決算期末間近に駆け込みでできる決算対策6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-01-CSS85_hurikaeruyouko20131019500-thumb-1000xauto-4014

経営者の皆様は、いざ決算期末が近づくにつれ、たとえば、例年よりも多くの利益が上がったために益金が多額になりそうな場合の対応に頭を悩ませたりしてはいないでしょうか。

会社は、黒字の年にはその中から国に税金を納めなければなりませんが、赤字の年に国からお金を補填してもらえるわけではありません。なので、大幅に黒字が見込まれて益金が多くなりそうな年には、多額の出費が必要なプロジェクト等をぶつけて損金を多くするなど、バランスをとらなければ損です。しかし、そうそう都合よく収支のバランスがとれるとは限りません。

日頃からの節税対策が重要なのはもちろんですが、決算期末が近くなった時になって慌てないために、駆け込み的な決算対策として何ができるかを押さえておくのも大切なことです。そこで、この記事では、そのような決算対策6種類について説明します。

いずれも適法かつオーソドックスな方法なので、是非とも最後までお読みになって、いざという場合に備えていただければと思います。

1.「未払費用」は年度内に計上して損金に算入する

継続的なサービスに対して支払う費用で、年内にサービスを受けているにもかかわらずその費用を次の年度に支払うことになっているものは、「未払費用」と言って、その年度の損金に算入することができます。たとえば、従業員の給料、事務所の賃料(後払いの場合)、水道光熱費、通信費等、月ごとにサービスを受け、月ごとの代金を「後払い」で支払うようなものがこれにあたります。

中小企業の場合、この未払費用の金額を年度内に計上するということが徹底されていない場合が見受けられます。その結果、本来損金に算入すべきものが算入されていない可能性があります。

未払費用をその年度の損金として計上することは、決算対策として有効なのはもちろんですが、会計処理のルールの効率化にもつながります。

2.「年払い」の費用を「短期前払費用」として計上し損金に算入する

法人税法上、期末になってから利用できる制度で、一度にまとまった損金を計上できるものとして、「短期前払費用」というものがあります。

「短期前払費用」について説明するには、前提として、「前払費用」という言葉の意味を押さえておく必要があります。

2-1. 「前払費用」はサービスを受けた時に損金に算入されるのが原則

「前払費用」とは、通達によれば、「法人が一定の契約により継続的に役務の提供を受けるために支出した費用のうち、その事業年度終了の時においてまだ提供を受けていない役務に対応するもの」を言います。具体的には、事務所の賃料(前払いの場合)や、保険料等です。

上で説明した「未払費用」とは逆です。つまり、「未払費用」は、あくまでもその年度のうちに受けたサービスの代金を「後払い」するものですが、「前払費用」は、これから受けるサービス(まだ受けていないサービス)の代金を前払いするものです。

〈「未払費用」と「前払費用」の比較(イメージ)〉

決算対策 図
「前払費用」は、原則として、サービスの代金を前払いした時に「資産」として益金に算入し、後でサービスの提供を受けた時に損金に算入することになっています。

2-2.「短期前払費用」ならば前払いの時に損金に算入できる

上で述べたように、「前払費用」は、原則として、前払いした時点では益金に算入しておき、後でサービスの提供を受けた時点で損金に算入するという扱いがされます。

しかし、「短期前払費用」は、その例外を認めるものです。

つまり、「前払費用」を契約書で「年払い」と指定して、決算までの間に次の年度までの分を一括して支払えば、例外として、その年度の損金に次の年度までの1年分の全額を一気に算入できることがあります。これを「短期前払費用」と言います。

ただし、注意が必要な点が2点あります。

まず、毎年同じように継続して「年払い」で支払わなければならず、年度によって「月払い」「年払い」を都合よく使い分けることはできません。これまで「月払い」だった場合は、相手方との契約で「年払い」に変更する必要があります。

また、税理士への報酬等、サービス内容が月ごとに均質的でないものは、「短期前払費用」と扱われません。

2-3.保険料の支払いについては「課税の繰り延べ」に注意

「短期前払費用」にできるもののうち、保険料については注意が必要です。以下では「終身がん保険」を例にとって簡単に説明します。詳しくはこちらで分かりやすく説明していますので、ご覧ください。

法人向けの「終身がん保険」は、被保険者(役員・従業員)ががんにかからなかった場合でも解約返戻金が受け取れるタイプの保険です。

そのため、保険料の1/2は解約返戻金を積み立てるための「前払い保険料」(資産)として益金に算入され、1/2は被保険者ががんにかかった場合の保障のための「福利厚生費」(費用)として損金に算入されることになっています。そして、後で解約返戻金の支払いを受けた時点で一気に益金に算入されることになります。

