の一覧については、文部科学省のホームページをご覧ください。

1.インターナショナルスクールの学費を比較

そんなインターナショナルスクール、気になるのはやはり学費でしょう。

今回はバカロレア認定校の公立校、私立校と、無認可校の初等部、中等部を比較していきます。

1.1.初等部の場合

バカロレア認定校には、初等部がある公立校が存在しないので、私立認定校の「ぐんま国際アカデミー」と無認可校の「Columbia International School」を例に学費を比較していきます。

ぐんま国際アカデミーの場合

  • 入学金:太田市内在住者=20万円、太田市外在住者=40万円
  • 学費:696,000円(年額)
  • 施設費:10万円(年額)
  • 給食費:8,600円(月額)
  • 厚生費:6,000円
  • 教材費:36,000円

その他、制服代や教材費などの種経費がかかります。

Columbia International Schoolの場合

  • 入学金:210,000円
  • 施設費:420,000円
  • 学費:1,650,000円(年額)
  • メンテナンス費:150,000円
  • 教科書保証金:20,000円(卒業時に返金)
  • 給食費(選択制):117,000円(年額)
  • PTSA年会費:12,000円(年額)

上記より、無認可校であるColumbia International Schoolは、他の学校より割高なのが分かりますね。

1.2.中等部の場合

中等部では、公立のバカロレア認定校である「東京学芸大学附属国際中等教育学校」、私立認定校の「ぐんま国際アカデミー」、そして、無認可校の「Columbia International School」を例に、インターナショナルスクールの初等部、中等部課程の学費を比較していきます。

東京学芸大学附属国際中等教育学校の場合

  • 入学金:56,400円
  • 学費:67,200 円(年額)
  • その他費用:44万円

その他にも、教材費用などの諸経費がかかります。

ぐんま国際アカデミーの場合

  • 入学金:太田市内在住者=20万円、太田市外在住者=40万円
  • 学費:696,000円(年額)
  • 施設費:10万円(年額)
  • 厚生費:6,000円
  • 教材費:36,000円

その他、制服代や教材費などの種経費がかかります。

Columbia International Schoolの場合

  • 入学金:210,000円
  • 施設費:420,000円
  • 学費:1,725,000円(年額)
  • メンテナンス費:150,000円
  • 教科書保証金:20,000円(卒業時に返金)
  • 給食費(選択制):117,000円(年額)
  • PTSA年会費:12,000円(年額)

上記より、Columbia International Schoolが他校より割高なのはもちろん、国公立であっても、諸々の費用により、一般校より多くのお金がかかることが分かります。

2.外国人学校でも国からの支援が受けられる

高校生等に対しては、国によって学費を支援する制度が整えられています。

支給金額は、最大で月額9,900円です。

この制度、実はインターナショナルスクールでも利用できるのです。

受給の条件は以下の通りです。

  • 日本国内に住んでいること
  • 保護者等の市町村民税所得割額と道府県民税所得割額の合計が50万7,000円未満であること

その上で、学校によって、支援が受けられる範囲が違います。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

参考:高等学校等就学支援金制度の対象として指定した外国人学校等の一覧(文部科学省HP)

まとめ

インターナショナルスクールの学費について、公立・私立・無認可校を比較してきました。

比較することで、無認可校の学費が圧倒的に高額であることが分かったと思います。また、公立であっても、一般的な学校より割高であることが分かりますね。

子供にインターナショナルスクールで教育を受けさせることは、語学を習得でき、国際感覚を付けられる点でメリットが大きいですが、その分、費用がかかることは、心しておかなければならないでしょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

学資保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの学資保険を選んで加入したい
・現在加入中の学資保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな学資保険に加入すればいいのか分からない

もしも、学資保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


学資保険の無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る