資産運用で元本保証がある4つの方法

資産運用する際に、最も安心なのは元本保証がある方法をえらぶことです。

株式やFXのような貯蓄性が高い方法と比べるとローリターンにはなりますが、少ないリスクで安全に資産運用することができます。

ただし元本保証がある資産運用の場合も、アクシデント等により元本割れする可能性もないわけではありません。

この記事では元本保証のある資産運用の方法と、それぞれどんな場合に元本割れを引き起こす可能性があるかをあわせて紹介しています。

1.定期預金

定期預金とは、銀行預金の一種です。

一定期間の預け入れを約束することによって、普通預金より金利が高く設定されています。

定期預金は基本的に元本が保証されており、仮に決められた預け入れ期間が満期をむかえる前に解約したとしても、元本割れを起こすことはありません。

(商品によってそもそも中途解約できない場合もあります。)

また満期の前に解約した場合には、預け入れ期間に応じた「中途解約金利」が適用されます。

一方で低金利政策が長引く国内では、残念ながら定期預金の金利はお世辞にも高いとは言えません。

銀行などによっても異なりますが、0.01%~0.02%程度(「価格.com – 定期預金比較」参照)です。

1-1.元本割れするケース

定期預金はリスクの低い金融商品で、通常元本割れすることはありません。

強いて元本割れを起こすケースがあるとすれば、預入先の銀行が破綻してしまった場合です。

ただし、その場合も2005年4月より開始された預金保険制度により、定期預金や普通預金は1金融機関1預金者あたり元本1,000万円までは保護されます。

預け入れている額が1,000万円以下であれば結果的に元本割れすることはありませんが、それを超えた分が必ずしも保証されるとは限らないということです。

2.円建ての貯蓄性保険

保険のなかには万が一のことがあった際の保障だけでなく、貯蓄性を兼ね備えた商品もあります。

このタイプの例として死亡保障がついた終身保険や、老後に年金を受け取れる個人年金などがあげられます。

なかでも円建ての貯蓄性保険に関しては、加入年齢にもよりますが満了となる前に解約さえしなければ基本的に元本割れをすることはありません。

(高齢で加入した場合は、元本を割り込む可能性あり)

一方で外貨による積み立てを行う外貨保険や、国内外の株式などを運用することによって貯蓄性を高めた変額保険は、利回りは円建てよりよくなる可能性があります。

かわりに、仮に満了となるまで保険料を支払い続けたとしても元本は保証されていません。

2-1.元本割れするケース

円建ての貯蓄性保険も、繰り返すように満了まで保険料を支払い続ければ基本的に元本割れを起こすことはありません。

しかし強いてあげるとすれば、定期預金と同様に契約先の保険会社が破綻してしまった場合には元本割れを引き起こす可能性があります。

ただ契約先が破綻したからといって、保険契約がなくなってしまうわけではありません。

国内の全ての生命保険会社が加入する「生命保険契約者保護機構」により一定の保護が行われることになっています。

どんな保護を受けられるのか詳しくは生命保険契約者保護機構のHPに記載されていますので、ここでは概要をお伝えします。

まず、破綻した保険会社の契約を引き継ぐ「救済保険会社」があらわれた場合、機構が資金援助を行った上で、保険契約はそのまま継続されます。

この場合は、元本割れすることはありません。

一方、救済保険会社があらわれなかった場合、機構が設立する承継保険会社もしくは機構自身が契約を引き継ぎます。

この場合も、契約を継続することは可能です。

ただし保険会社が保険金などの支払いのために確保しておいた「責任準備金」については、機構が補償するのは90%までとなります。

これによって契約者に支払われる保険金なども削減されることになり、結果的に元本割れを引き起こすケースもでてくるわけです。

3.公債(国債・地方債)

国債や地方債といった公債は、国や地方自治体が発行する債券です。

税金による収入が不足した際に、国際や地方債を発行して買ってもらうわけです。

公債は個人でも購入することができます。

預金などと同様に公債でも利子がつく上に、国や地方自治体といった信頼性の高い機関が発行する債券であるため、基本的に元本が保証され元本割れを起こすことはありません。

なお利率は定期預金より少しよいぐらいです。

たとえば日本の個人向け国債で保障された最低金利は、年0.05%(定期預金の金利は年0.01%~0.02%程度)となっています。

3-1.元本割れするケース

公債についても基本的には元本割れすることはありません。

しかし万が一、国や自治体が破産してしまった場合は元本の保証はありません。

破産時の支払い能力に応じた支払いとなるため、必ずしも元本が戻ってくるとは限らないわけです。

もちろん国や自治体の破産は滅多にないことではありますが、世界に目を向けるとギリシャの破綻の例がありますし、国内では夕張市の例があります。

4.社債

公債が国や地方自治体が発行する債券であるのに対し、社債とは企業が発行する債券です。

購入者は定期的に利子をうけとることができます。

企業が資金調達する方法としてほかに株式がありますが、債券と株式には明確な違いがあります。

株式は株価の状況によって必ずしも購入時の価格が戻ってくるとは限りません。

たいして社債については、一定期間保有し続ければ基本的に元本が保証されます。

これが株式と社債の違いです。

そのため社債は安全性が高いと言われています。

4-1.元本割れするケース

繰り返すように、社債は基本的には元本割れすることはありません。

しかし発行元の企業が破産してしまった場合、元本が返還されない可能性がある点には注意が必要です。

5.【参考】”外貨ベース”での元本保証が可能な外貨建て保険

円建ての貯蓄性保険について解説したところで、外貨建ての保険については「元本割れする可能性がある」と書きました。

これは外貨ベースで元本保証でも、円に換金して戻ってきたら元本割れする可能性があるということです。

実際には外貨建ての場合、元本よりも大きく増やせる可能性があります。注意しなければならないは、「為替リスク」です。

外貨建ての保険で気にするべき為替リスクについては、以下イメージをご覧ください。

ご覧のように、為替の状況によって受け取れる額に差が生じています。

加入後に円高ドル安がすすめば、受け取れる保険金・解約返戻金の額が少なくなる可能性もあります。

ただしリスクの分散も可能です。

たとえば、保険料はその時々の為替レートでドル換金して支払うので、円高ドル安のときも円安ドル高のときもその時点でのレートで積み立てることになります。

そうすれば、最後に保険金・解約返戻金を受け取る時にたまたま円高ドル安でも、損をするリスクは低くなります。

つまり、長い期間にわたって少しずつ払込を続けること自体が、相当なリスクの分散につながるわけです。

ドル建ての保険自体の利率がよく、為替の影響をカバーして余りあるともいえます。

一方、外貨建てには契約時に保険料を一括払いするタイプ(一時払い終身保険など)もありますが、この場合も加入期間を長くすることによってお金が大きく増えていくので、最後にお金を受け取る時の円高ドル安による損失をカバーできる可能性が高くなります。

為替リスクと対処法については、詳しくは「為替リスクとは?運用方法で異なるリスクの中身と対処法」をご覧ください。

まとめ

元本保証のある資産運用の方法について紹介しました。

紹介した方法を利用すれば、基本的に元本割れを心配することなく安全に資産運用することが可能です。

ただし、それぞれあわせて紹介した例外的なケースにより、必ずしも元本割れする可能性がゼロではないので注意しましょう。

また、元本保証がなくても利率の良い保険商品を「利率のいい保険の種類と選び方のまとめ」で紹介しているので、興味があればあわせてご覧ください。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る