終身がん保険とは?必ず知っておきたいメリット・デメリット

がん保険は大きく分けると保険の期間が設定されている「定期タイプ」と一生涯保障が続く「終身タイプ」があります。

医療保険でも死亡保険でも保障期間が長いほうが安心感がありますよね。しかし、加入する保険が必ずしも「保障期間が長ければ良い」のでしょうか?

売れ筋は終身タイプですが、がん保険は他の保険と異なり事情がありますので、一概にどちらが良いか迷う方も多いのではないでしょうか。

この2つのタイプにはどちらにもメリット・デメリットが存在するので、がん保険の特徴をよく理解した上で選ぶことをおすすめします。

今回の記事ではがん保険の終身タイプの特徴を中心にがん保険の選ぶ基準をお伝えします。

がん保険に加入する予定がある方や見直しを検討されている方はぜひ最後までご覧くださいね。

1.終身がん保険のメリットとデメリット

終身がん保険とは冒頭でもお伝えしたように保障が一生涯続いていく保険のことです。

最近の主流は終身がん保険ですが、メリットとデメリットがあるので、加入を検討する時は必ず理解してください。

終身がん保険のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

1.1.終身がん保険のメリット

  • 更新がないので、保険料は上がらない(トータルで支払う保険料が少なく済む)
  • 加入後にがんになったとしても、終身で保障を受けられる
  • 解約しない限り、保障は一生涯続く

※さらに払込免除特約が付いている場合、加入して間もなく免除に該当すると、結果的にかなりの保険料を免除してもらえることになります。

1.2.終身がん保険のデメリット

  • 保険料は上がらないが、定期型に比べて月々の保険料が割高
    (※定期型は更新すると保険料が上がるので、保険料総額では終身の方が割安です)

※終身がん保険は月々の保険料が高めなので、新しいタイプのがん保険に加入し直すようなことがあると、トータルで支払った保険料が割高となってしまいます。

2.終身がん保険と定期がん保険はどちらがおすすめ?

このようにメリットとデメリットを上げましたが、最近の売れ筋は終身がん保険です。その理由は契約時の保険料から上がらないということがあげられます。

また、がんになったことがある方は新規でがん保険に加入することはとても難しいです。

定期タイプのがん保険は加入後にがんになっても更新することはできますが、保険会社の定める年齢までしか更新することができません。

まだ更新が可能である年齢であっても、保険料の額から更新をあきらめなければならない場合もあります。

一方、終身タイプであればがん保険加入後にがんになっても終身で保障を確保することができます。

ただ、がん治療が進化するに伴い、がん保険も進化しています。

もし今保険料を支払っていくのが難しい場合、まずは定期がん保険に割安の保険料で加入をするのも1つの方法です。

特に女性は20代~30代の子宮がん、乳がんの発症率が増加しているので検討してみるのもいいでしょう。

3.がん保険を検討する時に注意するべきこと

最後にがん保険ならではの注意点をお伝えしておきます。

がん保険で注意しなければいけないのが以下の2つになります。

3.1.免責期間がある

この免責期間は医療保険などにはないがん保険特有の注意点です。

すべてのがん保険ではないですが、実際に免責期間を知らなかったために、新しい保険の切り替えに失敗してしまったという話をよく聞きます。

そんなことにならないよう、加入する前に必ず知っておきましょう。

生命保険は契約して1回目の保険料の払い込みがされてから保障が始まりますね。

この保障がスタートする日のことを「責任開始日」といいます。

しかし、がん保険の場合は少し異なっており、ある期間にがんになっても保障がおりない「待ち期間」というものがあります。

「待期期間」「不填補(ふてんぽ)期間」とも呼ばれており、保障を受けることができない期間を指します。

がん保険の場合は「申込書の提出→健康状態の告知→1回目の保険料の払い込み」の要件を満たし、90日経過しなければ保障期間が開始されません。

万が一、この待ち期間にがんと診断されるようなことがあれば、契約が無効となってしまいます。

3.1.2.なぜ待ち期間があるの?

