結婚式にかかる費用|人生の節目に投じるお金はどのくらい?

結婚にはお金がかかるというのは、世間では共通の認識でしょう。

そんな結婚資金の中でも、多くを占めるのが結婚式にかかる費用です。

これから結婚が控えているという人の中にも、結婚式には実際いくらかかるのか、よく知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな結婚式にかかる費用について見ていきます。

是非ご覧ください。

1.結婚式は規模によって値段が変わる

ゼクシィの調査によると、結婚式にかかる費用の平均は357.5万円と言われています。

しかし、それはあくまで平均であり、結婚式の規模によって振れ幅があります。

例えば、招待客に出す料理は1人当たり平均で1,9万円ほどですが、これは招待客が多くなればなるほど多くなりますよね。

また、引出物や招待状などの細かい費用も、招待客の数によって変わってきます。

地方によっては独自のしきたりもあったりするので、金額もまちまちです。

ここで、地方ごとの結婚式費用の平均総額についても見てみましょう。

地方 平均総額
北海道 194.6万円
青森・秋田・岩手 335.6万円
宮城・山形 354.3万円
福島 395.9万円
茨城・栃木・群馬 379.9万円
首都圏 372.4万円
新潟 353.2万円
長野・山梨 373.8万円
富山・石川・福井 342.3万円
静岡 376.2万円
東海 357万円
関西 348.8万円
岡山・広島・山口・鳥取・島根 349.1万円
四国 361.1万円
九州 377.6万円

引用:【結婚式のお金】相場から自己負担金、支払い時期まで解説!|ゼクシィ

具体的な金額は式場ごとに代わってくるので、詳しくは式場検索サイトで見積もりを取ってみることをおすすめします。

参考

こうしてみてみると、北海道を除けば、福島が少々割高なくらいで、さほど違いがないことがわかります。

北海道だけ異様に安いのは、地方独特のしきたりがあるためです。

北海道では、「ご祝儀制」の結婚式ではなく「会費制」結婚式が主流になっています。

会費制の場合、外部の会場で式を行うことになり、一般的な結婚披露宴よりもカジュアルなスタイルで執り行うことが可能です。

結婚披露宴に必ず必要な項目のみに費用を絞ることができ、立食のビュッフェスタイルにするなど、一般的な結婚式の常識から外すことができるため、費用を抑えやすくなっています。

「ご祝儀制」ではなく「会費制」の結婚式が常識となっているからこそ、北海道は結婚式の費用総額が他県より安くなっているわけですね。

1.1.結婚式にかかる費用の内訳について

次に、結婚式にかかる費用の内訳を見ていきましょう。

式場によって異なりますが、今回はゼクシィが割り出した平均値に沿って紹介します。

料理・飲物 総額122万2000円

  • 料理(1名当たり)/1万5200円
  • 飲物(1名当たり)/3900円

ギフト 総額35万7000円

  • 引出物(1名当たり)/5400円
  • 引菓子(1名当たり)/1300円
  • プチギフト(1名当たり)/272円

会場装花 総額17万2000円

ペーパーアイテム

  • 招待状(1部当たり)/388円
  • 席次表(1部当たり)/387円
  • 席札(1部当たり)/162円
  • プロフィールパンフレット(1部当たり)/296円

新婦衣裳 総額48万8000円

  • ウエディングドレス/27万1000円
  • カラードレス/24万1000円
  • 白無垢/18万3000円
  • 色打ち掛け/28万3000円
  • 新郎衣裳 総額17万1000円
  • タキシード/13万円
  • フロックコート/13万7000円
  • 紋服/10万3000円

