必ず確認しておきたい医療保険の給付金請求方法5つのステップ

「1週間入院し、その間に手術をした。医療保険に加入していて給付金がおりるそうだが、給付金の請求方法がわからない…」という方もいるのではないでしょうか?

医療保険に加入していても、給付金を受け取らなければ、保険料をただ毎月支払っているだけになってしまい、損をしてしまいますよね。

そこで今回の記事では保険金(給付金)の請求方法についてわかりやすくお伝えしたいと思います。

請求する段階になって慌てないように確認しておきましょう。

1. 保険金の5つの請求手順とは?

保険金の手順は以下の5のステップになります。

iryohoken-seikyuhouhou

  1. 入院や手術を受けたら、保険会社にその旨を伝え、所定の用紙を送付してもらう
  2. 届いた書類を医師に持っていき、診断書を書いてもらう
  3. 給付金の受け取りに必要な書類と診断書を揃えたら、保険会社に送付する
  4. 保険会社は送られた書類を元に支払いの審査を行う
  5. 保険金が給付される

1. 入院や手術を受けたら、保険会社にその旨を伝え、所定の用紙を送付してもらう

まずは保険会社に連絡するとことから始まります。
連絡方法は担当の営業職員、支社の窓口、各社のコールセンターのどれでもOK。
連絡を取る際には保険証券を手元に用意しておけば、スムーズに話が進みます。

2. 届いた書類を医師に持っていき、診断書を書いてもらう

診断書の作成には一般的に4,000円~5,000円ほどの実費がかかります。
これは契約者本人の負担となります。

ですので、書き直しの必要がないように、必ず保険会社から所定の診断書を送ってもらいましょう。

3. 給付金の受け取りに必要な書類と診断書を揃えたら、保険会社に送付する

保険金は種類によって必要な書類も異なります。
入院・手術給付金の請求に必要な書類は、保険証券・入院給付金請求書・診断書などです。

ただしこちらも保険会社によって異なります。

入院給付金については請求金額が少額の場合、病院の領収書などでもOKな保険会社もありますので、問い合わせのときに確認してみてください。

4. 保険会社は送られた書類を元に支払いの審査を行う

保険会社は提出した書類や診断書などの確認を行います。
診断書の内容によっては、関係する機関に確認することもあります。

事故現場や関係者への確認が必要な場合は、
書類提出後 → 調査 という形になります。

またその際は、保険金の給付までの1ヶ月を超えてしまう場合もあります。

5. 保険金が給付される

請求した給付金は5営業日以内に指定の口座に振り込まれます。

事実関係の確認、調査などで時間がかかった場合や書類の不備があった場合はさらに時間がかかりますが、それでも1週間を目安に給付金を受け取ることができます。

簡易請求とは?

簡易請求とは医師の診断書(各種証明書)の提出を原則不要とする請求のことです。

しかし、この場合「退院後の請求に限られること」「手術給付金を伴わない入院であること」などの条件付きですので、簡易請求に関しては可能かどうか一度保険会社に問い合わせてみることをおススメします。

入院中でも入院給付金の請求ができる

入院給付金の請求は入院中でも申請することができます。
「予定よりも入院が長引きそう」「長期の入院で手元にお金がない」というときに活用することができます。

しかし、気を付けておきたいところとしては、請求の際診断書の費用がかかること。
先ほども述べたとおり、診断書には4,000円~5,000円の費用がかかります。

退院後に残りの給付金を請求するときには再度診断書を発行してもらわないといけないので、実費での負担が増えます。

給付金の請求期限は3年以内

請求を忘れるということはあまりないと思いますが、「忙しくて先延ばしにしていた」なんて方もいるはず。
何かしらの手違いで請求を忘れていたとしても、3年以内であれば給付金はきちんと支払われます。

請求していない方は3年以内ならまだ間に合いますので、請求を行いましょう。

2. 指定代理請求特約と指定代理請求人とは?

指定代理請求人とは被保険者である本人が特別な事情により、保険会社に給付金を請求できない際、代わって請求できる人のことです。特別な事情とは以下の3つです。

  1. 傷害または疾病により、保険金等を請求する意思表示ができないとき
  2. 治療上の都合により、傷病名または余命の告知を受けていないとき
  3. その他、(1)または(2)に準じた状態であること

一般的には契約に「指定代理特約」を付加して、指定代理請求人を指定します。特約保険料は不要です。

特約ではなく、保険金受取人と併せて契約時に指定代理請求人を指定する保険会社もあります。
契約の途中でも、被保険者の同意を得れば、指定代理請求人の指定や変更をすることも可能です。

留意点

  • 保険会社は指定代理請求人からの請求に基づいて保険金等を支払ったことを被保険者に連絡することはない。
  • 被保険者が知らない状況で保険金等が支払われたことにより、保障内容(保険金等や保険料)が変わったり、契約が消滅したりすることがある。

指定代理請求人の範囲は保険会社によって異なりますが、ある保険会社の指定代理請求人の範囲を例に挙げてみてみましょう。

  • 被保険者の戸籍上の配偶者
  • 被保険者の直系血族
  • 被保険者と同居または生計を一にしている被保険者の3親等内の親族

(ただし、請求時点で代理人は上記の範囲内にあること)

通常、指定代理請求は特約となっており、事前に保険会社に届け出る必要があります。
「代理なんて必要ない」と思う方もいるかもしれません。

しかし、被保険者本人が請求できない状態になることは珍しくありませんので、
付けておくと良いでしょう。

まとめ

ここでおさらいです。

  • 入院給付金は入院中でも給付金の申請ができる
  • 給付金の請求期限は3年以内である
  • 給付金は5営業日以内に支払われる(ただし例外あり)
  • 指定代理請求人は事前に保険会社に届け出ること

以上の4つになります。

もしも請求の方法についてわからなかったり、相談したいことがある方は気軽に窓口などに問い合わせてみることもおススメです。

医療保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの医療保険を選んで加入したい
・現在加入中の医療保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな医療保険に加入すればいいのか分からない

もしも、医療保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


医療保険の無料相談のお申込みはこちら

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る