法人保険を検討する時に重要な解約返戻金と返戻率とはどういうもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0001_016121

法人保険を調べていると「解約返戻金」「返戻率」という言葉がよく出てくると思います。

保険本来の目的は万が一の保障ですが、法人保険は節税や退職金を貯めるなど保障以外の目的で加入をすることがあります。その時に重要なのが解約したときの解約返戻金です。

そして法人保険を比較するときに重要なのが解約返戻金の返戻率です。簡単にいうと将来解約返戻金がどれくらい戻ってくるのかを%で表したものです。

今日は法人保険の解約返戻金と返戻率について解説します。法人保険を検討する時に抑えておかなければいけないことなので是非ご覧ください。

法人保険で重要な解約返戻金と返戻率

法人保険を調べていると解約返戻金や返戻率という言葉がたくさん出てきたと思いますが、法人保険を検討する時に必ず抑えておきたい用語です。それは特に法人税の節税や将来の退職金目的で加入するときには将来その保険を解約する可能性が高いからです。

つまり、支払った保険料が将来どれくらい戻ってくるのかが商品を選択する上で重要になります。

解約返戻金とは

解約返戻金とは保険を解約したときに戻ってくるお金のことです。法人保険は解約返戻金のある商品が多くあります。逆に「掛け捨て」と呼ばれるのが解約返戻金がない商品になります。

法人保険の解約返戻金のある主な商品は以下のようになります。

  • 逓増定期保険
  • 長期平準定期保険
  • 養老保険
  • がん保険など

返戻率とは

返戻率とは解約返戻金の戻り率になります。簡単にいうと保険料を支払っていき、将来解約をしたときにどれくらい戻ってくるかです。例えば5年間で保険料を1,000万円支払い、解約して1,000万円そのまま戻ってきたら返戻率は100%です。

計算式は以下のようになります。

返戻率計算式

例えば以下のような契約だと、、、

長期平準定期保険

  • 年齢:40歳男性
  • 売上:1億円
  • 保険金:1億円
  • 保険期間:99歳
  • 保険料:204万円

この契約の場合、保険料を毎年年払で約204万円支払っていきます。保険期間が99歳までなので解約しなければ、ずっとこの保険は続いていきます。ただ、掛け捨てではなく解約返戻金が貯まっていきます。どれくらいあるのか以下の表で見ていきます。

解約返戻金表

このように解約するタイミングによって戻ってくる金額がぜんぜん違うのがわかります。特に1番右の単純返戻率は65歳(25年後)のピーク時で100%を越えるのに対して3年ほどで早期解約してしまうと70%~80%ほどしか戻ってきません。

そして、必ず抑えておいて頂きたいのが保険会社、商品、契約内容によって保険料はもちろん返戻率が違うということです。

以下の表をご覧ください。

  • 長期平準定期保険
  • 40歳 男性
  • 保険金額:1億円

長期平準定期保険 返戻率表

このように違いが一目瞭然だと思います。同じ長期平準定期保険で死亡保険金額1億円の契約でも、保険料はもちろん解約返戻金の返戻率がぜんぜん違います。会社の状況そして目的によって選ぶ商品が違います。

契約をするときは目的を明確にして、いつ解約してお金を受取るのかをイメージしておきましょう。

まとめ

「解約返戻金」「返戻率」この2つは法人保険を検討する時に知っておかなければいけないことです。特に法人税の節税、将来の退職金で考えているときは商品を比較するときに重要なので抑えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。