生命保険が失効したときの対応策と知っておきたい注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
生命保険 失効

保険契約の失効とは、契約の効力がなく保障がない状態のことを指します。保険契約が失効してしまうと、その期間は保障されないので保険事故が起きても、保険金や給付金はおりません。

保険料を払い忘れて保険契約が失効する…そんなことあるわけないと思われますが、実際に残高不足で保険料の口座振替をすることができず、保険料滞納という形になり保険契約が失効していた…というケースもあります。

そこで今回の記事では保険料の猶予期間と失効後の対応策についてお伝えしたいと思います。保険契約が失効してしまった方や保険料を支払い続けていくことに不安を感じている方は必見です。ぜひ最後までご覧くださいね。

1. 保険契約の失効後の対応策

保険が失効してしまうと保障が無くなってしまいます。忙しくて保険料の支払いをしておらず、いきなり失効したという人もいるでしょう。

保険契約が失効後の対応策としては以下の2つの対応策があります。

  1. 保険契約を復活させる
  2. 解約して解約返戻金を受け取る

それでは2つを解説していきます。

対応策①:保険契約を復活させる

一度失効した保険契約でも、一定の期間内であれば保険契約の復活を申込むことができます。ただし、失効中だった間の保険料を支払うことが条件です。被保険者の健康状態によっては、保険の契約を復活できない場合もありますのでご注意ください。復活を申込む期間は保険会社によって異なりますので、契約のしおりや約款で確認しましょう。

保険契約を復活させた後でも、保険や特約の種類によっては、一部責任開始日から一定の期間保障されない場合もありますので留意しておきましょう。

対応策②:保険を解約して解約返戻金を受け取る

解約返戻金がある生命保険は解約をすると解約返戻金を受け取ることができます。先ほどお伝えした自動振替貸付制度がある場合には、その方法を使って保険料の立替えができますが、自動振替貸付制度がないタイプの保険や申し込みをされていない場合で保険契約が失効してしまった場合には、保険を解約して解約返戻金を受け取る方法があります。解約返戻金をもとにして保険料の安い掛け捨ての保険に加入するのもひとつの選択肢として良いかもしれません。

2. 保険料をどのくらい滞納すると保険契約が失効するのか

保険料の支払いを1回忘れてしまったとしても、すぐに保険契約が失効するわけではありません。保険料の払込猶予期間というものがあり、その期間に保険料を支払えれば今までと同じように保障が継続します。

保険料が支払われないと、保険会社から「事前通知」というものが届きます。これは保険料の払込みに関するお知らせと支払いが滞納すると保険契約が失効するという内容が記載された通知になります。そのまま保険料を支払わないでいると、今度は保険契約が失効したことを知らせる「失効通知」が届きます。

払込期月と払込猶予期間

保険料が月払い…払込月の翌月初日から末日までの間が払込猶予期間

月払契約の場合の払込猶予期間と失効

保険料が半年払い・年払い…払込月の翌月初日から翌々月の契約応当日までの間が払込猶予期間

年払契約と半年払契約の場合の払込猶予期間と失効

保険契約が失効すると当然ながら保障が受けられなくなります。しかし、解約返戻金がある保険ですと解約返戻金の範囲内で、保険会社が自動的に保険料立替えしてくれる「自動振替貸付制度」というものを利用することができます。ただし、あらかじめ申し出をしておくことと、立替えによる利子の発生に気をつけましょう。

3. 保険料の自動振替貸付とは?

仮に保険料を支払っていなくても失効せず解約返戻金の範囲内で保険料の自動振替貸付が可能な場合には、生命保険会社の方で保険料を立替え、契約を有効に継続させることができます。自動振替貸付を利用したい場合は、あらかじめ申し出る必要があります。保険の種類によっては自動振替貸付が利用できない場合もありますので、注意しておきましょう。

保険料自動振替貸付制度の5つのポイント

  1. 立て替えた保険料には所定の利息がつきます。貸付の利率は契約の時期などによって異なります。
  2. 立て替えられたお金は、全額または一部をいつでも返済することができます。
  3. 立て替えられたお金が未返済のまま満期を迎えたり、被保険者が亡くなったときは、それぞれ満期保険金・死亡保険金から、その元金と利息が差し引かれます。
  4. 自動振替貸付が行われた後でも、自分が希望しない場合は一定の期間内に解約または延長保険・払込保険への変更手続きをすれば、自動振替貸付はなかったものとされます。
  5. 「契約者貸付」と合わせた元金利が解約返戻金を上回ると、保険料の立て替えができなくなります。その場合、契約が失効します。

まとめ

生活環境の変化などで民間生命保険の保険料の支払いが苦しい…と感じている方は国民共済に切り替えるのもひとつの選択肢です。月々1,000円~5,000円くらいで、総合保障や医療保障、がん保障、けがと賠償の保障などさまざまなタイプの保障が揃っています。

今の保険料が高い、支払い続けることが難しいかもしれないと感じている人は、保険料の安い掛け捨ての保険に加入するか、保険の見直しをお勧めします。「保険契約が失効したから、もう保険に入らなくていいや」と考えるのではなく、万が一の備えとして自分に合った保障を受けられる準備をしておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険のプロのFPによるLINE相談実施中

保険のことお気軽にご質問ください。保険の教科書執筆陣が直接お答えさせていただきます。下のボタンを押して「保険の教科書相談室」を友達追加してご自由にご質問ください。尚、ご相談は、保険に関してのものに限らせて頂いております。社会保障に関しては、お住いの地域の役所にご確認頂きます様よろしくお願いいたします。

※接客中や、営業時間外、休日祝日の場合は返信が遅れることがございます。あらかじめご了承ください。


LINEで相談する
保険の教科書の購読はSNSが便利です。