グループホームの費用の相場や内訳をわかりやすく解説

グループホームは認知症をわずらう高齢者を受け入れる介護施設です。

地域密着型のサービスであり、入居するためには施設と同じ市区町村に住民票がある必要があります。

認知症の高齢者がいる家族にとっては心強い味方といえますが、どのくらい費用がかかるかが気になるところではないでしょうか。

この記事では、グループホームの費用の相場についてわかりやすく紹介しています。

1.はじめに

グループホームの費用の相場を知る前に、グループホームはどういった施設か振り返っておきましょう。

グループホームは、認知症の高齢者に特化した小規模な共同生活の場です。

認知症の症状を安定させたり進行を遅らせたりすることを目的として、入居者同士で家事を分担するなどして生活を行います。

施設には認知症の介護についての知識と技術があるスタッフがおり、入居者をケアします。

1.グループホームでかかる費用の相場は?

グループホームへ入居する際にかかる「入居一時金(もしくは保証金)」の相場は0円~数百万円程度、毎月かかる費用の相場は15~30万円程度です。(※)

グループホームの費用の内訳や、具体的な費目、概要については次項で解説します。

※参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」)

2.費用の内訳について

グループホームへ入居する場合、どんな費目でどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここではその内訳や概要について、簡単に解説しています。

2-1.入居時にかかる費用

グループホームへ入居する際は、入居一時金もしくは保証金と呼ばれる費用を支払う必要があります。

(施設によっては、入居一時金・保証金が0円の場合もあります。)

入居一時金(保証金)は賃貸住宅での敷金にあたる費用で、退去時の居室の清掃・修繕に利用されます。

その上で差額があれば返却される点も、住宅の賃貸契約と同じです。

2-2.毎月かかる費用の内訳

グループホームで月々に発生する費用は「介護サービス費」と「その他の生活費」に分類できます。

以下、それぞれの費用について解説します。

2-2-1.介護サービス費

食事や入浴などの際の介護サービスを受けるための費用です。

介護サービス費は、要介護度と施設内の「共同生活住居数」(ユニット数)によって以下の通りかわります。(※)

共同生活住居とは、施設で暮らす高齢者のグループとお考え下さい。

また、こちらの表は介護保険の負担額が1割の場合です。詳細は後述します。

共同生活住居
の数
要介護度 自己負担額
30日分)
1つの場合 要支援2 22,650円
要介護1 22,770円
要介護2 23,850円
要介護3 24,540円
要介護4 25,050円
要介護5 25,560円
2つ以上の
場合
要支援2 22,290円
要介護1 22,410円
要介護2 23,460円
要介護3 24,180円
要介護4 24,660円
要介護5 25,140円

※厚生労働省公式サイト(「どんなサービスがあるの? – 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」)

介護サービス費には、追加の費用が発生する場合がある

介護サービス費は、看取り(亡くなる際の世話)の対応をしたりスタッフの人数を充実させたりすることによって加算処理されます。

加算処理される項目については、施設ごとに異なるため詳細は対象の施設へ直接問い合わせて確認することが費用です。

加算処理が行われる例としては、看取り介護をする場合に発生する「看取り介護加算」や、認知症介護実践リーダー研修修了者の配置数など条件を満たした施設で加算される「認知症専門ケア加算」があげられます。

介護サービス費は「高額介護サービス費」の補助が受けられる

介護サービス費に関しては「高額介護サービス費」の適用により、介護保険から返金してもらえる場合があります。

具体的には、介護サービス費が所得ごとに決められた以下上限額をこえた場合に、その分が返金されます。(※)

区分 対象 負担の上限額
(月額)
第1段階 生活保護の受給者 15,000円(個人)
第2段階 前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方 24,600円(世帯)
15,000円(個人)
第3段階 世帯全員が市区町村民税を課税されていない方 24,600円(世帯)
第4段階 市区町村民税課税世帯 44,400円(世帯)

※参照元:厚生労働省公式サイト(「介護サービス情報公表システム」)

所得が160万円を超える場合は、自己負担額が増える可能性がある

上にあげた介護サービス費は、介護保険の自己負担が1割の場合の金額です。

以下の表にあるとおり、所得の額によっては2割もしくは3割の負担となることもあるので注意してください。

【65歳以上の高齢者の介護保険の自己負担額(※)
65歳以上の高齢者の介護保険の自己負担額です。「本人の合計所得額」や「年金収入+その他の合計所得金額の合計額」ごとに負担割合が1割から3割となります。
※参照元:厚生労働省(「【頭紙】利用者負担割合の見直しに係る周知用リーフレットの送付について」)

2-2-2.その他の生活費

まずあげられるのは居住費です。

これは施設がある地域や設備、居室の広さなどによって決まります。

一般的には都市部の方が高くなります。

そのほかに含まれるのは、食費や光熱費、理美容代、娯楽費、お菓子代、おむつ代などです。

こちらも詳細については、対象の施設へお問い合わせください。

3.【参考】グループホームと有料老人ホームの違いは?

グループホームは有料老人ホームとよく比較されるようですが、特徴が大きく異なります。

有料老人ホームは高齢者全体が対象の施設であり、施設ごとに入居の条件が異なるのが特徴です。

施設の規模もさまざまで、入居者数名程度の小さな施設から100名以上の大きな施設まであります。

食事・掃除・洗濯といった生活サービスが受けられる上に、設備・レクリエーションが充実した施設も多く、入居者は楽しく快活に暮らすことができます。

ホテルのような宿泊施設で過ごすような感覚というと分かりやすいでしょうか。

たいしてグループホームは、認知症の高齢者が対象となる小規模な共同生活のための施設です。

認知症の症状を遅らせるなどの目的のため、アットホームな雰囲気のなか入居者は一緒に家事を行い生活を営みます。

また有料老人ホームでは希望すれば全国どの施設でもえらぶことができますが、グループホームは上述のように施設と同じ市区町村に住民票があることが必要です。

4.グループホームを探す際は検索サイトが便利

希望にあうグループホームを探す際は、専用の検索サイトを使うのが便利です。

以下、主要なグループホームの検索サイトを紹介します。

LIFULL介護

全国38,000件以上から検索できる業界最大級の老人ホーム検索サイトです。老人ホームの種類や地域などから、希望の施設を探すことができます。

探しっくす

12年の運営実績を誇る有料老人ホームの検索サイトです。電話でホームの選び方などを相談することもできます。

MY介護の広場

施設情報20,000件を掲載する老人ホームの検索サイトです。施設の種類や費用はもちろんのこと、医療受け入れ体制などの条件を細かく指定して検索することができます。

まとめ

認知症の高齢者を受け入れてくれるグループホームは、入居一時金として0円~数百万円程度、毎月の費用として15~30万円程度(※)が相場です。

また費用は要介護度や所得額などによっても変わります。

この記事を参考にして、グループホームで必要な費用のおおよそのイメージをもっていただければ幸いです。

※参照元:LIFULL介護(「【違いを表で確認】老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較」)

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る