学資保険の払込期間はどうすればお得?必ず知っておきたいこと

学資保険に加入しようすると、満期金と共に保険料の払込期間を選ぶことになります。

一般に、保険の払込期間は短いほうがお得になります。ただし、学資保険は現在、マイナス金利の影響で利率が著しく悪化しており、払込期間を短くしてもたいして積立の効率は上がりません。

この記事では、払込期間を短くすると具体的にどれくらいお得になるのかお伝えします。

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。

はじめに|保険の払込期間は短い方が得だが・・・

これは生命保険全般に言えることですが、保険料の払込期間は短ければ短いほどお得です。

なぜなら、保険会社からすれば早く払込んでもらったほうが運用する金額が増えるからです。それを見越して保険料の割引がなされるのです。

ただし、こと学資保険については、その効果は限られています。論より証拠です。契約例で解説します。

1.「18歳まで払込」と「10歳まで払込」の比較

保険料払込方法と同じく契約するときにいつまで保険料を支払うか選択します。できるだけ保険料を短く支払いをしたほうが保険料総額が少なくなり返戻率が上がります。

例えばA社の学資保険(2021年2月時点)で、保険料払込期間を「10歳まで」と「18歳まで」とで比較します。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料(月払):13,770円(18歳まで) 24,150円(10歳まで)
  • 給付金受取総金額 300万円

「18歳まで払い」の場合

13,770円×12か月×18年=2,974,320円(支払保険料総額)

3,000,000円(給付金受取総額)÷2,974,320円×100=返戻率100.8%

「10歳まで払い」の場合

24,150円×12か月×10年=2,898,000円(支払保険料総額)

3,000,000円(給付金受取総額)÷2,898,000円×100=返戻率103.5%

保険料総額は、「18歳まで払い」だと2,974,320円なのに対し、「10歳まで払い」にすると2,898,000円になり、「10歳まで払い」の方がトータルで76,320円安くなります。

返戻率は18歳までが100.8%に対して10歳までにすると103.5%となり、保険料の払込を8年早く済ませることで返戻率が2.7%上がります。

ただし、保険料の高さと、払込が終わって8年もお金が拘束されることを考えると、「お得」とまで言えるかは疑問です。

2.「18歳まで払い」と「一括払い」の比較

契約時に、保険料払込期間満了までの年払保険料を一括で支払う方法です。一括で支払うことで割引されて保険料が安くなるため、支払保険料総額が少なくなります。よって返戻率が上がります。

一例としてA社の別の学資保険(2021年2月時点)の保険料を月払で支払った場合と一括で支払った場合を比較します。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料:7,344円(18歳まで) 1,533,466円(一括)
  • 給付金受取総金額 160万円

「18歳まで払い」の場合

7,344円×12か月×18年=1,586,304円(支払保険料総額)

1,600,000円(給付金受取総額)÷1,586,304円×100=返戻率100.8%

「一括払い」の場合

1,533,466円(支払保険料総額)

1,600,000円(給付金受取総額)÷1,533,466円×100=返戻率104.3%

18歳まで払込の場合1,586,304円に対して契約時に一括で保険料を払うと1,533,466円になり、一括で払うほうが52,838円安くなります。

よって、返戻率も18歳までが100.8%に対して契約時に一括で保険料を払うと104.3%となり、3.5%上がります。

ただし、これも、まとまったお金を長期間寝かせてやっとこの程度かと思わざるを得ません。

3.「月払い」と「年払い」の比較

補足として、月払と年払の比較もしてみましょう。年払の方が保険料支払総額が少なくなりお得となります。

例えばA社の学資保険(2021年2月時点)を例に比較すると、以下の通りです。

  • 契約者:30歳
  • 子供:0歳
  • 保険料:13,770円(月払) 164,010円(年払)
  • 保険料払込18歳まで
  • 給付金受取総金額 300万円

「月払い」の場合

13,770円×12か月×18年=2,974,320円(支払保険料総額)

3,000,000円(給付金受取総額)÷2,974,320円×100=返戻率100.8%

「年払い」の場合

164,010円×18年=2,952,180円(支払保険料総額)

3,000,000円(給付金受取総額)÷2,952,180円×100=返戻率101.6%

年払の保険料総額は2,919,780円に対して月払だと2,941,920円と年払のほうが22,140円安くなります。

よって返戻率も月払が100.8%となるのに対して年払が101.6%になるので年払にするだけで0.8%上がります。

まとめ

積立型の保険は全般として、保険料を早く払い終えれば、返戻率が高くなり、お得だと言えます。

ただし、学資保険の場合、近年では積立の効率が著しく悪化しており、払込期間を短く設定しても、たいして返戻率は上がりません。

学資保険という名前に紛らわされることなく、他の積立方法を選ぶことをおすすめします。

お子様の学資を効率よく積み立てたい方へ

マイナス金利時代で、お子様の学資を効率よく積み立てる方法は慎重に選ばなければなりません。

たとえば、少し前までは学資保険が定番でしたが、今は必ずしもベストとは言えなくなっています。保険にもいろいろな種類がありますし、保険以外の手段もあります。

もしも、お子様の学資を積み立てるベストな方法について知りたいとお考えであれば、お気軽にご相談ください。

h_tel


学資保険の無料相談のお申込みはこちら

【無料Ebook】その保険は不要?誰でも使える7つの社会保障制度

日本では、民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・自分に万が一のことがあった時に遺族が毎月約13万円を受け取れる。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を受け取れる。
  • ・出産の時に42万円の一時金を受け取れる。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気付かないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで、誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

TOPに戻る