学資保険で人気のある商品と鵜呑みにしてはいけない注意点

学資保険は数が多くてどれを選んでいいのかわからないですよね。そこで気になるのが今どんな商品が人気があるのかではないでしょうか?

学資保険で人気があるのはシンプルで利率の高い商品です。ただし学資保険は人気があるからといってすべての人にその商品がいいというわけではありません。

サイトの中には売りたい商品がランキングで並んでいるものや、情報が古く料率が変わってしまっているものなど信用性が疑わしいものがたくさんあります。

あくまでも人気は参考程度にしておかなければいけません。

そこで今日は学資保険の人気がある商品の特徴と自分で1番いい商品を見分ける方法をお伝えします。ぜひ学資保険を選ぶときの参考にしてください。

1.学資保険で人気のある商品はシンプルで将来増える商品

学資保険で人気のある商品は簡単にいうと「将来増える商品」です。

子供の将来の学費を貯めていく商品ですから、将来できるだけ増える商品がいいと思うのは当然です。

もっと具体的にお伝えすると「無駄な特約などが付いていないシンプルな商品」です。

例えば以下のような商品です。

  • 契約者 30歳
  • 子供 0歳
  • 保険料(月) 10,000円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金 220万円

10,000円×12か月×18年=2,160,000円(支払保険料総額)

この契約の場合、、、

18年間で216万円支払いをして満期金が220万円受取ることができます。

18年間積立をして4万円増えていることになります。このような商品がシンプルで将来増える商品です。

この商品の特徴としては医療保険特約や育英年金など必要のない特約が付いていません。

そして逆に人気のない商品は「元本割れ」している商品です。

例えば総額300万円支払ったのに将来290万円しか戻ってこないというような増えるどころか減る商品です。

特約などで保障が付いているとその分保険料が発生しているので将来受取れるお金が減ってしまい元本割れをします。

なぜお金を積立てているのに減る商品があるのか?

近年、元本割れをする商品が多くなってきています。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目が長引く低金利の影響です。バブルのころは利率が高く(1990年ごろの予定利率は5~6%程度)保険会社も運用が計画どおりにいっていましたがバブル崩壊をして長引く低金利によって保険会社の運用も苦戦を強いられ予定利率も下がってきています。

2つ目が保障が付いているケースです。先ほどもお伝えしました、医療保険や育英年金など保障が付いているとその分保険料が発生しているので、現在の低金利では元本割れする可能性があります。

よって、保険の営業から保障のたくさん付いているものを言われるがままに加入をしてしまうと元本割れして、将来受取れる金額が減ってきます。

2.学資保険は返戻率で表され比較される

学資保険の場合には利率ではなく「返戻率」で比較します。返戻率とは支払保険料総額に対してどれくらい将来を戻ってくるのかです。

返戻率が高ければ高いほどお得で人気の商品となります。

返戻率とは支払保険料総額に対して将来いくら受取れるかを%であらわしたものです。

この計算ができると自分で1番いい商品を見分けることができます。

返戻率は以下の計算式になります。

例えばA生命の保険商品の例(2019年1月時点)をみると、、、

  • 年齢:30歳男性 子供0歳
  • 保険料:23,598円
  • 保険料払込10歳まで
  • 受取り総額288万円

この契約だと12歳時に54万円15歳時に54万円18歳時に180万円と合計で288万円受取ることができます。

それに対して保険料が月々12,630円×12か月×10年で総額約283.1万円支払うことになり、288-283.1=約5万円

18年間で約5万円増えることになり、払込保険料総額に対して返戻率が101.7%となります。

この返戻率が高ければ、高いほどお得な商品となります。

ただし比較するときは、同じ条件で比較しなければいけません。

例えば満期金などお金を受け取りの後になればその分保険会社の運用期間が長くなるので返戻率はよくなります。

満期金や一時金をできるだけ同じにして商品を比較しなければいけません。

そして、いつ受取れるのかしっかり確認しておかなければいけません。

上記の例では中学、高校、大学の入学時に給付金が受けてれる契約になっていますが、契約によって受取れる時期が変わります。自分が使いたいときに使えなければ意味がありません。

3.人気やランキングを鵜呑みにしてはいけない

よくインターネットや雑誌で人気ランキングが出ていますが、それを鵜呑みにしてはいけません。

もちろん商品を選ぶときの参考にするのは構いませんが、売りたい商品がランキングで並んでいるものや、情報が古く料率が変わってしまっているものなど信用性が疑わしいものがたくさんあります。

そして一番人気がある商品が必ずしもすべての人にいいわけではありません。

例えば中学から私立を考える人と大学に向けて貯めていく人とは選ぶ商品が違います。

そういった情報に振り回されないためにも自分で計算できるのが1番です。人気がある商品は「返戻率」が高い商品になるので前節でお伝えした計算方法で計算し、比較して自分で選択できるようにしましょう。

補足:低解約返戻金型終身保険を活用する方法もある

ここで最後に補足をしておきたいと思います。生命保険会社が販売している教育資金の積み立てができる保険は学資保険だけではありません。

最近、学資保険の代わりとして注目されているのが、「低解約返戻金型終身保険」を活用した学資プランです。

ニーズによっては学資保険よりもこの低解約返戻金型終身保険を選択したほうがいい場合もあるので解説します。

簡単にいうと 保険料払込期間を自分で設定して、保険料払込が終わり、解約をすると増えて戻ってくるものです。そのお金を学費に充てます。

たとえば以下にあげる、A生命の保険商品(2019年1月時点)が一例です。

  • 年齢:30歳男性
  • 保険料:21,575円/月
  • 保険料払込:15歳まで
  • 死亡保険金:500万円

このプランでは保険料を15年間保険料を支払いをしていくと総額で約388万円に対して18年後には約402万円になっています。

このお金を学費に使うことができます。

学資保険との違いは契約者(親)の死亡保障になることです。死亡した場合は500万円受け取ることができ、すぐに支払われるので学費等として有効に使えます。

また、学費等に使わなかった場合はそのまま置いておくと増え続けます。

上記のプランだと30年後には約430万円に増えるのでそのお金を子供の結婚資金にすることもできます。

低解約返戻金型終身保険のメリット・デメリット

メリット

  • 解約して受取りのタイミングを自由に決められる。
  • 解約をしないでそのまま続けると返戻率は上がり続ける。
  • 学資保険に比べて死亡保障が大きい。

デメリット

  • 早期に解約してしまう減らされてします。
  • 商品によっては学資保険よりも受取り金額が少ない。

学資保険とどちらを選んでいいのか迷う場合、私が考える選ぶ基準は以下のようになります。

学資保険を選択したほうがいい場合

  • あまりリスクを冒したくない場合
  • 積立だけではなく医療などの保障も欲しい場合

低解約返戻金型終身保険を選択したほうがいい場合

  • 短期で積立をしたい場合(中学・高校など)
  • いつ使うがわからないが子供のために積立をしておきたい
  • 親の死亡保障を重視したい場合

学資保険に比べて目的別に自由に設計でき、将来もし学費として使わなくてもそのまま置いとけば増えるというメリットがあります。

ただしデメリットとしては保険料払込期間の途中に解約をすると減らされてしまうリスクがあります。

まとめ

学資保険の人気のある商品は「無駄な特約などが付いていないシンプルで無駄のない将来増える商品」です。

その人気は「返戻率」で比較し高いものほど人気があります。ただし、人気やランキングを鵜呑みにせずに自分で1番いい商品を選択しましょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

学資保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの学資保険を選んで加入したい
・現在加入中の学資保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな学資保険に加入すればいいのか分からない

もしも、学資保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


学資保険の無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る