一言でえいば、保険を悪用されないためです。

がんを発病した人は自覚症状がないケースが多く、健康状態の告知段階では本人も知らなかったということがあります。

また、「がんが発病したかもしれない」と不安に感じた人ががん保険に加入したがる傾向があります。

そこで90日間及び3ヶ月の免責期間を設け、様子を見ることで契約の公平性を維持するという意味も兼ねているのです。

最近では入院給付金・手術給付金・通院給付金において待ち期間がないタイプの商品もあります。

3.1.3.免責期間はここに注意する!

  1. がん保険に入る前に90日間の「待ち期間」があることについて理解してから加入する
  2. がん保険でも待ち期間がないタイプの商品もある。
  3.  がんと診断された場合でも保険金が受取れない場合もある。
  4. 医療保険でも免責期間があるタイプの保険もある。

3.2. どのような状態になったら給付金が支払われるのか確認する

がん保険は「がん」に特化した商品ですね。保障の範囲が「がん」のみに絞っていることから、契約者が支払う保険料は比較的安く、万が一がんになってしまっても100万円などの一時金がおりるなど保障が手厚いのが特徴です。

しかし一方で、「がんになったのに、給付金がもらえない」というトラブルもあり、中には裁判に発展することもあります。

3.2.1.「診断給付金」の支払い条件と回数を必ず確認

がん保険で最も重要かつ金額が大きい診断給付金。 診断給付金はがんと診断されたら1回だけしか給付金がおりないものが多いです。

2回目以降の給付金があるものもありますが、別の部位のがんでなければおりないものや、入院を給付の条件とするものもあります。

また、がんの再発・転移などが見つかり、2回目以降は最低でも「2年以上経過している場合に限り有効」としている場合が多いです。

がんを患った場合、定期的に検査をするので、がんの再発・転移は2年以内に見つかる確率が高いです。

その場合は「2年以上経過」という給付条件に当てはまらないので、複数回にわたり給付金を受け取ることができませんので気を付けておきたいポイントです。

3.2.2.上皮内新生物で支払われるかを確認

上皮内新生物(初期がん)は給付金の支払い対象にならない場合があります。

また、上皮内新生物は悪性新生物と比べ3年後の生存率が100%であることから、給付金の支払い額が10%や50%程度になります。

商品によっては上皮内新生物でも満額の給付金がおりる商品もありますので、加入の前に必ずチェックしておきましょう。

※上皮内新生物…粘膜の上の層にある上皮の内側にがんができている状態で「初期状態のがん」のことをいいます。主に台帳の粘膜や子宮頚部にできます。

上皮内新生物についてわかりやすくまとめた記事:「上皮内新生物とは?がん保険に加入するとき知っておくべき基礎知識」もご覧くださいね。

3.2.3.がんになっても給付金を受け取れないケース

がん保険は、がんになったことがなければ比較的入りやすい保険ですが、加入できても必ずしも保険金が受取れるわけではありません。

以下のような場合、がんと診断されても保険金が受取れない可能性があります。

  1. 上皮内新生物が保障されないタイプの保険だった
  2. 保険の責任開始日前にがんと診断された
  3. 保険契約の前にがんを発症していた
  4. 保障内容の条件を満たしていない
  5. 告知義務違反があった
  6. 保険の契約が失効していた
  7. 重大自由や免責事項に該当していた給付金を請求していない
  8. 給付金を請求していない

とくに8番はきちんと請求すれば保険金がおりる可能性が高いので、きちんと請求を行いましょう。

まとめ

最後にまとめです。

終身がん保険がおすすめの人

  • 一生涯に渡ってがん保障をしっかり確保したい
  • 保険料は一生上がらないものがいい

このような方には、終身がおすすめです。

定期がん保険がおすすめの人

  • 一定期間のがん保障が欲しい
  • 一定期間のがん保障を手厚くしたい
  • 保険料を抑えたい

このような方には、定期がおすすめです。

がん治療の方法は日々進化しています。がん保険に加入したときは最適な保障を選べていたとしても、将来がん保険の保障内容に不備が生じてくる可能性もあります。

加入後も定期的に保障内容を確認したり、見直しをすることが重要です。また、がん保険ならではの注意点がありますので確認しておきましょう。

がん保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリのがん保険を選んで加入したい
・現在加入中のがん保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんながん保険に加入すればいいのか分からない

もしも、がん保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


がん保険の無料相談のお申込みはこちら

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る