つまり、保険料の支払いの時点では一時的に税金を安くできますが、後で解約返戻金を受け取った時に、いっぺんにその分の税金を払わなければならないことになるのです。これを「課税の繰り延べ」と言います。

そして、最終的に節税の効果を得るには、解約返戻金を受け取るのと同じ年度に、被保険者の退職金を支払ったりして損金に算入する必要があります。このような計画を立てておくことを「出口戦略」と言います。「終身がん保険」のように、保険料の支払いが「課税の繰り延べ」にあたる場合には、「出口戦略」をきちんと考えておくようにしてください。

3.不要な資産について損失を計上し損金に算入する

3-1.不要な固定資産を廃棄して「除却損」を計上する

不要な固定資産を廃棄すれば、その帳簿価額を「除却損」として損金に計上することができます。パソコンのソフトなど、無形の固定資産についても、同じような処理が認められています。

なお、損金に計上できるだけでなく、その後は固定資産税を支払う必要がなくなるというメリットもあります。

3-2.売れ残った棚卸資産について「売却損」「廃棄損」「評価損」を計上する

売れ残っている棚卸資産は、期末までに「決算セール」「大売出し」等をして原価よりも安く売り払えば、原価との差額分を損失として計上できます。

ただ、中には誰にも見向きもされないような、今後売れる見込みが全くない(「陳腐化」「劣化」と言われたりします)棚卸資産もあるかも知れません。そのような資産については、廃棄して「廃棄損」を計上することができます。

また、資産価値の評価を低く変更すれば、その分を「評価損」として損金に算入できる場合があります。ただし、「評価損」の計上は、資産価値の評価の変更が恣意的に行われることを防ぐために、要件がかなり厳しくなっていて、「売却損」「評価損」よりも認められにくいです。詳しくはこちらをご覧ください。

4.不良債権と化した売掛金を「貸倒損失」として損金に算入する

回収の見込みがなくなってしまった売掛金等の不良債権がある場合、その状態がある程度の期間継続したなどの一定の要件を充たせば、その額を「貸倒損失」として損金に算入できる可能性があります。

ただし、恣意的に計上されてしまうおそれがあるため、要件はかなり厳しくなっています。詳しくはこちらをご覧ください。

5. 「少額減価償却資産」の購入価格を損金に算入する

5-1.「減価償却資産」「減価償却費」についてのおさらい

建物、機械、船、自動車、工具、器具等といった「減価償却資産」の購入価格は、原則として、購入した年度に全額を計上することができず、何年かに分けて計上することになっています(「減価償却費」)。これは、その資産が何年かにわたって収益を出し続けていくのに対応して、逆に価値が減った分を費用として損金に算入するという考え方によるものです。詳しくはこちらをご覧ください。

5-2.「少額減価償却資産」の購入価格は全額その年度の損金に算入できる

資本金(又は「出資金」)の額が1億円以下で、青色申告をしている会社の場合には、例外が認められています。

つまり、1個30万円未満の減価償却資産については「少額減価償却資産」と扱い、購入金額の全額を、年間合計300万円まで、その年の損金に算入することができます。たとえば、パソコンを一気に買い替えることを検討しているような場合には、この制度は便利です。

ただし、あくまで本当に会社に必要な減価償却資産に限ります。事業に必要でもないのにただ「節税」「決算対策」のためだけに「少額減価償却資産」を購入するのは、単なる無駄遣いです。

6.「従業員」全員に決算賞与を支給して損金に算入する

全従業員に「決算賞与」を支給するのも、決算期末間近にできる決算対策として有効です。決算期末までに従業員全員に対し、一人ひとりに支給額を通知しておき、決算期末から1ヶ月以内(つまり次の年度の最初の1ヶ月以内)に支給すれば、その年度の損金に算入することができます。

ただし、「役員」に対する「賞与」は、決算期間近に支給の決定をしても損金への算入が認められないので注意が必要です。「役員」の「賞与」は恣意的に損金に計上されるおそれが大きいため、「事前確定届出給与」として、遅くともその年度の初めの4ヶ月目までに税務署に支給時期と金額を正確に届け出ておかなければなりません。なので、決算期末間近になってから決めたのでは損金に算入できないのです。詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

この記事では、決算期末間近になってから損金を計上できる決算対策6種類について、注意点も含めて説明してきました。「駆け込み」という表現を使いましたが、何ができるかという知識を事前に持っておくのと、何も知らないまま決算期を迎えるのとでは、大きな違いです。今の段階でこの記事を一通り読んで理解しておいて、決算期末が近くなった時に思い出して、また読んで役に立てていただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

出岡 大作

出岡 大作

行政書士資格保有。保険や税金や企業関係法、民法、行政法といった分野について幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。