生命保険の加入率等のデータから見えてくるもの

生命保険への加入を考える時に、加入率はどのくらいか、保険金・保険料はいくらぐらいなのか、ということが気になると思います。

ただし、そういった値はあくまで参考であり、多くの人が、自分に合った正しい生命保険に加入しているとは必ずしも言えません。

そこで、この記事では、生命保険に加入すべきか、どのような保険を選ぶべきかを判断する一つの材料として、生命保険の加入率や、契約している保険金額の平均額、支払っている保険料の平均などを分析していきます。

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。

1.30代以上は8割以上が生命保険に加入している

以下のグラフは、生命保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」による、各年代における生命保険の加入率を示したものです。

全体平均で80%以上が生命保険に加入していることが分かります。

また、年代別に見ると、20代では男性が58.2%、女性が53.2%と平均と比べて低いのですが、30代になると急激に増加し、80%近くが加入していることが見て取れます。

なぜこうなるのでしょうか。

それは、20代から30代にかけて、結婚や子育てといったライフスタイルの大きな変化が起きることが多いからだと考えられます。

以下の表をご覧ください。これは、金融広報中央委員会の調査結果をもとに、金融資産の使い道をまとめたものです。

保有目的(複数回答可)
割合(%)
20代 30代
病気や不時の災害への備え 33.9 51.1
こどもの教育資金 50.8 67.2
こどもの結婚資金 6.8 4.4
住宅の取得または増改築などの資金 27.1 16
老後の生活資金 18.6 38.3
耐久消費財の購入資金 16.9 16.8
旅行、レジャーの資金 30.5 20.2
納税資金 1.7 4.4
遺産として子孫に残す 0 1.5
とくに目的はないが、金融資産を保有していれば安心 22 18.3

20代と30代を比較してみると、30代の方が「病気や不時の災害への備え」「老後の生活資金」「こどもの教育資金」で20%近く上回っていることが分かります。

そして、20代から30代にかけての年代は、結婚や出産、育児等の重要なイベントが集中している年代です。

このことから、30代になると、万一の備えだけでなく、老後のための資産運用やこどもの教育費などの大きな出費への備えるために、生命保険に加入する人が増えることがうかがわれます。

なお、20代は、万一の事故や病気に備える意識はあるようですが、旅行やレジャーのためにお金を使いたいという意識も読み取ることができます。また、上の年代と比べて収入が少ないことも、生命保険の加入率が低い要因かもしれません。

2.死亡保険金の保険金額

次に、生命保険の死亡保険金の額の平均を見ていきましょう。

以下の表は、生命保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」による、年代別の平均の死亡保険金額です。

平均保険金額 男性(万円) 女性(万円)
20代 1,127 823
30代 2,069 914
40代 2,396 849
50代 2,224 904
60代 1,062 582
全体 1,793 794

この表を見ると、死亡保険金の額が最も高額なのは40代男性で2,396万円です。

女性はどの年代も1,000万円未満となっていますが、30代になると急に男女差が大きくなります。これは、一家の大黒柱が男性だという風潮がいまだに根強いためと、女性が結婚・育児のために仕事を辞めたり休業したりせざるを得ない立場になるケースが多いためと考えられます。

3.払込保険料の平均について

次に年間の払込保険料の平均を見てみましょう。

生命保険文化センターの「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」の24ページを参照すると、平成30年度の年間平均払込保険料は38.2万円となっています。

月ごとに換算してみると、1ヶ月当たり約31,833円です。

死亡保険金のデータと照らし合わせてみると、死亡保険金の金額に比べ、払込保険料が少々割高な印象を受けます。

ここで、A生命の掛け捨て型の「定期保険」と貯蓄型の「終身保険」を比較してみましょう。

  • 年齢:30歳男性
  • 払込期間:20年
  • 死亡保険金:1,000万円

この例だと、保険料月額は、定期保険(掛け捨て)が2,250円、終身保険(貯蓄型)が32,100円となります。終身保険の方が14倍以上にもなっています。

このことと、保険料の平均のデータを照らし合わせると、多くの人が掛け捨て型の定期保険ではなく、貯蓄型の終身保険に加入している可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、万一の場合に家族の生活費等をカバーするための死亡保障の役割を重視するのであれば、定期保険収入保障保険といった掛け捨ての保険に加入するべきです。

詳しくは「生命保険は掛け捨てがベスト!2つのタイプのメリットと注意点」をご覧ください。

4.支払われている保険金の額

最後に、保険会社が年間でどの程度の保険金を支払っているのかを見ていきましょう。

社団法人生命保険協会の「生命保険の動向」2018年版によると、平成28年度の保険金の支払額は10兆4,068億円にまで上り、そのうち死亡保険金が3兆54億円となっています。

同年度の死亡保険金の支払い件数は107万件なので、一件あたりの死亡保険金の支払額の平均は、単純計算で280万円ということになります。

死亡保険金の平均額が低い要因

なお、支払件数の大きさに比べ、支払われた死亡保険金の額の平均額が少なくなっています。

その最も大きい要因は、「3.払込保険料の平均について」でお伝えしたように、多くの人が、掛け捨ての死亡保障よりも、終身保険等の貯蓄性の保険を重視して加入しているとみられることだと考えられます。

なお、死亡保険金額が貯蓄型の1人で複数の生命保険を契約しているケースもあり、そのことも多少は影響していると考えられます。

まとめ

生命保険に関するデータをご覧いただきました。

わが国での生命保険の加入率は高く、また、死亡保障以外にも、貯蓄目的で加入している人が多いことがうかがわれます。

ただし、加入率が高いからと言って、全ての方が、自分や家族に合った生命保険に加入しているとは限りません。

特に、守るべき家族がいる場合は、貯蓄型の終身保険よりも、いわゆる「掛け捨て」の生命保険で充実した保障を備える必要があります。

いつまで、誰のために、いくら必要なのかを明確にして加入しなければなりません。また、加入後にライフスタイルの変化があった場合は小まめに見直すことも必要です。

そのためには、信頼できるFP等の専門家のライフプランニングを受けることをおすすめします。

生命保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

もしも、生命保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


生命保険無料相談のお申込みはこちら

【無料Ebook】その保険は不要?誰でも使える7つの社会保障制度

日本では、民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・自分に万が一のことがあった時に遺族が毎月約13万円を受け取れる。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を受け取れる。
  • ・出産の時に42万円の一時金を受け取れる。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気付かないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで、誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

TOPに戻る