プロパンガスの料金を節約したい|料金を下げる6つの方法

地域や物件の関係から、プロパンガスを使っている方も多いでしょう。

プロパンガスは都市ガスと比べると割高です。

なんとかして少しでも安くしたいと考えてしまうのは、自然なことなのかもしれません。

実は、プロパンガスの使用料金には様々な節約方法があり、割と簡単に金額を抑えることが可能です。

今回はそんなプロパンガスの節約方法について紹介していきます。

利用している方はしっかり把握して、自由に使えるお金を増やしましょう。

1.そもそもプロパンガスはなぜ高いのか

プロパンガスは都市ガスに比べ値段が高いといわれています。

事実割高なガス代に悩まされている人も少なくないでしょう。

では、なぜ同じ額という括りの中で、金額に差が出てしまうのでしょうか。

その理由は、大きく分けて2つあります。

1つは、プロパンガスには都市ガス以上に経費が掛かっているためです。

プロパンガスはそのシステム上、ガスを運ぶ運搬費用や容器への充填にかかる費用など、都市ガスでは発生しないような経費が多くかかります。

結果として、ガス自体の原価が同じでも、小売り段階で大きな差が出来てしまうわけです。

もう1つの理由は、プロパンガスの料金が自由料金であるということです。

つまり、業者がガス代を自由に設定できるということになります。

対して都市ガスは公共料金で、どの自治体でもある程度同じような料金でまとまっており、金額の変更には政府の認可が必要です。

プロパンガスは昔から料金設定が自由だったため同地域の業者同士が結託し、値段を吊り上げていたこともあるようです。

また、ガスという差別化しづらい商品が企業間の競争を生むことは少なく、高く設定された金額のまま、現代に至ってしまいました。

こういった理由から、プロパンガスは都市ガスより割高になっています。

しかし、このような状況を生み出したのは、消費者がプロパンガスが自由料金で、供給会社を選ぶことができるということがあまり知られてなかったことも原因です。

近年では政府が1997年に「液化石油ガス法」を改定し、料金内訳の明確化を義務付けたことで、昔よりは料金が抑えられています。

また、それにより会社による金額差も出てきたので、消費者側が自身にあった会社を選ぶことが重要になってきています。

参考:プロパンガス消費者センター「プロパンガスが高い5つの理由」

2.プロパンガスのガス代を安くする6つの方法を紹介

プロパンガスが高い理由がわかったところで、ガス代を節約する方法について見ていきましょう。

2.1.ガス会社を変える

先に述べたように、プロパンガスの料金はガス会社が自由に設定できます。

今契約しているガス会社のガス代が他と比べて高いということもあり得るわけです。

幸い、「液化石油ガス法」が改定されたおかげで、料金内訳が曖昧にされることはありません。

内訳からどこにお金がかかっているのかを判別し、他者と比較することで、特に使い心地の差もなくガス料金を安くすることができる可能性があります。

後述する節約方法を試す前にまず真っ先に検討すべき節約方法といえるでしょう。

2.2.お風呂で節約する

お風呂のお湯を減らす

最近、半身浴が流行っています。

体の半分程度が浸かるお湯に長時間入ることで、体に負荷をかけずに入浴することができるそうです。

この半身浴、ガス代の節約にも効果的があります。

単純にお湯を沸かす量が半分になるので、当然といえば当然ですね。

節水にもなるため、節約方法として大きな効果が望めます。

追い焚きを控える

追い焚きは最初にお風呂を沸かしたときとほぼ同じ量を温め直すことになるため、大きなエネルギーが必要で、その分ガス代がかかります。

家族がいる世帯の場合、お風呂の時間を大きくずらしてしまうと、その分追い焚きをする機会が増えてしまいます。

ガス代を節約したのであれば、なるべく入浴時間は家族全員でまとめて取るべきでしょう。

お湯が冷めてしまい、どうしても温め直したい場合は、追い焚きよりお湯を注水するほうが、ガス代を節約することができるようです。

入浴していないときも浴槽の蓋を閉めておくなど、お湯が冷めないように意識しましょう。

お風呂の温度を下げる

いつもより1度でもお風呂の温度下げれば、それだけでもガス代の節約になります。

大きな違和感がなければ、挑戦してみるのも良いでしょう。

シャワー派に切り替える

カラスの行水ではありませんが、そもそもお風呂に入る日数を減らし、基本はシャワーで済ませるというのも、ガス代の節約には有効です。

どうしても体が疲れがちな週の真ん中や、時間が取れる週末などを「お風呂の日」にて、生活にメリハリをつけると健康的かもしれません。

2.3.炊事でガス代を抑える

ガスコンロで無用な火力を出さないようにする

料理の際、ガスコンロの火が鍋底からはみ出たりしていませんか?

鍋底からはみ出た火に関しては熱効率が悪く、利用しているガス代の割に火力が上がりません。

ガスコンロの火は、鍋底からはみ出ない程度でも十分な火力を得ることができます。

無意味に火力をあげて、ガス代をムダにしないように心がけましょう。

電気ケトルや電子レンジ、炊飯器などの電化製品を使う

実は、同じ調理方法を行う場合、ガスよりも電気の方が料金がかかりません。

お湯を沸かすならやかんや鍋より電気ケトルを、蒸し料理をするなら蒸し器より電子レンジを、お米を炊いたり角煮などの長時間の煮込みが必要なものについては炊飯器を使うなど、電化製品を上手く活用することでガス代を節約することができます。

鍋やフライパンを熱効率の良いものに変える

鍋やフライパンなどの調理器具は、鍋底が広いほうが、火が伝わりやすいです。

特にフライパンは、中華鍋のようにそこが狭くなっているものより、平らで鍋底が広いものを選ぶと、火が効率的に伝わり、結果としてガス代の節約になります。

同じような理由で、熱効率の良い素材のものを使うのも有効です。

最近流行している無水調理が出来る鍋は、厚手のアルミ合金などで作られており、一般的な鍋より熱効率が良いです。

こういった鍋を使うことで、煮込みなどの調理時間を短縮でき、ガス代を節約できます。

料理好きの人はその分ガスを使っていることになるので、購入を検討してみるのも良いでしょう。

作り置きをする

料理をする際は、大きな鍋でたくさん作り、作り置きしておくこともガス代節約に有効です。

単純にガスコンロを使う時間が減らせるため、簡単ですが効果的な方法です。

作り置きしても冷蔵庫に入らないという人は、これを機に冷蔵庫の中身を整理してみてはいかがでしょうか。

2.4.カードでガス代を支払う

ポイントが付くクレジットカードで毎月のガス代を支払えば、ポイント還元により、お得に利用することができます。

毎月数千円単位を支払い続けることもあり、効率的にポイントが溜まっていくでしょう。

現在払込書による支払いや口座振替にしている人は、検討してみてみましょう。

2.5.オール電化に切り替える

お金に余裕があるのであれば、初期投資た考えて家をオール電化にするのも効果的な手段です。

先述したように、基本的にガスと電気では同じ熱量でも電気の方が料金が安いため、長い目で見ると大きな効果が望めます。

まとめ

プロパンガスの料金を節約する方法について紹介してきました。

お風呂や料理のタイミングで、ガス代を節約する方法はいくつもありますが、最も有効な手段はガス会社の切り替えです。

自治体内のガス会社を調べてみて、最も安いところに切り替えるのが、一番簡単に大きな効果を望める方法でしょう。

もしプロパンガスを使っている家庭の人は、ガス会社を調べるところから始めてみましょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る