退職金による資産運用は何がおすすめ?

老後資金として定年退職時に受け取ることができる退職金。

まとまった金額である分、ただ銀行に預けておくだけではもったいないと考える方も多いでしょう。

資産運用は若いうちからと言われますが、元手が十分にある場合はその限りではなく、退職金を受け取るような年齢からでも十分に始めることが可能です。

今回はそんな退職金を元手にした資産運用の中で、おすすめなものを紹介します。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

はじめに:退職金に向く運用方法とは

定年時に受け取ることができる退職金には、以下の2つの特徴があります。

  • まとまった金額である
  • 受取時の年齢が60歳以降である

まず、退職金はまとまった金額であるため、まとまった額の元手が必要な資産運用も候補に入れることができます。

ただし、退職金は受取時の年齢が60歳以降であるため、平均余命が短い分、あまりに長期間の積立型の資産運用は向いていません。

とはいえ、株式のデイトレードやFXなどの短期すぎる資産運用はリスクも大きく、それを避けるためにはある程度の時間を見る必要があります。

上記2つの特徴から、退職金の資産運用として適しているのは、「まとまった元手で、5~10年の比較的短期で収益が望めるもの」、または「死亡保障などの特典があるもの」でしょう。

それを踏まえた上で、おすすめなものを紹介します。

1.株式投資

株の売買や配当金の受取などで、利益を出していく資産運用法です。

配当金による不労所得と、売買による利益で資産を増やすことが出来ます。

退職金を使った資産運用では、まとまったお金で数年〜十数年程度運用することになるので、配当金による不労所得を受け取る運用がおすすめです。

配当金は東証一部の場合、保有株式の価格の2%程度になります。

多いところでは3%というところもあるので、探してみるとよいでしょう。

また、配当金とは別に、優待として様々な特典を得ることが出来ます。

例えば食品会社なら食事券、航空会社なら割引券など、魅力的なものが多いです。

配当金目当てで安定している起業に投資する場合リスクは少ないこと、株主優待があることから退職金での資産運用としておすすめできます。

2.米ドル建て一時払い終身保険

米ドル建て終身保険は、一般的な円建ての終身保険と違い、米ドルで運用する終身保険です。

円建ての保険よりも利率が高く、さらに保険料も割安なため人気があります。

ただし、為替のリスク等があるので、それを踏まえて加入する必要があります。後ほどお伝えします。

米ドル建て終身保険の中でも、米ドル建て一時払い終身保険は少々特殊で、従来の終身保険のように死亡保険金と解約返戻金が増えていくものと、最初に一時払いで支払った金額に応じて、定期支払金として定期的にお金を受け取れるものがあります。

いずれにしても、支払い時と解約時の2点にのみ為替レートが関係してくるため、解約時の為替には気をつけましょう。

2.1.オーソドックスな米ドル建て一時払い終身保険

従来の終身保険のように、死亡保険金と解約返戻金が年々増えていくものです。

数年で解約返戻率が100%を超えるため、老後に退職金で運用するのにも向いている終身保険といえるでしょう。

上記で述べたように為替リスクがありますが、一時払いであれば好きなタイミングで解約しやすいため、他の米ドル建て保険よりリスクは低いです。

今回はA生命の米ドル建て一時払い終身保険を例に、運用例を見ていきましょう。

条件

  • 年齢:60歳
  • 性別:男性
  • 払込期間:一時払い
  • 保険料:90,909.09米ドル(1ドル=110円で約1,000万円)

上記条件の場合、70歳時点での死亡保険金額、解約返戻金額は以下のようになります。

70歳時

  • 死亡保険金額:119,470米ドル
  • 解約返戻金額:119,470米ドル(返戻率131.4%)

返戻率を見ると、10年単位の運用でも効率的に資産を増やせていることがわかりますね。

この返戻率の上昇の大きさが、米ドル建て一時払い終身保険の特徴です。

また、上記の条件の場合、加入から4年目には解約返戻金の返戻率が102.9%になります。

よって、数年単位の比較的短期で運用にも適した保険といえるでしょう。

2.2.定期的にお金を受け取れて元本保証のある米ドル建て終身保険

終身保険のシステムとしては特殊で、従来型の終身保険で解約返戻金が増えた分を年毎など、定期で受け取るというイメージです。

死亡保険金には変動がないため、死亡保障という特典がついた資産運用と考えることができます。

どのような保険なのか、A生命のプランを例に、具体的に見ていきましょう。

条件

  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 払込期間:一時払い
  • 保険料:90,909.09米ドル
  • 定期支払金額(毎年受け取れる額):2.7%(加入時の積立利率)

上記条件の場合、定期支払金額と死亡保険金額は以下のようになります。

  • 定期支払金額:2,472.72米ドル(年払)
  • 死亡保険金:90,909.09米ドル(1ドル=110円で約1,000万円)

毎月一定額を受け取れる

1ドル=110円で換算すると、約1,000万円の保険料を一時払いで支払うことで、毎年約27万円を受け取ることが可能です。

元本保証がある

定期支払金の額は10年ごとに更新され、10年たつとその年の積立利率で再計算されます。

また、10年ごとに返戻率が100%になるので、元本が保証されていると考える事ができますね。

定期で支払いを受ける分、下記のように解約返戻金の返戻率が100%を超えることはないのも特徴です。

基本的に解約するタイミングは、定期支払金が更新される10年毎になるということですね。

利率が下がってしまい、定期支払金の旨味がなくなってしまった段階で解約しやすくなっているのは良いポイントです。

2.3.米ドル建て一時払い終身保険のリスクと対策

ただし、この保険にもリスクがあります。

まず、10年未満で早期解約してしまうと、解約返戻金の返戻率が低いだけでなく、それとは別に、ペナルティとしてお金を差し引かれてしまいます。

また、解約するタイミングで、為替レートが加入時より円高ドル安になっていた場合、戻ってくる元本は少なくなってしまいます(詳しくは「為替リスクとは?運用方法で異なるリスクの中身と対処法」をご覧ください)。

これらのリスクを避けるためには、少なくとも10年間、解約せずに済む額で加入することをおすすめします。

なぜなら、長く加入すればするほど、得られる利益が大きくなり、円高ドル安による元本の目減り分をカバーできるからです。

なお、この為替リスク(円高ドル安のリスク)を考慮しても、資産の一部をドルに振り分けておくことは、円安のリスク、つまり円の価値が下落して資産が実質的に目減りしてしまうリスクを避けることにつながります。

まとめ

今回紹介した以外にも、退職金を使って運用できるものはありますが、いずれもある程度時間をかけて運用しないと、リスクがあります。

その中で、上記の2つの資産運用は、比較的短い期間で利益が上がる可能性が高く、また、特典のようなものも受け取れるなど、退職金の運用としておすすめです。

老後の生活を豊かにするため、資産の運用方法は上手に選びましょう。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る