固定費の節約方法|毎月の支払を抑えるために見直すべき部分

固定費というと仕事や会社経営に関わる用語に捉えられがちですが、家庭でも当たり前のように発生しているものであることは言うまでもありません。

生活をしている中で、月額、または年額といったペースで発生する費用は、高すぎると家計を大きく圧迫し、自由に使えるお金が減ってしまいます。

しかし、毎回一定の金額を支払うということは、どのように費用が発生しているのかを把握しやすく、節約できれば確実に効果が出るということでもあります。

今回はそんな固定費について、どのような固定費があり、どうすれば節約できるのかを紹介していきます。

毎月の諸々の支払いが高いを感じている人は、しっかり把握して、生活のムダをなくしていきましょう。

1.固定費にはどのようなものがあるのか

そもそも固定費とは、毎月、毎年請求がくるような、日々の生活に関係なく発生する費用のことです。

例えば家賃や高熱費、携帯代などがこれにあたります。

対となる言葉には変動費というものがあります。

変動費は日々の行いに応じて、金額が大きく変化する費用のことです。

食費や飲み代、ガソリン代や日用品の購入費用がこれにあたります。

では、固定費にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

1つずつ見ていきましょう。

住宅の家賃

賃貸に住んでいる場合、真っ先に思い浮かぶであろう固定費です。

月一定額の支払いであり、支払いが滞ると物件から追い出されるなど、様々な問題が生じます。

家賃を抑えるとなると引越しが絡んでくるので、固定費の節約という観点では手を出しにくいものといえます。

水道光熱費

電気代や水道代等も、毎月支払うことになる基本的な固定費ですね。

厳密に言うと、まったく値段変動がない固定費と言えるのは基本料金の部分だけなのですが、今回は変動する部分も入れて固定費とすることにします。

節約というと何かと話題にされやすい項目であり、比較的コントロールしやすい費用であるといえます。

通信費

携帯電話や自宅のネット環境、ポケットWi-Fiなど、が含まれます。

現代の社会環境ではなくてはならないものになってきていますが、固定費の節約という観点ではかなり見直す部分がある費用です。

各種保険料

生命保険や損害保険、自動車保険などが該当します。

年を取り、家族が増えていくにつれて必要性を感じるものが増えていき、徐々に金額が上がっていく固定費であるといえるでしょう。

保険は契約時や見直し時にしっかりと契約内容を確認することで、大きく抑えることができる可能性があります。

子どもの教育費

子どもがいる場合、彼らの学費や給食費が固定費として発生します。

それだけではなく、スポーツや音楽などの習い事や学習塾の月謝も、ある種固定の教育費用とみることができます。

簡単にコントロールできる部分ではなく、節約という観点では手を出しにくい固定費であるといえるでしょう。

車関連の費用

自動車は交通手段として便利ですし、住んでいる地域によっては必須のものであるといえるでしょう。

しかし、車は持っているだけで維持費がかかるという厄介な欠点を持っています。

駐車場代や車検代など、簡単には費用が抑えられない費用で構成されているのもポイントです。

各種ローンなど

住宅ローンや自動車のローン、娯楽でいうなら楽器や家具など、大きな金額の買い物でローンをしているなら、その支払いも固定費であると考えましょう。

また、クレジットカードの支払いをリボ払いや分割払いにしている場合も、固定費とみなすことができるできます。

あまり直視したくない部分ですが、見直す余地は十分にあるでしょう。

定期的に支払っている諸費用

その他、事務や個人の習いごとの月謝、月額のサービスの利用費等も固定費を考えることができます。

娯楽が大きく絡んでくる部分なので、節約はしやすそうです。

2.固定費の節約方法を紹介

固定費にどのようなものがあるのか分かったところで、固定費の節約方法について紹介します。

固定費の節約方法には、誰にでも該当するであろう節約しやすいものが4種類、人によっては節約出来るであろう節約方法が2種類あります。

詳しく見ていきましょう。

2.1.節約しやすい固定費は4種類

先述してきた固定費の中には節約しやすいものとしづらいものがあります。

例えば、子供の教育費は子供の意思や親としての感情が介在するため、そう簡単に抑えられるものではありませんよね。

逆に節約しやすいものは、契約変更などで費用が抑えられても、その機能自体には大きな変動がないものです。

上記にまとめた中でそれに該当するのは、

  • 通信費
  • 保険料
  • 各種ローン

の3種類です。

それぞれ見ていきましょう。

①通信費

携帯代は契約の見直しで安くなる可能性がある

現代の日常生活には欠かせない携帯電話ですが、契約内容を見直すことで、月々の費用が安くなる可能性があります。

例えば、最近ではアプリケーションの発展により、電話機能による通話よりもLINEやスカイプなどの機能を使って通話することが増えてきています。

これらのアプリケーションでの通話は携帯の通話料金ではなく、パケット使用料に分類されます。

つまり、通話のほとんどを上述のようなアプリケーションで済ませている人の場合、通話が関わる基本料金については安くしても困らないことが多いのです。

さらに、パケット使用料についても、ポケットWi-Fiのような持ち運べるWi-Fiルーターを上手に使えばそこまで大きな使用料になることもないので、契約内容を安いものに切り替えたり、格安携帯に切り替えることもできるでしょう。

自宅ネットも持ち運べるWi-Fiルーターで対応

また、自宅のネット環境についてもポケットWi-Fiを利用するようにすれば、固定の回線は必要なくなるので、その分の費用を抑えることができます。

筆者自身、家のネット環境を導入せず、持ち運べるWi-Fiルーターで対応していますが、ほとんど不自由を感じたことはありません。

結果的に携帯代、自宅の固定ネット環境の2つを抑えることができるので、効果的な節約方法であるといえるでしょう。

その他、通信費について詳しく「通信費はどうすれば節約できる?節約方法まとめ」をご覧ください。

②保険料

保険料も契約の見直しで安くなる可能性がある

生命保険や家の損害保険、自動車保険等、人生を重ねるごとに加入するものが増えていく傾向がある保険ですが、契約時に誰かに相談することもなく、何となくでサインしてしまってはいませんか?

