小規模企業共済での事業資金の借入の条件・手続まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

小規模企業共済とは、小規模企業の経営者や役員、個人事業主向けの積み立てによる退職金制度です。

国の機関である中小機構が運営しています。

掛金を納め続けることで、退職金代わりに掛金総額より多い共済金が受け取れる上に、掛金全額が所得控除の対象となるため住民税や所得税を節税できるのが主なメリットです。

さらに小規模企業共済には、資金繰りに困ったときの貸付制度もあります。

銀行でお金を借りるよりはるかに有利な条件で、かつスピーディにまとまったお金を借入れることができるので、資金繰りに困ったときに頼りになります。

1.小規模企業共済の契約者貸付制度とは?

小規模企業共済の契約者貸付制度とは、共済の契約者がまとまったお金を借入れられる制度です。

銀行などでお金を借りる場合と異なり、担保や保証人はいりません。

さらに利率も銀行と比較してはるかに低利です。

なお小規模企業共済の契約者貸付制度を利用した貸付には7つの種類があり、それぞれ条件が異なります。

最もひろく使われるのが「一般貸付」で、そのほかの種類は、以下の表にあるように借入に特別な条件があります。



共済契約者(会社等の役員であるときは、その会社等)が前年度確定申告書に添付した決算
書に基づき次の計算を行って得た額が1,000 万円を超えるときは、この計算を行って得た額。

[計算式](流動負債 - 当座資産)+ 1/2(給与 + 賃金 + その他の経費)

※この情報は2019年1月時点のものです。

以下、まずは「一般貸付」の概要から簡単に解説します。

2.「一般貸付」であれば最短即日でまとまったお金を借入可能

小規模企業共済の契約者貸付制度のなかでも、もっとも手軽に利用できる種類が一般貸付です。

商工中金の窓口で午後2時までに手続きをすませれば、その日のうちにまとまった資金を借り入れることができます。

一般貸付の場合、資金の用途が限定されていません。

事業資金(または関連資金)でありさえすれば借入れることができます。

窓口で借入をする際にも「事業資金を借入れたい」とだけ伝えれば手続きできるようです。

そのほか、一般貸付の主な条件(2019年1月時点)は、以下のとおりです。

貸付額

それまでに納めた掛金の範囲内(掛金納付月数により、掛金の7割~9割)かつ10万円~2,000万円(5万円単位)

利率

年1.5%

貸付期間

  • 貸付額100 万円以下:6ヵ月または12 ヵ月
  • 貸付額105 ~ 300 万円:6ヵ月、12 ヵ月または24 ヵ月
  • 貸付額305 ~ 500 万円:6ヵ月、12 ヵ月、24 ヵ月
  • 貸付額505 万円以上:6ヵ月、12 ヵ月、24 ヵ月、36 ヵ月または60 ヵ月

事業を経営していると、予期せぬことがおこって「明日までにまとまったお金が必要」となることもあるかもしれません。

あくまでそれまでに納めた掛金の範囲内にはなりますが、そんなときに窓口へ行って申込さえすれば、保証人や担保を用意せずにまとまったお金を最短即日で借入れられるのは助かりますね。

3.「一般貸付」以外であればさらに低利での借入が可能

「一般貸付」以外の貸付は、それぞれ資金の用途が決められている上に、一般貸付のようにすぐにまとまったお金を借入れることはできません。

申込書郵送による手続きが必要となります。

これらが一般貸付と比較した場合のデメリットですが、逆にメリットとしてあげられるのが一般貸付より低利であることです。

それぞれの貸付の条件を満たす必要がありますが、一般貸付の利率が年1.5%であるところ、そのほかの貸付では年0.9%(いずれも2019年1月時点)となっています。

それほど急ぎでないのであれば、一般貸付以外をえらんでもよいでしょう。

なお貸付期間については、事廃業準備貸付け以外は、500万円以下は36ヵ月(3年)、500万円以上なら60ヵ月(5年)となっています。

事廃業準備貸付けの貸付期間は一律12ヵ月(1年)です。

4.借入を受けるための要件

小規模企業共済の契約者貸付制度を利用するためには要件があります。

代表的な一般貸付を利用するための要件は以下のとおりです。

  • 加入後、貸付資格判定時(4月末日および10 月末日)までに、12 か月以上の掛金を納付していること。※前納掛金は含まない。
  • 掛金納付月数に応じて算定される貸付限度額が、貸付資格判定時において10 万円以上に達していること。

その他の貸付については、一般貸付の要件をみたしたうえで、それぞれ他の要件があります。

各要件の詳細などについては、公式サイトからダウンロードできる「小規模企業共済制度のしおり」で確認してください。

まとめ

小規模企業共済の加入者は、契約者貸付制度を使いまとまったお金を担保・保証人不要かつ低利で借入れることが可能です。

借入れられる額は、それまでに納めた掛金の範囲内に限定されますが、最短で申込即日に資金を借入れられるため、万が一の際の助けとして覚えておくとよいでしょう。

借入れた資金の用途は、事業に関するものであれば特に限定されません。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

小規模企業共済の活用についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・小規模企業共済の中身、手続について知りたい
・掛金をいくらに設定したらいいのか分からない
・他の方法も含め、老後の資金を効率よく積み立てるベストな方法を考えたい

もしも、小規模企業共済の活用についてお悩みであれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken

ご相談はこちら

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

保険の教科書の購読はSNSが便利です。