ブーケ 総額4万6000円

ブライダルエステ 総額8万9000円

当日の撮影

  • スナップ撮影/22万4000円
  • ビデオ撮影/19万7000円

別撮り

  • スタジオ撮影/15万9000円
  • ロケーション撮影/17万8000円
  • 映像演出 総額9万5000円

内訳については、各地方でさほど差はありません。

食事代については、北海道が1人あたり1.5万円と控えめですが、他県については平均額に近い費用がかかっています。

2.結婚式の費用を抑えるには

結婚式は一生に一度です。

やるからにはなるべく華やかにできればと考えてしまうものです。

しかし、どうしてもネックになってくるのが予算でしょう。

ここでは結婚式の予算をどう抑えていくかについて、例を挙げていきます。

2.1.自分でできることは自分でやる

結婚式に必要なものは、なにも全て式場のプランナーに任なければいけないというわけではありません。

自分達でできることは自分達でやってしまうことで、その分の費用を抑えることができます。

まず真っ先に浮かぶのが、招待状などのペーパーアイテムです。

先述の費用内訳を見てみると、ペーパーアイテムには、

  • 招待状
  • 席次表
  • 席札
  • プロフィールパンフレット

などがあります。

これらの素体となる紙については、東急ハンズや世界堂などの店で購入し、自宅のプリンターなどで印刷すれば、費用を抑えることができます。

また、プリントパックなどの印刷会社に頼んでみても、結婚式場で受注するよりは安く作成することができます。

2.2.撮影関係は知人を頼る

結婚式の費用で意外と大きな出費となるのが、写真や動画など、撮影にかかる費用です。

上述の内訳を見てみると、当日の撮影で平均42万1000円、別日の撮影でも平均で43万2000円と、合わせて85万3000円ほどの費用がかかることがわかります。

こういった撮影関係を知人に頼むことで、費用を抑えることが可能です。

プロと同等のクオリティを出すとなると難しいでしょうが、思い出深い写真や動画になることは間違いないでしょう。

2.3.会費制を導入する

先述したように、北海道では「会費制」の結婚式が主流で、その結果結婚式の費用が他県より相当抑えられています。

結婚式の予算を大幅に抑えたい場合は、「会費制」の結婚式を検討してみるのも良いでしょう。

会費は一般的なご祝儀より安くなる場合が多く、北海道では会費の相場は1万7000~1万8000円程度のようです。

筆者の友人も会費制の結婚パーティーを催しましたが、会費は1万5000円でした。

コースでの料理やウエディングケーキなどはちゃんとしたものが用意されていましたし、何より気兼ねなくカジュアルなパーティーで、新郎新婦、招待客共に楽しく過ごせたことが印象に残っています。

しきたりや形式にこだわりがなく、むしろカジュアルさに魅力を感じるという場合は、検討の余地があるといえるでしょう。

参考:北海道の会費制ウエディングのキホン|ゼクシィ

3.ご祝儀は予算に入れるべきか

結婚式の費用を考える際に、予算として考えるべきか悩むのがご祝儀です。

ご祝儀は招待客がお祝い金として持参するもので、相場は3万円程度といわれています。

ただし、親族などからはそれ以上の金額が期待できるはずですし、最近では招待客が学生の場合などは2万円というケースもあるようです。

お返しがあるとはいえ、その金額はもらったお祝い金の半額程度と相場が決まっているため、ご祝儀は予算として考えても良いでしょう。

予算として考える場合は、招待客の状況(上司が多いのか、後輩が多いのか、親族はどの程度来てくれるのか等)からどの程度のご祝儀が集まるのかある程度想定する必要があります。

また、結婚式にかかる費用の支払いが行われるのは、大半が挙式前です。

ご祝儀を予算として考える場合、甘い見積りでいると費用の支払時に現金が足りず、痛い目を見るかもしれません。

いつ、どのくらいのお金がかかるのか、ご祝儀ではどの程度の収益が望めるか、お返しにかかるお金はいくらくらいになりそうか、といったことを細かく想定することが、結婚式を最高のものにするために重要なことといえるでしょう。

まとめ

結婚式の費用についてお話ししてきました。

地域ごとに違うとはいえ、結婚式にかかるお金は平均して370万円程度かかることがご理解いただけたでしょうか。

ただし、ペーパーアイテムや撮影など、自身や知人の力を借りることで、費用は抑えることが可能です。

北海道のように会費制結婚式を取り入れてみるのも良いでしょう。

またご祝儀を収益として考える場合は、いつどのような費用の支払いがあるのかに注意して、予算を考える必要があります。

結婚式は人生の花のようなポイントです。

無理をせず、身の丈に合わせた式を行うことも大切ですが、費用の見積もりは適当に行うことなく、自身が出来うる最高の催しを行いましょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る