もしそうなのであれば、契約の見直しを行うべきでしょう。

保険は加入する目的をはっきりさせると、契約プランの取捨選択がしっかりと行えるようになります。

例えば、万が一の時に備えて定期保険に入っていたとします。

定期保険は契約満了の度に更新の手続きをすることになりますが、その度に保険料がどんどん高くなっていきます。

これを収入保障保険に切り替えれば、満了に近づくにつれてもらえる保険料は少なくなりますが、少ない費用で万一に備えるという目的をしっかり果たすことが可能です。

詳しくは「収入保障保険とは?必ず知っておきたい特徴とメリット・デメリット

上記の例のように保険は知れば知るほど、自分の目的を安く叶えるような活用方法が可能になります。

保険料を抑えたいと考えている人は、自身が加入している保険の種類やプラン内容いついて調べてみると良いでしょう。

もし自分一人では考えるのが難しいという場合は、専門家の知恵を借りてみるのも1つの手です。

③各種ローン

次に各種ローンについてです。

ローンについては節約の方法として代表できなものとしては、「繰り上げ返済」と「借り換え」があります。

繰り上げ返済で早く返済してしまう

基本的にローンの利息は、以下のような計算式で算出されます。

  • 借りた金額×金利÷365日×借りた日数=利息

この式からわかるように、ローンは借りている日数が長いほど多くの利息を払わなければいけないようになっているのです。

繰り上げ返済とは、簡単に言えば当初の計画より短い期間でローンを返済するようにするということになります。

短い期間で返すことで、安い金額でローン自体を終わらせて、固定費の項目から消してしまおうという考え方ですね。

他の部分で節約できたお金を、繰り上げ返済に使うというのも有効な手段です。

借り換えで金利を安くする

借り換えは、単純に金利が安いローン会社に返済先を切り替えるということです。

金利が安いローン会社を探すまでに骨が折れる可能性がありますが、効果的に月々の費用を減らすことができる手段であるといえるでしょう。

月々のローンにかける費用が高いと感じている人は、検討してみる価値があるといえます。

④水道光熱費

最後に水道光熱費についてです。

水道光熱費は自治体によってはカード払いできる場合があります。

クレジットカードでの支払いは、基本的にポイント還元があるため、結果的に毎月支払うことになる水道光熱費をお得にすることが可能です。

その他、水道代は「水の仕様を控える工夫をする」、電気代は「家電の使い方を改める」、ガス代は「電気製品をうまく使う」ことで、ある程度抑えることができます。

また、電気とガスについては小売り自由化となってから、会社を自由に選べるようになっているので、現在契約している会社よりもお得な会社を探してみるのも良いでしょう。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

参考

2.2.人によっては考える価値のある節約方法

ここからお話しするのは、一部の人にあてはまるであろう節約方法です。

①家賃の安い家に引っ越す

1人暮らしの場合や持ち家がない場合、検討することができる節約方法です。

そもそも家を変えてしまえば、固定費の中で大きなウェイトを占める家賃を減らすことができます。

しかし、この方法は初期費用として引っ越し代がかかるため、手軽に取り組める節約方法をは言えないのが欠点です。

また、固定費節約のために引越しを行う場合は注意点があります。

それが健康保険料などや住民税など、自治体ごとで金額が変わってくるものです。

もし家賃が安い家に引越しをしたとしても、上述のような費用が高くなってしまっていては効果が薄くなってしまいます。

引越しを検討する際は良く確認しましょう。

②自動車は本当に必要か

数ある固定費の中でも、自動車関係の費用は持っているだけで発生するという大きな特徴を持っています。

しかも、車検代や駐車場代等、車の種類や地域によっては相当大きな金額になる場合がありますよね。

固定費節約の際、一度検討してみるべきなのが「そもそも自動車は必要なのか」ということです。

ドライブが趣味であったり、通勤には欠かせない、土地柄自動車がないと不便であるなどという場合は、必要ということになりますが、買ったはいいもののそんなに乗っていなかったり、都内に住んでいて交通網が発達しており、自動車がなくても不便ではないといった場合は、一行の余地があります。

自動車の所有が家計をどの程度圧迫しているのか、それに見合った価値があるのか、よく考えてみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

固定費の節約についてお話ししてきました。

固定費は生活していく中で必ず発生してしまうものですが、通信費や保険料など、節約しやすいものがあるのも事実です。

また、家賃や自動車関連の費用など、人によっては節約することができるものも存在します。

一度自分の世帯の固定費はどのようになっているか、細かく洗い出してみると、意外な出費に気が付くかもしれません。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る