契約者貸付制度とは?活用するとき知っておきたい4つ注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s

あなたは今まとまったお金が必要になり、契約者貸付制度を利用して保険会社からお金を借りようと思っていませんか?

契約者貸付制度は保険会社からお金が借りれる便利な制度ですが、聞きなれない制度なので活用するときには何か注意しないといけないことがないか不安ですよね。

今日は契約者貸付制度の基礎知識そして必ず注意しなければいけないことをお伝えします。もし契約者貸付制度を利用を考えているのであれば必ず押さえておかなければいけないことなので是非ご覧ください。

契約者貸付制度とは?

契約している生命保険の解約返戻金を担保に、生命保険会社からお金を借りる制度をいいます。借りられる金額は通常、解約返戻金額の70~90%の範囲内となっており、保険会社や生命保険の種類によって違います。

契約者貸付を受けられるのは「契約者」本人だけです。手続きには所定の書類の提出が必要になります。もちろんお金を借りることですから、借りたお金を返済するだけでなく利子分も返済しなければなりません。貸付利率は生命保険契約の時期などにより違いがありますが、通常は契約した生命保険の予定利率に1~2%を上乗せした程度に設定されていることがい多いです。よってバブル期など利率が高い時の契約の場合金利が高い場合があります。近年では保険会社によって違いはありますが、2.75%~3%ほどとなっています。

保険会社によっては専用のカードで、ATMなどから貸付けを受けられる場合もあります。

 契約者貸付制度4つの注意点

それではこれから契約者貸付でお金を借りる前に必ず知っておかなければいけない注意点をお伝えします。

活用するときは以下の4つは必ず注意してください。

1. 借りたお金は複利で適用される

保険会社から借りるお金となれば貸付金には利率が設けられ、その利率が年利・複利で適用されます。

例えば、3%の利率が適用されている貸付制度で、100万円の貸付を受けたとします。貸付金を1年間返済せずにいると、翌年には103万円になります。さらに、その翌年には103万円の3%が付加されるので約106万円、さらにその次の年は110万円となり、返済額は年々増加していくことになります。

2. 保険が失効してしまうこともある

契約者貸付は、解約払戻金の範囲内であれば何度でも貸付を受けることが可能です。ただし、借りるだけ借りて返済をしないでいると、返済額が解約払戻金の額を超えてしまうことがあります。そうなると保険そのものが失効してしまい、保険の効力がなくなってしまいます。

貸付金を返済すれば保険を復活させることはできますが、その時には返済額もかなり高額になっていることがあります。そうならないように貸付を受ける場合は返済計画を立ててから借りるようにしましょう。

3. 昔の利率の高い保険は金利が高い

一般的にバブル期に加入した保険は予定利率が5.5%など、現在の低金利では考えられない利率の高い契約がありましたが、契約者貸付を受けるときには利率も高くなることがあります。利率が高い保険は解約払戻金の額も多くなりますが、その分返済額が多くなる可能性もありますので、貸付を受ける前に返済額や貸付利率を必ず確認しなければいけません。

4. 祝金や満期金がある場合、返済額を差し引かれてしまう

お金を借りてから返済しなかった場合、先ほどお伝えしたように複利運用されることで返済額が大きくなります。学資保険や養老保険など満期がある保険の場合は、祝金から返済額を差し引いた金額が祝金として給付されることになります。

例えば返済額が100万円で祝い金額が200万円の場合、差し引きされた100万円が祝い金として支給され、100万円は返済に充てられることになります。教育資金などのために貯めたお金であっても、返済額によって差し引かれた場合には、目的のために利用することができないということもありますので注意が必要です。

契約者貸付を活用するまでの流れ

契約者貸付制度を利用する手続きは、下記のような流れになっています。契約者貸付制度の申請から融資の実行まで、通常3日~1週間程度でお振込みされます。生命保険会社や契約状況によっては異なる場合もありますので、ご契約している生命保険会社にご確認ください。

1. 保険会社への連絡

まずは保険会社のコールセンターに連絡をします。基本は契約者本人が連絡しなければいけません。また証券番号が必要になるので保険証券などを準備してから連絡をしましょう。

2. お手続きの書類の発送(原則翌営業日に発送いたします)

保険会社が必要な書類を送付します。

3. 必要書類を記入して保険会社に返送

「契約者貸付申込書」を記入して保険会社に返送します。

4. 貸付金の振込

保険会社からお金が振り込まれます。通常約一週間後にお振り込みとなります。保険会社によっては専用のカードがあり、ATMなどで借りることもできます。

まとめ

生活をしていると急にまとまったお金が必要になることがあります。その時に便利なのが生命保険の契約者貸付です。ただ、活用するときは必ず以下の4つのことは確認しておきましょう。

  1. 借りたお金は複利で適用される
  2. 保険が失効してしまうこともある
  3. 昔の利率の高い保険は金利が高い
  4. 祝金や満期金がある場合、返済額を差し引かれてしまう

そして借りたお金は計画的に活用しましょう。

プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。