子供の医療保険の必要性とは?不要な理由2つと必要な理由2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

子供も病気や怪我で入院する可能性があり、子供向けの医療保険も販売されています。

入院の際に医療保険が役立つのは大人向けと同じですが、一方で不要論もあり加入すべきか迷っていませんか?

ここでは、子供向けの医療保険が必要なのか不要なのか、判断する上で有益な情報を整理してお伝えします。

1.子供の医療保険とは?

子供の医療保険とは、大人の医療保険と同様、病気や怪我などで入院や手術をした際に、保険金を受け取れる保険商品です。

たとえば、以下のような保障内容です。

  • 入院1日5,000円
  • 手術:日帰り手術2.5万円(入院日額×5倍)、入院中の手術10万円(入院日額×20倍)

これに「先進医療特約」等の特約を付けることもできます。

2.子供の医療保険が不要だと言われる理由

子供も病気や怪我で入院することはあり、前述のように大人と同じく医療保険に加入することが可能です。

実際、大人向けより安価で子供向けにカスタマイズされた保険商品も複数あります。

しかしながら、その一方で「子供の医療保険は必要ない」という声もあり、加入するか否か悩んでいる方も多いと考えられます。

それではなぜ子供向けの医療保険は不要と言われるのでしょうか。その理由は以下の2つです。

  • 子供に対する公的な医療費助成制度が充実しているため
  • そもそも子供の入院率が低いため

1つずつ解説していきます。

2.1子供に対する公的な医療費助成制度が充実しているため

子供向けの医療費助成制度は、お子様がいらっしゃるご家庭のお母様・お父様はご存知かもしれません。

簡単に言うと、お子様が通院したり入院したりする際に医療費の全額(もしくは一部)を助成してくれる制度です。

なお助成が受けられる対象の年齢はお住まいの市区町村によっても異なります。

平成29年4月時点での厚生労働省の調査(※)では、約1,700ある市区町村のうち、1,000以上は15歳まで、約500は18歳まで助成してもらうことが可能です。

その他の市区町村でも、少なくとも就学前までは助成してもらえます。

(※)平成29年度「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」について

このように子供の医療費は無料になることが多いため、医療保険に加入する必要がないと考える方もいます。

お住まいの地域で何歳までの医療費が助成されるか、詳しくは市区町村のホームページなどでご確認ください。

2.2そもそも子供の入院率が低いから

医療保険は、怪我や病気で入院することで給付金が支払われます。

ところが子供はそもそも入院すること自体があまりありません。

厚生労働省の「患者調査」(平成26年度)によると、対人口の入院者割合は10万人中約1,000人(約1%)なのに対し、1歳以上20歳未満の入院者数の割合は、最も多い年齢でも1~4歳の170人(0.17%)でした。

特に5歳~14歳では、10万人あたりの入院者数の割合は0.1%を切っています。

この極めて低い可能性に対して、医療保険をかける意味がどれだけあるか、というのが子供に対する医療保険の不要論の根拠となっています。

3.それでも子供の医療保険が必要とされる理由

それでは一方で不要論がありながらも、どういった理由で子供の医療保険が必要とされるのでしょうか。

具体的な理由としては以下2つがあげられます。

  • 公的な医療保険制度でカバーできない部分もある
  • お住まいの地域の医療費助成制度が充実していない場合

以下、1つずつ簡単に解説します。

3.1.公的な医療費助成制度でカバーできない部分もある

子供が入院することになった場合、医療費は公的な医療費助成制度でカバーできますが、たとえば差額ベッド代は自己負担になります。

5人以上の大部屋に入院すれば差額ベッド代は不要ですが、仮にお母さまの付き添いが必要で1人部屋に入院することもあるでしょう。

その場合、差額ベッド代は病院によっても大きく異なりますが、平均して1日あたり約8,000円かかります。

1ヵ月に直すと約240,000円です。2人部屋でも1日当たり約3,000円(1ヵ月約90,000円)かかります。

それ以外にお見舞いに通う交通費も必要です。

それからお見舞いが続けば、外食が多くなると考えられることからその分の食費も考えなくてはなりません。

つまり、入院には医療費以外にも想定しておかないといけない費用があるわけです。

こういった費用も保険でまかないたいと考えるなら、医療保険が必要となります。

3.2.お住まいの地域の医療費助成制度が充実していない場合

上述した通り、子供に対する医療費の助成は、対象とする年齢がお住まいの地域によっても大きな差があります。

18歳まで医療費を助成してくれる自治体がある一方で、就学前と定められている場合もあり事前の確認が必要です。

ご自身で調べてみて、「もっと上の年齢まで保障してもらいたい」と考えるのであれば、医療保険の出番となります。

まとめ

子供の医療保険は、充実した医療費助成制度や子供の入院率の低さから不要と言われることがあります。

一方で、差額ベッド代やお見舞いの際の交通費まで保険でまかないたい場合は、子供の医療保険は有効です。

また医療費助成の内容は市区町村により異なるため、お住まいの地域での助成が足りないと考える場合も子供の医療保険が役に立ちます。

これらの点を含めて考えて、ご家族のために子供の医療保険に加入した方がよいか判断下さい。

プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。