特別養護老人ホームの費用の相場は?

特別養護老人ホームは、在宅で家族などの介護が困難な要介護の高齢者が暮らせる施設です。

公的な介護施設であり、民間の老人ホームと比較すると費用は安くなっています。

ここでは特別養護老人ホームの入居にかかる費用の相場を紹介しています。

1.特別養護老人ホームでかかる費用の相場は?

特別養護老人ホームへ入居する際にかかる費用は毎月6万円~15万円程度です。

特別養護老人ホームの費用は本人の収入や介護度、居室のタイプなどによってかわります。

細かい内訳について、このあとの項で解説します。

2.費用の内訳について

特別養護老人ホームに入居するにあたり、どのような項目にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

この項では、費用の内訳を紹介します。

2-1.入居時の費用はかからない

まず公的な介護施設である特別養護老人ホームでは、民間の老人ホームのような入居一時金はありません。

そのため入居時にかかる費用はなく、月額の費用のみとなります。

このように負担が少ない点も、特別養護老人ホームがえらばれる理由といえます。

2-2.毎月かかる費用の内訳

次に毎月どんな費用がかかるのか、内訳をみていきましょう。

主な費目として以下があげられます。

  • 施設介護サービス費
  • 居住費
  • 食費
  • 日常生活費

以下、1つずつ詳細を解説します。

2-2-1.施設介護サービス費

施設介護サービス費とは、施設で介護を受けるためにかかる費用のことです。

費用は要介護度と居室のタイプによって以下のようにかわります。

それぞれの居室のタイプの特徴は以下の通りでする

多床室

定員が2人以上の居室

ユニット型個室

約10人のグループ・ユニットごとにキッチン・トイレ・リビングなどの設備を共有するタイプの個室

ユニット型準個室

ユニット型個室とほぼ同じ。ただし完全な個室ではなく、大きな部屋を仕切りで区切り個室という扱いにしている。

従来型個室

ユニット型ではない、従来からあるタイプの個室

介護サービス費が加算される場合がある

特別養護老人ホームでは、食事・入浴・清掃・洗濯といった基本的な介護サービスを受けることが可能です。

ただし施設によってそれ以外のサービスを提供したり、サービス体制を強化したりしている場合には、介護サービス費が加算されます。

加算の例としてあげられる1つが、入居者が亡くなる際の世話をする「看取り介護」です。

看取り介護では、亡くなった日(死亡日)に1,280円/日、死亡前々日~前日に680円/日などの料金が加算されます。

※ここでは医療費の単位を1単位=10円、介護サービスの自己負担額を1割として計算しています。

また理学療法士や言語聴覚士などがいてリハビリを強化している施設では、「個別機能訓練加算」が行われ、この場合の加算額は12円/日です。

そのほか、看護師の人数を厚くしている場合の「看護体制加算」や、入所直後のケアを行う際の「初期加算」などがあります。

どのような加算が発生する可能性があるかは施設ごとに異なるため、希望する特別養護老人ホームへ直接お問い合わせください。

施設介護サービス費は「高額介護サービス費」の補助が受けられる

介護サービス費は、高額介護サービス費の適用をうけ、所得ごとに設定された上限額(月額)を超えた場合は、介護保険から返金してもらうことができます。

高額介護サービス費を利用する場合は、各市区町村へ申請が必要です。

上限額は以下のとおりです。

所得が160万円を超える場合は、自己負担額が増える可能性がある

上にあげた介護サービス費は、介護保険の自己負担額が1割の場合です。

所得が160万円を超えるようであれば、以下の図にある通り、2割以上の負担となりますので注意してください。

【65歳以上の高齢者の介護保険の自己負担額】

2-2-2.居住費と食費

居住費は一般的な賃貸住宅の「家賃」にあたる費用です。

なお有料老人ホームと異なり、ベッドや家具はあらかじめ居室に備え付けられています。

自分で用意する必要はありません。

次に食費は、文字通り1日3食分の食事代です。

居住費と食費は、以下のとおり所得ごとの区分(第1段階~第4段階、上記表参照)や居室のタイプによって以下のとおりとなっています。

2-2-3.日常生活費

理美容費や嗜好品、衣料品などの購入費用、さらに医療費などです。

なお特別養護老人ホームでは、おむつ代や洗濯代については、施設が負担するため入所者に支払いの必要はありません。

3.【参考】特別養護老人ホームと介護老人保健施設(老健)の違いは?

特別養護老人ホームと介護老人保健施設はよく比較されますが、施設の目的が異なります。

特別養護老人ホームは介護を必要とする高齢者が暮らし、最期のときまで住み続けられます。

たいして介護老人保健施設は病院を退院した高齢者などが、あくまで自宅復帰を目指して一時的に暮らす施設です。

施設内では必要な医療ケアとあわせ積極的にリハビリが行われます。

入居期間に関しても、特別養護老人ホームでは繰り返すように高齢者が終身で暮らせる一方、介護老人保健施設は自宅復帰が目的なので3ヵ月~6ヵ月程度となっています。

まとめ

特別養護老人ホームは入居費用がかからず、毎月の費用のみで利用することができます。

毎月の費用に関しても、民間の施設と比較して安価です。

特別養護老人ホームを検索する際は、この記事で紹介した相場や注意点を把握しておくと探しやすくなるでしょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る