全期前納ってなに?メリットとよく似てる一時払いとの違い

保険料を支払うやり方として一般的な月払い・年払いなど以外に「全期前納」があります。

保険のことを詳しく知っている方でないと耳慣れない言葉でしょう。

ここでは、全期前納とはどんなものかや、どんなメリットがあるのかを解説しています。

また全期前納とよく比較される「一時払い」との違い、使い分けについてもまとめています。

1.全期前納とは?

全期前納とは保険料の支払い方の1つです。

保険料の支払いというと最も一般的なのは「月払い」で、その他に1年分をまとめて支払う「年払い」、半年分をまとめて支払う「半年払い」があります。

それに対して全期前納は、その保険の保険期間に必要となる保険料を前払で全額まとめて「預けておく」方法です。

保険会社は預かった保険料のなかから、毎年1年分を切り崩して保険料を充当します。

生命保険料控除は、毎年、充当された分の額について受けられます。また、途中で解約した場合、充当されていない分の額は全額返ってきます。

なお全期前納と同じように、契約時に保険料をまとめて保険会社に納めるやり方として「一時払い」があり、なにが違うのか疑問に思っている方も多いでしょう。

実は一時払いと全期前納は全く違うものです。詳しくは後で改めてお伝えします。

2.全期前納のメリットはどんなものか?

全期前納は保険料の全額を契約時に預けるわけですから、それなりの資金が手元にないとできません。

大金を最初に支払うのであれば、それに見合ったメリットも知っておきたいところです。

2-1.ほかの支払い方法と比べて保険料の総額が安くなる

重要なメリットは、月払い・年払い・半年払いといった他の支払い方法と比較して、保険料の総額が安くなり貯蓄の効率が多少良くなることです。

保険料は、より長い期間の分をまとめて支払った方が、総額で比べると安くなります。

月払いより半年払い、半年払いより年払いにする方が総額でみるとお得です。

保険料をまとめて最初に納める全期前納は、年払いよりさらに保険料の総額が安くなります。

これが全期前納のメリットと言えばメリットです。

ただあらかじめ結論を言うと、ほかの支払い方法に比べて全期前納で劇的に保険料が安くなるわけではありません。

以下、実際の契約例をもとに、どのくらいの差があるのか紹介します。

2-2.全期前納はどのくらいお得か?

実際の契約例をもとに全期前納払いがほかの支払い方法と比べてどのくらいお得かみていきましょう。

A社の終身保険(2019年3月時点)を月払い・全期前納払いにした場合の例を紹介します。

契約の条件を以下の通りとします。

  • 契約者:30歳男性
  • 保険期間:終身
  • 保険金額:500万円
  • 払込期間:60歳まで
  • 保険料:(月払い)月額10,870円、(全期前納)一括で3,784,979円

2-2-1.全期前納と月払いの比較

この場合の返戻金・返戻率はそれぞれ以下の通りです。

【全期前納】

【月払い】

比較してみると、全期前納の方が払込保険料の総額が128,221円安く、そのために、31年後~45年後の解約返戻金の返戻率も4%程度アップしています。

このように確かに全期前納払いの方がお得になってはいます。

2-2-2.全期前納は実はそんなにお得ではない

ただ返戻率が100%を超えるまで30年という長い時間がかかり、その間、まとまった資金が拘束されることをあわせて考えると、正直なところそれほど大きなメリットとは言えません。

30年もあれば、まとまったお金が必要となる機会が出てくる可能性も高いことでしょう。

そんなときに全期前納でまとまった資金を納めておくと、それが足かせになってしまうこともありえます。

たしかに、全期前納は他の支払い方法と比べて保険料総額が少し安くなりはしますが、それが自分にとってどれだけのメリットなのか考えてみることをおすすめします。

3.一時払いと全期前納の違いは?

全期前納とよく比べられるのが「一時払い」です。

一時払いと全期前納は、いずれも「契約の際に、保険料の全額をまとめて保険会社へ納める」点で共通しています。

そのためどう違うのか迷われる方も多いようです。

あらかじめ結論を言うと、一時払い・全期前納は保険料の取り扱い方が異なりますが、それ以前に保険の商品自体が異なります。

ここでは、以下の2つにわけて、両者の違いを解説します。

  • 保険料の取り扱い方の違い
  • 保険の種類・活用目的の違い(特に重要)

3-1.保険料の取り扱い方の違い

一時払い・全期前納の保険料の取り扱い方の違いは、解約した時の扱いをみると分かりやすいです。

一時払いはあくまで「支払う」という形なので、解約時には「解約返戻金」が戻ってきます。

一方の全期前納は、保険料を「預ける」という形なので、解約した場合、保険期間が経過した分については「解約返戻金」が戻ってきますが、経過していない分の残額は全額そっくりそのまま契約者へ戻されることになります。

また、生命保険料控除を受けられる回数は、全期前納と違い1回だけです。

けれど実際のところ、これらの差はそれほど重要ではありません。

そもそも、一時払いと全期前納では保険の種類・活用目的自体が異なるからです。

3-2.保険の種類・活用目的の違い(特に重要)

全期前納・一時払いは、それらをえらぶ保険の種類・活用目的が根本的に異なっています。

正しくは、以下の通りです。

  • 一時払い:「一時払い終身保険」という保険商品
  • 全期前納:「終身保険」という保険商品の保険料の払い方の一種

たとえば全期前納や月払いをえらべる「終身保険」の目的は、保険と一緒に「貯蓄をしたい」ということです。

一方、「一時払い終身保険」は、ふつうは貯蓄性自体があまり高くありません(ただし、米ドル建て一時払い終身保険の中には貯蓄性を重視したものもあります。詳しくは「一時払い終身保険のメリットと選び方」をご覧ください)。

B社の一時払い終身保険(2019年3月時点)を例に、どのくらいの貯蓄性があるかみてみましょう。

契約条件を以下のように設定します。

  • 契約者:30歳男性
  • 一時払い保険料:1,000万円

こちらの保険の解約返戻金・死亡保険金は以下の通りです。

いかがですか?

契約してから11年目から返戻率が100%を超えるものの、返戻率は全期前納をえらんだ場合の終身保険と比較してお世辞にも高いとは言えません。

つまり貯蓄を目的にするのであれば一時払い終身保険より、月払いや全期前納ができるタイプの終身保険の方が適しているということです。

3-2-1.一時払い終身保険の活用目的は「相続税対策」

一時払い終身保険は貯蓄ではなく相続税の対策として使われます。

一時払い終身保険を利用することで、相続税の対象となる財産評価を引き下げたり、お金を受け取れる遺族を確実に指定できたりするメリットがあるからです。

一時払い終身保険を使った相続税対策のメリットに関しては「相続対策でお悩みの方必読!一時払い終身保険4つのメリット」にくわしくまとめてあるので、興味がある方はあわせてご覧ください。

また、貯蓄性を重視した「米ドル建て一時払い終身保険」については「一時払い終身保険のメリットと選び方」をご覧ください。

まとめ

全期前納とは、保険料を一括で保険会社へ預ける方法です。

一般的な月払い・年払いと比べて保険料の総額が安くなるメリットがあるにはあります。

ただ、お得になる額はそれほど大きくはなく、全期前納でまとまった資金が長い時間拘束される注意点とあわせて考えると、重要なメリットとは言えません。

全期前納をえらぶ際は、対象の保険で月払いなどと実際にどれだけ保険料総額が安くなるのかみた上で決定することをおすすめします。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る