事業保険とは?会社を守る最適な備えをする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0960_008067

会社がピンチに陥った時のために事業保険をお探しなのではないでしょうか?

会社の利益が出始めて軌道に乗ってくると、会社に何が起こるかわからないので、事業保険を検討すべきだと思います。ただ、一概に事業保険と言っても、種類がたくさんあり、活用方法によってはたくさんのメリットがあります。

本日は事業保険の基本的なことからお伝えします。会社を安定して長く永続させるためには、トラブルがあっても対応できるようにしておかなければなりませんので、事業保険を効率的に活用しましょう。

はじめに:事業保険とは

事業保険とは一般的に法人保険とも言われ、活用方法によっては会社を守るだけではなく、法人税の節税であったり、会社の福利厚生で従業員の方の満足度を上げたりと様々な効果があります。

会社で事業保険に加入する主な目的は以下の5つになります。

1. 経営者の万が一の保障
2. 緊急予備資金の確保
3. 損益のタイミングを調節する
4. 経営者の退職金を確実に準備する
5. 従業員の福利厚生によるモチベーションアップ

それでは事業保険でできる5つのことを順番に解説していきます。

1. 経営者の万が一の保障

事業保険の基本的な保障は経営者の方に万が一があったときです。

経営者の方は「自分に何かあったときに会社は大丈夫だろうか」と心配になることもあるでしょう。保険に入ることによって、そういった万が一の時のリスクに備えることができます。

例えば、経営者に万が一があると社内が混乱し、銀行や取引先などからの信用が落ち、融資が止められてしまうなど、経営が危機に立たされることもあります。また、役員や社員への給与や賞与が十分に支払われない可能性もあります。

そんな時に、死亡保険金を受け取ることができるとすれば、そのお金を使って十分に経営の立て直しをはかることができます。

2.緊急予備資金の確保

会社を経営をしていると、何度も現金がなくて不安になった時期があったことでしょう。今は順調でも、いつ天災などの不慮の事態が発生するか分かりません。そんな時のために緊急予備資金を貯めておけるのが、他にはない事業保険の大きなメリットの一つです。

保険会社に保険料として支払っているお金なので保険会社にプールしてある状態になります。解約すれば1週間ほどですぐに手に入れることができます。

上記の事業保障と併せて、万が一会社のキャッシュが少なくなってもすぐに確保することができます。

3.損益のタイミングを調節する

事業が軌道に乗り、利益が出ると法人税が掛かります。現行法では何も対策をしないと約30%(一部を除く)掛かることになります。

会社が事業保険に加入し、保険料を支払うと、その全部または一部を損金にすることができるので、法人税の負担を抑えることができます。

簡単に法人税の仕組みをお伝えすると法人税は法人の利益に課せられるわけではなく。正確には所得に課せられます。

法人所得=益金(課税対象となる会社の稼ぎなど)-損金

つまり、損金を作ればその分所得は減ります。その損金を作れるのが法人保険です。法人保険の保険料は全部または一部が損金として計上できるので所得を減らすことができます。例えば極端な例だと益金が1,000万円あったとしても保険料を年払で1,000万円支払いその保険料が全額損金になった場合、所得がなくなるので法人税が課税されなくなります。

ただし、法人保険は商品によって損金にできる割合が違うので注意しましょう。

法人保険で損益のタイミングを調節する方法については法人保険|節税以上にキャッシュを増やせる7つの魅力的な活用法を是非ご参考にしてください。

4.確実に経営者の退職金を準備する

事業保険はお金を貯めることができるので退職金の準備をすることができます。

将来の退職金準備として会社に現金を内部留保しておくと法人税の課税の対象となってしましますが、上記でもお伝えしたように、毎年支払う保険料は損金算入の対象となり、利益の繰り延べが可能です。

さらに、解約返戻金は将来の退職金として受けとることもできます。このように考えると、単純に会社にお金を貯めてより、保険会社に会社のお金を貯金していると考えて事業保険に加入する方が、大きなメリットがあります。

退職金は老後の生活を支える大切な資金となります。サラリーマンと違って、経営者の方はご自身の退職金はご自身で準備しなくてはなりません。このような時、事業保険は効率よく退職金を積み立てることができる有効な手段となります。

退職金準備については経営者の退職金を約30%多く積み立てられる5つのポイントを是非ご参考にしてください。

5.従業員の福利厚生によるモチベーションアップ

従業員にとって福利厚生の充実は会社に長く働くかを判断する時の重要なポイントになります。より多くの利益を生み出すためには、従業員のモチベーションを保つのが重要です。そこで考えられる方法が福利厚生の充実です。

また、新規採用時も会社の福利厚生の充実により会社を選択する人の増えてきている中で、福利厚生の充実は会社経営いとって重要な1つとなります。

福利厚生はやり方がいろいろありますが、事業保険では、従業員に対する万が一の時のご家族の生活保障であったり、退職金の準備などが考えられます。

福利厚生を目的とした事業保険の活用は、従業員にとっても大きな恩恵を受けることができ、保険料は損金算入ができるので、会社側にとってもメリットがあります。

従業員の福利厚生については従業員の福利厚生に役立つ法人保険3種類の活用法を是非ご参考にしてください。

まとめ

ご覧のように事業保険は万が一の時に会社を守るだけではなく、会社を反映させるための有効な方法でもあります。

ただ、正しく活用しないと会社の将来にとってプラスにならない可能性があるので、会社の状況を分析した上で、正しい選択をしましょう。

事業保険でお悩みの経営者の方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・どんな事業保険に加入したらいいのか分からない
・現在加入中の事業保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を低く抑えたい

もしも、事業保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken

事業保険の無料相談のお申込みはこちらから

会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。