決算月を決める時に意識すべき3つのポイント

会社を設立する際、決算月を決定することになります。

決算月は任意で決定が可能で、3月や9月、12月に設定している会社が多いです。

大多数の会社に習い、何も考えずに上記の月に設定する人も多いでしょう。

実は決算月の決め方ひとつで、法人税の負担額が変わってくる可能性があります。

今回はそんな決算月の決め方について、

  • 繁忙期
  • 資金繰り
  • 節税対策

の3つのポイントを基準に解説していきます。

これから起業を考えてる方や、決算月について特に意識していなかった経営者の方は、是非目を通してみてください。

1.決算月は経営者が好きに決められる

決算月は経営者が任意で決めることができます。

事業年度は最長で1年間と決められているため、設立した月の前の月を決算月とすることで、1年目の事業年度期間を最長にすることが出来ます。

例えば4月設立で9月を決算月にした場合などは、初年度の事業期間は6ヵ月となり、短くなってしまいます。

多くの企業では決算月として都合の良い月の月末までを事業年度として設定し、2期目以降は1年間を事業年度として設定します。

国税庁の調査によると、資本階級が200万円以上の起業の場合、3月・9月・12月に決算月を設けていることが多いです。

参考:「決算期月別法人数(国税庁HP)

何故これらの月に決算を行うのか、その理由についてみていきましょう。

①決算月を3月にする理由

国や地方自治体等の公共機関では、決算月を3月にすることが多いです。

公共事業を受注する企業では、それに合わせて決算期を3月にしているケースが多く見られます。

また、こまめに改正される税法に対応するためというのも理由の一つと言えるでしょう。

税法は法改正があった場合、4月1日から施行されることが多いです。

4月が期首ではない企業では、事業年度の途中で新法に対応した仕分けをする必要あります。

事務処理を複雑にしないためにも、決算月を3月にしているというわけです。

②決算月を9月にする理由

9月は監査法人や税理士の閑散期であるため、事務処理の負担を減らすために、決算月を指定するという企業も多いです。

逆に3月は多くの企業が決算月に設定しているため、監査法人や税理士にとっては繁忙期である可能性が高いといえます。

③決算月を12月にする理由

個人事業主は、事業期間が1月1日から12月31日までと法律で定められており、年度の所得について、翌年の3月15日までに申告し、かつ納付しなければなりません。

個人事業主から法人化した場合は、個人事業主の時の決算の流れに乗っ取って、12月を決算月にする場合が多いです。

1.1.決算月は変更が可能

決算月は一度設定した後でも変更が可能です。

実は決算月は、定款に必ず載せなければならない項目である「絶対的記載事項」ではなく、会社の本質に反しない限り自由に定めることのできる「任意的記載事項」です。

よって公証役場で定款の認証を受ける必要や登記をする必要はありません。

決算期の変更をする場合は株主総会で3分の2の賛成を得る必要があります。

総会での決議後に、定款の変更と、務署や都道府県税事務所への届出をすれば、決算月の変更は完了です。

2.決算月の決定に関わる3つのポイント

決算月が任意で決定でき、変更も可能であることが分かったところで、ここからは決算月を決定する際に意識すべき3つのポイント、

  • 繁忙期を避ける
  • 資金繰りが楽な時期に決算期を合わせる
  • 節税対策する時間を設ける

についてみていきましょう。

2.1.繁忙期を避ける

決算月を迎えると、2ヶ月以内に法人税等の確定申告を行い、納税する必要があります。

自社内で決算書の作成や確定申告の準備をする場合、毎月こまめに損益計算していたとしても大変な手間になることは避けられません。

そこに繁忙期が重なってしまうと、ただでさえ煩雑になっている事務処理に更なる負担をかけてしまいます。

また、税理士などに決算処理を任せている場合でも、税理士の繁忙期に重なってしまうと、スムーズな決算処理ができない可能性が高いです。

繁忙期がある程度把握できるようになったら、決算月を閑散期に変更することを検討してみましょう。

2.2.資金繰りが楽な時期に決算期を合わせる

決算後、法人税等の税金は2ヵ月以内に納付する必要があります。

納税により会社のキャッシュフローが圧迫されないよう、決算期は資金繰りが楽な時期に決算期を合わせると安心です。

特に掛売を行っている企業の場合、繁忙期の売掛金が現金として入ってくる時期に合わせることで、余裕をもった納税を行うことが出来るでしょう。

2.3.節税対策する時間を設ける

季節によって売り上げが大きく上下する業種の場合、売り上げの大きな月が期首にくるように決算月を調整することで、節税対策する時間を作ることが可能です。

逆に期末近くに大きな利益が出るようだと、満足に節税対策もできずに決算を迎えてしまう為、より多くの税金を支払うことになってしまいます。

上記のポイントを意識した上で、各々の会社に合った決算月を考えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

決算月の設定は法人税等の支払いに関わるため、会社のキャッシュフローを見ていく上で重要なファクターとなります。

大きな支払いが発生する可能性がある月と決算月を重ねるのはキャッシュフロー的に危険度が高いです。

決算処理は事務処理担当の負担が大きい為、繁忙期と被っているようなら変更を検討しましょう。

また、売り上げの大きな月を期首に寄せることで、税金対策をする時間を作ることが可能です。

多くの企業が3月・9月・12月を決算月に設定している理由もお話ししてきました。

取引先に合わせる為や、監査法人・税理士の閑散期を狙う為だったりと、合理的な理由を基にこのような統計が出来ていることが分かったと思います。

これからの起業を考えている、または既に経営者であり、決算時の負担の多さや税金によるキャッシュフローの問題を抱えているという人は、是非決算月を今一度見直してみてください。

決算月が少しずれるだけで、様々な問題が一気に解決するかもしれませんよ?

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。

※(2019年8月6日追記)本書における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、旧通達のルールを前提としております。また、紹介している法人保険の商品は、2019年2月以前に販売されていたものです。

2019年6月30日に国税庁が新たな通達を発表しており、また、保険会社各社もそれに合わせて2019年8月以降に順次、販売再開、あるいは新商品の販売を行うことになっております。詳細はお問い合わせください。また、新たな通達のルールの概要については、国税庁HPにおいて通達をご確認ください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken


ご相談はこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る