がん保険の価格はどれくらい?気になる目安

がん保険に加入しようと思っているけれど、がん保険の価格ってよくわからないですよね。

がん保険の保険料は加入する年齢や保障なプランや特約によって大きく異なってきます。

そこで今回は記事では実際に保険商品を例に挙げて保険料のシミュレーションをしたいと思います。

あくまで目安ですので参考としてご覧ください。

はじめに:がん保険はどういうもの?

がん保険とはがんと診断されたら契約内容に応じて給付金が支払われるものです。

基本的な保障内容は以下のようになります。

  • 診断給付金
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金
  • 通院給付金

基本的ながん保険の形ですが商品によっては特約という形で保障をプラスすることができます。また、あくまでも1番多いがん保険のパターンになりますので商品によって内容に違いがあります。

内容については後ほど「2.がん保険の保障内容と種類にはどんなものがあるの?」で詳しく解説しています。

1. がん保険の価格はいくら?

では実際に保険商品を例にがん保険の月額保険料をご紹介します。

今回はわかりやすい保障内容の保険を例に挙げたいと思います。
あくまで目安ですので、ご参考程度にご覧ください。

1-1. がん保険の保障内容

このような保障内容で月額保険料をシミュレーションしてみましょう。

gan-kakaku

gan-plan

1-2. 年齢で保険料を比較

今度は先ほどと同じ内容で年齢別に比較したいと思います。

男性30歳~70歳までの月額保険料は以下のように推移していきます。

gan-hikaku-m

女性30歳~70歳までの月額保険料です。
※女性と限定の特約を付加すると保険料は異なります。

gan-hikaku-w

※この保険料はがん先進医療特約を付加してある保険料です。
※特約は10年ごとに更新があり、保険料は更新時の満年齢、保険料率によって決まります。
※あくまで保険料の目安としてご参考ください。

2. がん保険の保障内容と種類にはどんなものがあるの?

まずはがん保険の保障内容にはどのようなものがあるのか、知ってきましょう。

2-1. がん診断給付金

がんと診断された時点で給付されるのが、がん診断給付金です。 がん保険は「がん診断給付金」があり、50万円~100万円と設定されているところが多いです。

中には、「入院給付金日額 × 100倍」と設定されているところもあります。

診断給付金の加入する前に確認しておきたいポイントとしては、

  • 診断給付金は初回のみの給付か、それとも複数回か
  • 上皮内新生物は給付金の対象になるのか
  • 給付金が複数回支払われる場合は何年に1回か

の3点となります。

上皮内新生物とは?

上皮内がん、上皮内腫瘍とも呼ばれています。 浸潤とはまだがん細胞が他の細胞に広がっていない状態を指します。

 

gan-jyohi

 

上皮内がんは血管やリンパ管が通っていないため、転移をおこすことはありません。 進化しなかったり、症状が消えてなくなったりします。

2-2. がん入院給付金

入院給付金はほとんどのがん保険では、日額1万円~2万円が給付されます。 基本的には日数は無制限です。

医療保険の入院給付金は1回の入院に限度日数(60日)が設定されています。

2-3. がん手術給付金

がん治療で手術した場合に、支払われる給付金のことです。 一回の手術に対し、10万円又は20万円の給付金が出ます。 入院日額給付金 × 20倍が給付金として受け取れるところもあります。

2-4. がん通院給付金

医療保険には通院特約が付加されているケースは少ないですが、 がん保険は通院治療をすることも多いため、通院特約が付加されているケースが多いです。

通院をすると1日10,000円という形で設定した金額が給付金として支払われます。

通院給付金の確認ポイント

  • 通院の保障期間
  • 入院でなくても、通院すれば給付金の対象となるか
  • どの治療でも給付金の対象となるか

この3点を確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
がん保険の保険料は年齢や保障内容などにより、大きく異なります。
色々ながん保険を知りたい方は、「価格.com」でも調べることができます。

自分にどのプランが合っているのか不安がある方は、是非専門家にご相談ください。

がん保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリのがん保険を選んで加入したい
・現在加入中のがん保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんながん保険に加入すればいいのか分からない

もしも、がん保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


がん保険の無料相談のお申込みはこちら

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
保険の教科書編集部

保険の教科書編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る