医療法人の法人税|一般企業とは何が違うの?

医療を行う法人として、一般企業とは別のカテゴリーにされている医療法人。

法人というからには税金の納め方も個人とは違い、普通の会社のように法人税等で納税することになります。

ただし、医療法人が納める税金の金額は、一般企業と全く同じというわけではありません。

特に法人税は、医療法人の種類によって税率が大きく変化します。

より設立条件が厳しく、公益性の高い事業を行なっている医療法人ほど、税率が抑えられているのです。

そこで、今回は医療法人の法人税について、一般企業と比較しながら紹介していきます。

これから起業をしようと意気込んでいる開業医の方は、必要な知識としてしっかり把握しておきましょう。

1.医療法人の種類について

冒頭でもお話ししたように、医療法人にはいくつか種類があります。

医療法人ごとの法人税を見ていく前に、それぞれの特徴について見ていきましょう。

1.1.「社団」と「財団」について

まず、医療法人は「社団たる法人」と「財団たる法人」に分けることができます。

この2つの違いについては「医療法人財団と医療法人社団の違いについて解説」をご覧ください。

法人税に関しては、この2種類で違いが出ることはありません。

1.2.特殊な医療法人について

医療法人には上記の「社団」、「財団」それぞれに、特殊なものがあります。

これらはより公益性が高く、より医療によって社会に貢献しているという認定を受けた医療法人で、認可されるためには様々な要件をクリアする必要があります。

①社会医療法人

社会医療法人とは、「公益性の高い医療」を担うために定められた医療法人の1つです。

「公益性の高い医療」とは、採算が合わなくても取り組まなくてはならない医療のことで、例えば休日や夜間の診療、離島やへき地での診療から、精神救急や治験など、一般医療法人がやりたがらないような医療を行うために登場しました。

詳しくは「一般医療法人と社会医療法人の違い|公益性の高い医療法人」をご覧ください。

②特定医療法人

特定医療法人も同じく、「公益性の高い医療」を担うために定められた医療法人の1つです。

社会法人似ていますが、社会医療法人は医療法を根拠としているのに対し、特定医療法人は租税特別措置法を根拠にしているという違いがあります。

詳しくは「特定医療法人とは?税制上のメリットと注意点まとめ」をご覧ください。

2.各医療法人の法人税について

医療法人の種類について分かったところで、それぞれの種類ごとに法人税がどう変化するか見ていきましょう。

2.1.法人税率について

まずは法人税率についてです。

医療法人の法人税にかかる税率は以下のようになります。

対して、特定医療法人の税率は以下の通りです。 

図より、特定医療法人は年間所得800万円以上の部分において、その他の医療法人よりも税率が4.2%軽減されていることが分かりますね。

2.2.課税所得について

続いて課税される所得についてです。

基本的に法人税は、所得に法人税率をかけて計算されます。

つまり、所得が小さいほど、法人税の金額は安くなるわけです。

社会医療法人には、医療保健業に関わる法人税、固定資産税および預金利息等にかかる源泉所得税が非課税になるという税制優遇があります。

結果、社会医療法人は、医療保険業以外の収益事業によって得た収入に対してかかる税金のみを納めることになり、他の医療法人より税額的に有利です。

詳しくは「特定医療法人とは?税制上のメリットと注意点まとめ」をご覧ください。

まとめ

医療法人の法人税は、どんな医療法人であるかによって変わってきます。

税金は必ず納めなければならないものです。

必ず毎年対面することになるお金の問題なので、目を背けず、しっかりと理解しておきましょう。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。

※(2019年8月6日追記)本書における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、旧通達のルールを前提としております。また、紹介している法人保険の商品は、2019年2月以前に販売されていたものです。

2019年6月30日に国税庁が新たな通達を発表しており、また、保険会社各社もそれに合わせて2019年8月以降に順次、販売再開、あるいは新商品の販売を行うことになっております。詳細はお問い合わせください。また、新たな通達のルールの概要については、国税庁HPにおいて通達をご確認ください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken


ご相談はこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る