リビングニーズ特約|終活で保険を考えるときに押さえておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近人生の終わりのための活動「終活」が注目されています。終活は人生の終わりをより良いものとするために事前に準備を行うことですが、生命保険の中で注目をされているものに「リビングニーズ特約」があります。

この特約は医師から余命6カ月の宣告を受けた時、契約している死亡保険金の一部を生前に受け取れるというものです。 各保険会社無料で付けられる特約です。

いざというときに自分や家族の救いになる可能性は十分ある特約ですが、残念ながら保険料が無料なのもあって軽視されています。この特約で救われている人が年々増えているにも関わらず、知らない人がほとんどで、活用できていない人が多いのが現状です。

今日はリビングニーズ特約を活用するために知っておかなければいけないことをすべてお伝えします。うまく使えば有効な特約なのでこれから終活を考える人は是非とも参考にしてください。

はじめに:リビングニーズ特約とは

医師から余命6カ月の宣告を受けた時、契約している死亡保険金の一部を生前に受け取れるというものです。

本来、死亡後に支払われる保険金を生前に受け取ることで、人生の最後に悔いのない時間を過ごすこと、経済的な問題を解決して十分な治療を受けられることを目的として考えられた特約です。

後ほど詳しく解説しますが特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 医師から余命6カ月の宣告を受けた時、契約している死亡保険金の一部を生前に受け取れる
  • すべての病気・ケガが対象になる
  • 各保険会社保険料が無料で付けることができる
  • 受取れる上限は3000万円まで
  • 必要な金額だけ請求をできる
  • 受取りの保険金は非課税

このように無料でつけられる特約ですが有用な特約です。

それではこれからリビングニーズ特約について詳しくお伝えしていきます。最後に注意点のお伝えしていますので是非最後までご覧ください。

1. リビングニーズ特約7つの特徴

リビングニーズ特約は主に7つの特徴があります。知っておくことにより、特約を生かすことができますのでこれから詳しくお伝えします。

1-1 医師から余命6カ月の宣告を受けた時、死亡保険金の一部を生前に受け取れる

生前に給付金を受取れる要件は「医師から余命6ヶ月の宣告」を受けた場合となります。当然余命6ヶ月と宣告されてもそれ以上生きる場合があります。その場合でも返還などはなく全く問題ありません。また、死亡保険金の必要な金額だけ一部を受取ることもできます。

1-2 受取れる上限は3000万円まで

リビングニーズ特約で受け取ることができる金額は3000万円までとなっています。加入している金額が3000万円に満たない場合は、加入保険金額の限度内で支払われます。

そして例えば死亡保険金5,000万円であっても3,000万円が受け取ることのできる上限となります。

1-3 保険金を一部だけ請求することもできる

先ほどもお伝えしたように保険金の一部を請求することもできます。

例えば、死亡保険金の5,000万円のうち3,000万円の給付を受けたケースでは、残る2,000万に対する保険料を亡くなるまで支払う必要があります。

また、保険期間の満了まで1年を切っている時は、生前給付の対象になりません。保険会社や各商品によって細かな違いが出る可能性があるため、確認をしておいた方がいいでしょう。

1-4 すべての病気・ケガが対象になる

先ほどお伝えしましたが生前に給付金を受取れる要件は「医師から余命6ヶ月の宣告」を受けた場合となります。余命6ヶ月と宣告されるのは主にがんなど病気の場合ですが、ケガでも問題ありません。特に原因は問われません。

1-5 受取時の税金は非課税

生前に受け取った給付金は非課税です。税金は一切掛かりません。ただし、受取ったお金を残して死亡した場合は、現金としてそのまま相続税が掛かりますので注意しなければいけません。後ほど詳しくお伝えします。

1-6 保険金の使い道に制限はない

受取った給付金の使い道に制限は特にありません。リビングニーズ特約の主な目的としては医療費や生活費などに充てることですが、最後の思い出に家族で旅行するなど使い道に制限はないので有効に使えます。

1-7 請求できるのは本人か指定代理請求人

請求できるのは、被保険者(本人)もしくは事前に保険会社に届け出ている指定代理請求人になります。

※指定代理請求人とは
被保険者(本人)が何らかの理由により、高度障害保険金や給付金をご自分で請求できない場合に、代理として請求を行うことのできる方のことです。例えば、事故や病気などで寝たきり状態となり、受取人である被保険者ご本人が意思表示できない場合などに、高度障害保険金や給付金を指定代理請求人からご請求いただけます。
指定できるのは保険会社によって違いますが、主に3親等内親族になります。

2. 現在加入している保険に付いていない場合は中途付加をする

リビングニーズ特約は現在の死亡保険金が支払われる商品にはほとんど付けられていますが、付いていない契約もあります。

例えば以下の場合があります

  • 昔の生命保険の場合
  • 営業のミスで付いていない場合

リビングニーズ特約は平成に入ってからできた特約なので保険会社によって違いますが15年以上前の契約は付いていない場合があります。また最近の契約でも保険料が無料のため営業が説明をせずに特約をつけ忘れたというようなこともあります。自動的に付いている保険会社もありますが、もし説明を受けてなければ、自分の契約を確認しましょう。

もし付いていない場合はほとんどの保険会社で追加で付けることができます。中途付加をする場合でも保険料が無料なのでもし確認をして付いていないときには中途付加をしましょう。

3. リビングニーズ特約2つの注意点

それでは最後にリビングニーズ特約の注意点をお伝えします。この特約は保険料が無料で付けても必要なければ使わなければいいのでデメリットはありません。しかし注意点がありますのでご覧ください。

3-1 お金が残ると相続税の対象になる

リビングニーズ特約により給付金を受け取った時は非課税ですが、もしそのお金が残った状態で死亡してしまうと相続税の対象となります。特約を使わずに死亡時に死亡保険金として受け取った場合は生命保険の非課税枠があります。

生命保険には以下の相続税非課税枠があります。

非課税(法定相続人)
生前に給付金を受取る時には一部だけを受取ることも可能なので、自分が使う金額だけを受取るようにしましょう。

相続税については相続税改正と生命保険の活用法で詳しくお伝えしています。

3-2 余命告知をしていない場合に手続きを取ると本人に伝わる可能性がある

本人には余命を伝えずに家族だけに知らせる場合も少なくありません。また、本人の状態によっては家族だけで判断することもあると思います。その場合はは指定代理請求人が被保険者(本人)に代わって保険金を請求します。

そうなると保険料が減るなど契約内容に変化が生じます。そのため、保険会社からの手紙もしくは何らかの形で本人が余命を知ってしまい、本来、本人のことを考えて利用したにも関わらず、かえってよくない方向に進んでしまうこともあるので注意が必要です。

まとめ

リビングニーズ特約は保険料が無料で付けられる特約です。使うか、使わないかは自分で判断できる特約なのでデメリットは特にありません。

これから生命保険に加入する場合、そして今加入している生命保険に付いていない場合は確実につけるようにしておきましょう。

プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。