長期平準定期保険の具体的な活用法と経理処理

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

会社の法人契約で生命保険を検討するときに営業から長期平準定期保険を勧められるケースが多いのではないでしょうか?

長期平準定期保険は主に経営者の死亡保障・節税・退職金の準備を目的として加入をする商品です。保険料の半分が損金算入の商品ですが、どうやって経理処理をすればいいのかは複雑です。

この記事ではは長期平準定期保険の活用法と経理処理をお伝えします。是非参考にしてください。

はじめに:長期平準定期保険とは

長期平準定期保険とは、定期保険の中でも特に長期の保険期間を設定するものを言います。保険期間が 非常に長く、終身保険に近い死亡保障が得られます。

解約返戻率が高くなるため、法人で加入をする場合は経営者・役員退職金の準備としても活用されることが多い保険です。また、保険期間によって違いはありますが支払保険料の一定額を損金計上できます。

1. 長期平準定期保険5つの活用法

1-1 死亡保障として活用する

経営者に万一のことが発生すると、運転資金の確保や売上の減少など会社が混乱する可能性があります。経営者の死亡という会社の危機が発生したときも、自社の経営に支障をきたさないように準備することができます。

1-2 死亡退職金を準備する

経営者や役員の方が万一のときの死亡退職金、弔慰金として死亡保険金を活用できます。

1-3 退職金を準備する

将来的に長期平準定期保険を解約した場合に、年数にもよりますが、掛けた保険料総額の90%~100%程度を受け取ることができます。

長期間の契約が必要となりますが、年齢によっては税効果を含まない単純な解約返戻率(解約時の戻り率)で100%以上を設定できる商品もあるので効率良く勇退資金を準備していくことができます。解約返戻金を退職金として活用できます。

1-4 保険料の一定額を損金計上できる

保険期間によって違いはありますが経理処理は年間保険料の1/2を損金計上、1/2を資産計上となり、節税効果も期待できます。

1-5 資金が必要なときは契約者貸付制度を利用する

長期平準定期保険には契約者貸付という制度があります。これは資金が必要になった場合、保険を有効に継続しながら資金を貸し出す制度で、貸付時の解約返戻金の範囲内で一定額(9割程)貸付を受けることができます。金利は2.75~3%ほどになります。

2. 長期平準定期保険の経理処理

長期平準定期保険の要件

保険期間満了時の年齢が70歳を超え、かつ(保険加入年齢+保険期間×2)>105

保険料の経理処理

経理処理は保険期間の前半6/10の期間は、支払保険料の半分を「前払保険料」として資産計上し、残り半分を支払保険料として経費処理します。保険期間の残り4/10の期間は、保険料の全額を支払保険料と経費処理し、積み立てられた前払保険料を残り4/10の期間で均等に取り崩していきます。

例 契約者:法人 被保険者:40歳男性 保険期間100歳まで 保険料:年払200万円

長期定期保険料仕訳

解約返戻金受取時の経理処理

例 20年後に解約 解約返戻金:3600万円

解約時点での解約返戻金から保険積立金として資産計上している額(前払保険料)を 差し引いた額を雑収入として計上します。

長期定期解返金仕訳

死亡保険金受取時の経理処理

例 10年後に死亡 死亡保険金:1億円

死亡保険金から保険積立金として資産計上している額(前払保険料)を差し引いた額を雑収入として計上します。

長期定期死亡保険金仕訳

3. 長期平準定期保険の注意点

1-1 解約返戻率のピークが遅い

長期平準定期保険は逓増定期保険に比べ、解約返戻金のピークになるのが遅いので短期間で退職金等を準備するときは逓増定期保険が向いているかもしれません。

逓増定期保険に関しては資産移転?節税?多くの法人が活用する逓増定期保険の5つのポイントで解説しています。

1-2 解約返戻金はピークを越えると下がっていく

商品のいよって違いはありますが、解約返戻金のピークは65歳~70歳くらいになりそれを過ぎると下がっていきます。解約のタイミングには注意が必要です。

まとめ

長期平準定期保険で法人で加入するメリットは多いですが、長い期間保険料の支払いをしていくので無理のない金額を設定しましょう。

長期平準定期保険との比較としては逓増定期保険があります。お互いをしっかりと比較して商品を選択しましょう。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。

※(2019年8月6日追記)本書における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、旧通達のルールを前提としております。また、紹介している法人保険の商品は、2019年2月以前に販売されていたものです。

2019年6月30日に国税庁が新たな通達を発表しており、また、保険会社各社もそれに合わせて2019年8月以降に順次、販売再開、あるいは新商品の販売を行うことになっております。詳細はお問い合わせください。また、新たな通達のルールの概要については、国税庁HPにおいて通達をご確認ください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken


ご相談はこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る