生命保険の気になる加入率と参考データ

万が一病の床についたら働けなくなるため、いざというときの手立てのひとつとして、「保険」を検討したいという人も多いと思います。

これから保険を検討しようとしたとき、そもそも年収の低い若い世代でどれくらいの人がどの程度の死亡保障を付けているのか?また、実際に保険金を受け取る際どれくらいおりるものなのか?は興味があるところです。

万一の際に保険会社から支払われる保険金の平均額はおそらく想像していないほど少ない数字です。

そこで、今回の記事では、加入率だけに惑わされてはいけない生命保険見直し、加入を見極めるための以下3つのポイントについて解説します。

  1. 生命保険加入率はどのくらいか?
  2. 生命保険に加入している人は平均でいくらの死亡保障に加入しているのか?
  3. 実際に受け取った保険金額はどれくらいなのか?

この記事を読めば、保険の新規加入や見直しに役立ちます。

それではまず最初に、生命保険の加入率から見ていきましょう。

約8割の人が生命保険に加入

日本は世界的に見ても生命保険大国といえるほど生命保険に関する意識は高く、大半の人が加入しています。

生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」によると、生命保険に加入している人は男女とも多く、男性では80.6%、女性では81.3%となっています。

性別・年齢別に生命保険加入率をみると、男女とも20歳代では50%程度なのに対し、30歳代では80%程度に推移しています。

20歳代~30歳代にかけて多くの人が生命保険に加入していることがわかります。20歳代、30歳代は人生の中でも大きく生活が変わりますので、生命保険の加入や見直しには絶好のタイミングといえます。

生命保険加入率(性別・年齢別)

※民間の生命保険会社や郵便局、JA(農協)、生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金やグループ保険、財形は除く)の加入率を示す。
(出典:平成28年度 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」

また、近年の世帯での加入率の推移を見てみると民間保険では平成18年~平成30年まで微増しているのに対し、簡易保険の加入率は減少傾向、JAは低い水準で推移していることがわかります。

【各生命保険 世帯加入率の推移】

(参照元:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」(速報版)

平均死亡保障額はどのくらいか?

平成28年度の生命保険文化センターの資料から生命保険の加入金額(普通死亡保険金)について調べたところ、女性は平均794万円、男性は平均1,793万円です。

男性が女性の2倍以上の保険金を受け取れるような保険に入っていることがわかります。

それでは次に、万一の際に保険会社から支払われる保険金などの金額を見ていきましょう。

驚くような数字が出てきます。

保険会社の保険金等支払金

社団法人生命保険協会の「生命保険の動向」2018年版によると、平成28年度の死亡保険金の支払いは107万件で、総額3兆54億円となっています。

この数字から1件当たり平均額を計算すると、死亡保険金は約280万円となります。

死亡保険金:3兆54億円÷107万件=約280万円

生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(個人調査/平成28年度)によると、1年間の支払保険料は、男性が平均22.8万円、女性が17.4万円となっています。

男性なら、10年支払えば228万円となり、保険金の支払額は10年分程度で、意外と少ないことに驚かされます。

こうなってしまう理由は・・・

多くの方が、高額な死亡保障のついている保険期間内に亡くならないという事です。

死亡保障が高額となる定期保険は、60歳や65歳の段階で無くなり、その後は終身保険部分の数百万円というのが一般的です。

また、死亡保障は子どもの成長や貯蓄が増えていくのに合わせて減っていく形のものに入るケースが多いので、保険に入った直後に死亡した場合を除き、3,000万や5,000万円といった大きな金額を受け取ることにはならないということですね。

この仕組みをよく知らないと、みんなに何千万も払っていたら保険会社がつぶれてしまうのでは?と心配になってしまうと思いますが・・・そうならないようにしっかりと設計されていますね。

こういった事情を踏まえて、保険加入・見直しは慎重に考える必要があります。

まとめ

生命保険に加入している人は男女とも多く、男性では80.6%、女性では81.3%となっています。特に、20歳代~30歳代にかけて多くの人が生命保険に加入しています。

20歳代、30歳代は人生の中でも大きく生活が変わりますので、生命保険の新規加入や見直しには絶好のタイミングといえます。

生命保険の加入金額(普通死亡保険金)は、女性が平均794万円、男性が平均1,793万円ですが、1件当たり平均死亡保険金支払額を計算すると、約280万円となります。

つまり、多くの方が、高額な死亡保障のついている保険期間内に亡くならないということです。

保険はあくまでもいざというときに必要なリスクヘッジ商品です。

こういった事情を踏まえて、保険加入・見直しを考えていくことが自分に適した保険を見つける近道です。

生命保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

もしも、生命保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


生命保険無料相談のお申込みはこちら

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る