雑所得の税金|公的年金等とそれ以外で変化する課税方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

様々な所得が定められている中、そのどれにもあたらない所得を取り扱うために存在する雑所得。

特に年金が雑所得にであり、税金が課せられるということに驚く人も多いのではないでしょうか。

課税される税金については、公的年金等とそれ以外で大きく違いがあります。

今回はそんな雑所得の種類や算出方法、税金の計算について解説していきます。

思わぬ所得が雑所得として扱われている場合もあるので、良く確認しましょう。

はじめに:雑所得とは

所得には、利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・譲渡所得・一時所得・山林所得・退職所得が存在します。

雑所得は、上記のいずれにもあたらない所得です。

大きく分けて、公的年金等に当たるものと、それ以外に分けられます。

公的年金等は老後の生活資金という重要な役割をもっているため、雑所得の中でも特別に扱われており、税金が軽くなるような処置が取られています。

ここからは公的年金等とそれ以外の雑所得に分けた上で、それぞれの特徴や税金の計算方法などを見ていきましょう。

1.国民年金・厚生年金などの公的年金等について

老後の資金として重要な役割をもつ国民年金・公的年金などは、受け取る当人にとって重要なお金と言えます。

なので、それ以外の雑所得と算出方法に違いがあり、より多くのお金が手元に残るようになっています。

また、受給権利者に不幸があった場合に、遺された家族に給付される遺族年金も公的年金等と言えますが、課税対象には含まれません。注意しましょう。

1.1.公的年金等にかかる雑所得の計算方法

先に述べたように、国民年金をはじめとする公的年金等は老後の生活費等に当たるため、重要なお金です。

よって、他の雑所得よりは税金が軽くなるような計算方法が使用されます。

公的年金等の雑所得は以下のように算出されます。

  • 公的年金等の雑所得の金額=公的年金等の収入額−公的年金等控除額

控除額は収入金額によって定められており、それぞれの関係は以下の通りです。

例えば、65歳で公的年金を400万円受け取っている場合、公的年金の雑所得は以下のようになります。

  • 400万円−600,785円=3,399,215円

基本的には公的年金等の雑所得とそれ以外の雑所得、給与所得や事業所得などを合算して、所得税と住民税を算出します。

しかし、上記の例のように公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつそれ以外の雑所得が20万円以下だった場合、年金受け取り時に源泉徴収がされていれば、確定申告の対象にはなりません。

つまり、実質源泉徴収税が引かれるだけで、所得税はかからないことになります。

2.公的年金等以外の雑所得について

公的年金等以外の雑所得には、以下のようなものがあります。

基本的に、事業として行えるようなものを事業以外で行なった場合、雑所得に分類されることが多いです。

具体的には貸付利子による儲けや物品のレンタル料金、保有期間5年以内の山林資源による利益などになります。

もちろんこれらは事業で行なっていた場合、事業所得に分類されるので注意しましょう。

ここからは公的年金等以外の雑所得の中でも、特殊なものを紹介していきます。

①割引債の償還差益

割引債の償還差益は「金融類似商品」と呼ばれるものです。

基本的に雑所得は、他の所得と合計されて税金の計算を行うのですが、「金融類似商品」は「分離課税」で扱われ、個別に税率をかけることで税金を計算します。

金融類似商品は計算された所得に、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税率かけた金額を源泉徴収税として納めることになります。

割引債の償還差益は金融類似商品の中でも特殊で、源泉徴収税を納めた後、更に税率15%(他に地方税5%)分を納付する必要があります。

これは2016年から改定された法律によるもので、元々は割引債が発行された時に源泉徴収税を納めることになっていたものを、償還時にまとまて納めるようにした、というイメージです。

②国税や地方税の還付加算金

還付加算金も雑所得として扱われます。

しかし、還付金自体は払いすぎた金額が戻ってきたものとみなされるため、課税対象にはなりません。注意しましょう。

③生命保険を年金払いで受け取った場合

生命保険金を年金払いで受け取った場合、初年度に相続税または贈与税が課税され、2年目以降、年金の一部が雑所得として課税されます。

その理屈は複雑なので、詳しくは「保険金の税金|種類ごとに違う保険金の課税・非課税」をご覧ください。

④金銭や動産を貸した際の利子や儲け

いわゆる貸付利子による儲けや、物品のレンタル料金なども雑所得です。

金融業者が得る利益については事業所得として扱われます。

2.2.公的年金等以外の雑所得の計算方法

公的年金等以外の雑所得は以下のように算出されます。

  • 公的年金等以外の雑所得の金額=総収入額−必要経費

必要経費とは、受け取り時に生じた事務手数料などです。

受け取り時の必要経費を差し引いた純粋な利益に対して、税金が発生するという考え方ですね。

公的年金と比べ、公的年金控除がない分、金額が大きくなってしまうことが用意に想像できるでしょう。

公的年金等の雑所得で説明したように、給与所得等、他の所得と合算した上で所得税と住民税が算出されます。

一つ注意しなければならないのは、雑所得の赤字は他の所得から差し引くことができないということです。

つまり、雑所得で赤字になっても所得税や住民税が安くなることはないということになります。

まとめ

いかがでしたか?

雑所得は、その性質から種類も多く、それぞれ条件によって他の課税方法が適用されるなど、細かい注意点があるため、自身が受け取る雑所得になり得るものが条件に当てはまっていないか、よく確認しましょう。

また、雑所得の算出方法には、公的年金等の場合とそれ以外の場合で異なります。

公的年金等は、老後の生活に関わる重要なお金であるため、控除が設けられていたりと、税金による負担が軽くなるような配慮がなされています。

さらに、公的年金等と他の雑所得の収入金額によっては、確定申告の対象から除外されます。

税負担を軽くするために公的年金以外の雑所得より細かいルールが定められているので、注意しましょう。

年金が関わってくる以上、雑所得はすべての人が関わる所得であると言えます。

計算が少々複雑な部分もありますが、しっかりと把握して、手元に残る金額を想定できるようにしておきましょう。

生命保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

もしも、生命保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

生命保険無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。