生命保険に入れない職業とは?知っておきたい加入の基準

生命保険に加入するには審査を受けなければなりません。審査項目の中に「職業」があり、業務に危険が伴う職業の人は加入できない可能性があります。

また、加入自体は可能だが、保険金額の上限が決まっているなど一定の制限がある職業もあります。

保険会社によって基準が違いますので、1社で断られた場合でも、他の保険会社ならば加入できる可能性もあります。

今回は、生命保険に入れない職業、または制限を受ける職業についてお伝えします。

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。

1.生命保険に入れない職業

生命保険は誰でも加入できるわけではありません。「健康状態」「職業」などによって加入できないケースや、加入に条件が付くケースがあります。

なぜなら、危険の高い職業の人は他の職業と比べて死亡率が高いという事実があり、公平をはかる必要があるからです。

たとえば、A生命では、以下の職業について、加入できないこととなっています。

  • テストドライバー
  • スタントマン
  • 潜水士

これらの職業は常に死の危険と隣り合わせになっているから、と言えます。

2.加入に一定の制限がある職業

次に、加入に一定の条件が設けられている職業です。

たとえば、A生命の例では以下のように、生命保険の死亡保険金額や、医療保険の入院日額に一定の上限が定められています。

職業制限表

たとえば、一般的に危険とされる高所作業の人や格闘家の人は、死亡保険の保険金は3,000万円まで、医療保険の入院日額は1万円まで設定することができます。

もし、上限以上に保障が必要な場合は、他の保険会社で検討するか、複数社に分けて加入する方法が考えられます。

3.保険会社によって基準が違う

A生命の例を挙げましたが、保険会社によって基準が違います。

たとえば、A生命で死亡保障3,000万円までしか加入できなくても、B生命では5,000万円まで加入できるといったことがあります。

これは健康状態についても同じです。ある生保会社で加入できなくても、他の保険会社ならば加入できる可能性もあります。

様々な保険会社に自分で問い合わせをするのは大変ですので、「乗合代理店」と呼ばれる複数の保険会社を取り扱っている代理店に依頼することをおすすめします。

まとめ

生命保険は、職業によっては加入に制限を受けることがありますが、まったく加入をできない職業はほとんどありません。ただし、加入できる金額等について制限がある場合があります。

複数の保険会社を扱っている代理店に問い合わせてみることをおすすめします。

生命保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

もしも、生命保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


生命保険無料相談のお申込みはこちら

【無料Ebook '21年~'22年版】知らなきゃ損!驚くほど得して誰でも使える7つの社会保障制度と、本当に必要な保険

日本では、民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・自分に万が一のことがあった時に遺族が毎月約13万円を受け取れる。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を受け取れる。
  • ・出産の時に42万円の一時金を受け取れる。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気付かないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで、誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

TOPに戻る