結婚に必要な費用|新生活を歩み出すのに必要なお金について

結婚は人生の節目として、重大なイベントの1つです。

婚約から新生活の始まりまで、幸せに過ごしたいものですよね。

しかし、よく考えてみると、指輪代や結婚式代、新生活を始めるための費用など、色々な場面でお金が必要になってきます。

せっかくの人生の一大事、お金のことはあまり考えたくないでしょうが、目をそむくことのできない事実です。

そこで今回は、婚約から新生活の開始までに必要な「結婚資金」について、どのくらい必要なのかを見ていきます。

是非ご覧ください。

1.婚約から新生活までに必要な結婚資金の相場は667.5万円

結婚情報を取り扱うゼクシィの調査によれば、世間の「結婚資金」の相場は667.5万円です。

筆者個人の感想としてはそんなにかかるのかという感想なのですが、皆さんはどのように感じましたか?

内訳はどのようになっているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

1.1.婚約にかかる費用

婚約というとまずイメージに浮かぶのが婚約指輪でしょう。

しかし、婚約指輪以外にも、日本の伝統的なしきたりに合わせるとお金がかかってくるものがあります。

それが「結納」です。

結納は、婚約を正式に整えるため儀式として、古くから行われている日本の伝統的な婚礼行事のひとつです。

地方ごとによってしきたりや手順に細かい差がありますが、「結納金」や「結納品」といったお金や物品を新郎新婦両家で取り交わすのが一般的で、式自体、結納金、結納品に費用がかかってきます。

東海地方など、地方によっては相当まとまったお金が必要です。

婚約指輪

婚約指輪の金額はまちまちですが、全国平均で36.5万円程です。

年代によって相場は変わり、首都圏では平均41,9万円と、全国平均より高くなる傾向があります。

参考:20代、30代……、婚約指輪の相場は年代で異なる?|結婚指輪・婚約指輪|ゼクシィ

結納

日本のしきたりとして残る結納ですが、式自体にかかる費用の全国平均は18,3万円です。

しかし地域による差が大きく、最も低い北海道では9,4万円なのに対し、東海地方では37,2万円にもなります。

加えて、結納金と結納返しにもお金がかかり、結納金には91,2万円、結納返しには20~30万円程必要です。

結納返しは現金であることが多かったのですが、近年では品物を送ることも多くなってきており、現金よりも品物で送る場合の方が費用は少なくなる傾向にあるようです。

また、結納返しを行わないというケースも全体の20%程度存在し、予算に合わせて柔軟な対応がしやすい部分であるといえます。

参考: 結納には、いくらかかるの?気になる費用の相場 | ゼクシィ相談カウンター

1.2.結婚式にかかる費用

結婚式にかかる費用の平均は、357,5万円となっています。

挙式代や衣装費など、考えるだけでも多くの出費が必要なのが想像できますね。

最もお金がかかるのが料理で、平均122万円必要です。

また、写真の撮影費など細かい費用もかさみ、上記のような金額になることが多いようです。

年代によっても結婚式代の平均は違います。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

参考:[結婚式費用の総額]花嫁年代別に平均額をチェック!|ゼクシィ

1.3.式後にかかる費用

結婚式後にも、お金がかかる場面があります。

まず、ご祝儀のお返しです。

一般的にご祝儀の半分程度の物をお返しすることになるため、ご祝儀で賄える部分ではありますが、注意が必要でしょう。

忘れてはならないのが新婚旅行です。

新婚旅行にかかる費用の平均は61,2万円ですが、行き先によって変化します。

当たり前ですが、海外の場合は費用は高くなりますし、国内であれば安く済みますね。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

参考:結婚式のお金の相場【ハネムーン編】先輩花嫁の実例付き|ゼクシィ

1.4.新生活にかかる費用

新生活で必要になってくる費用として、まず必要なのが引っ越し代です。

敷金・礼金や引っ越し費用の他、2人で暮らすにあたって家具の新調などが必要になってきます。

例えばベットやダイニングの机、いすなど、1人暮らしでは必要なかったものや、今まで1人用だったものについては購入が必要ですよね。

また、いままで外食がメインだったとしても、結婚後は自炊することが増えてくるでしょう。

キッチン用品や食器などは1つ1つの金額は安いですが、色々買っていると費用がかさんできますので意外と油断できません。

相場では、新生活にかかる費用は合わせて72万円ほどですが、余裕をもって考えておくのが良いでしょう。

2.費用を抑えるために

ここまで見てきて、やはり結婚にはお金がかかるということが良く分かったでしょう。

上記ではあくまで平均を見てきましたが、見直す部分を見直せば、費用を抑えることもできます。

最も見直すべき部分なのが結納関係です。

最近では伝統にこだわらず、親族の顔合わせのみで済ませるケースも多く、その場合は結納関係の費用を抑えることができます。

相場で見ると、結納を行わないだけで130万円程度削減することが可能です。

次に見るべきは結婚式でしょう。

ペーパーアイテムの作成など、自分でできる部分は業者に頼まずに自分でやったり、撮影などは知人の力を借りたりすることで、費用を大きく抑えることが可能です。

また、北海道では「会費制」の結婚式が主流で、他県より結婚式の費用が相当抑えられています。

結婚式の予算を大幅に抑えたい場合は、「会費制」の結婚式を検討してみるのも良いでしょう。

会費の相場は1万7000~1万8000円程度で、ご祝儀よりも安い傾向があるため、招待客にとっても優しい式になるといえます。

筆者の友人も会費制の結婚パーティーを催しましたが、会費は1万5000円でした。

コースでの料理やウエディングケーキなどはちゃんとしたものが用意されていましたし、何より気兼ねなくカジュアルなパーティーで、新郎新婦、招待客共に楽しく過ごせたことが印象に残っています。

しきたりや形式にこだわりがなく、むしろカジュアルさに魅力を感じるという場合は、検討の余地があるといえるでしょう。

参考:北海道の会費制ウエディングのキホン|ゼクシィ

結婚というと昔からの伝統やしきたりがあり、それに合わせることを強制されていると考えがちです。

しかし、固定観念にとらわれず、費用のかかる部分を細かく見ていくことで、費用を抑えることが可能です。

また、結納や結婚式については、夫婦で細かく考えることで、オリジナリティのある思い出深い式にすることができるでしょう。

まとめ

結婚にかかる費用についてお話ししてきました。

結婚というとどうしても結婚式だけに目が行きがちですが、婚約時、式後にも相当お金がかかることが分かりましたね。

特に婚約時の結納や結婚後の家具の新調などは想像しづらいものだったのではないでしょうか。

結婚は人生の大切なイベントです。

一度きりだからと大枚をはたいてしまいがちですが、一度冷静になって、身の丈に合った結婚をしましょう。

そうすれば、新婚生活も無理なく過ごすことができるでしょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る