日帰り入院とは?通院との違い

医療保険について調べたり、パンフレットなどを眺めていると、「日帰り入院」という言葉が眼に入ります。

日帰り入院とはその名の通り、入院した日に退院する入院のことなのですが、自身が受けた治療が日帰り入院なのかどうか、分からないという人も多いでしょう。

実は、自身が受けた治療が日帰り入院なのかどうかは、治療費の内訳を見ることで判別することになります。

今回は、日帰り入院とは何か、どのような治療を受けると日帰り入院になる可能性があるのかなどを紹介していきます。

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。

1.日帰り入院とは

日帰り入院の定義は以下の通りです。

  • 治療費に「入院基本料」が含まれている
  • 入院日と退院日が同じ日である

基本的に、入院か否かを判断する基準は、「入院基本料」を支払っているかどうかで決定します。

つまり、いわゆる通院と同じように、病院で治療を受け、その日のうちに病院を出たとしても、治療費の内訳に「入院基本料」が含まれていれば入院という扱いになるのです。

治療が日帰り入院になるかどうかは、実際上は医師の判断に依存しているため、基準を定めるのが難しくなっています。

日帰り入院になる可能性がある手術

近年では医療技術の発展により、日帰りで行える手術が増えてきています。

そういった手術については日帰り入院として扱われる可能性が高いので、治療費の内訳をしっかりと確認しておきたいところです。

後述しますが、多くの医療保険では日帰り入院でも入院給付金を受け取ることが可能なので、医療保険に加入している場合は特に確認を忘れないようにしましょう。

日帰りで行える手術には以下のようなものがあります。

  • 鼠径ヘルニア
  • 痔疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 内視鏡検査(二次検診等)
  • 内視鏡的ポリープ切除
  • 抗がん剤等の化学療法
  • 腱・靭帯の手術
  • 上肢の骨折によるインプラント固定手術
  • 親知らずの両側抜歯(全身麻酔下)
  • 口腔内腫瘍切除術等

これらの手術を行った上で、医師が入院が必要と判断した場合は「入院基本料」が発生します。

ただし、外来のベッドを使用して人工透析・点滴・手術を行った場合や、単なる休養・覚醒などが目的で入院施設を使用した場合は、入院として扱われないケースがほとんどです。

2.医療保険における日帰り入院の扱い

医療保険は、入院や手術をした際にあらかじめ決められた保険金が受け取れる保険です。

基本の保障としては、以下のようなものがあります。

  • 入院給付金
  • 手術給付金

入院給付金は基本的に「1日●円」で設定されており、設定された金額に入院日数を掛け合わせた金額を受け取ることが可能です。

手術給付金は、手術をした際に受け取ることができる給付金で、手術回数の分だけ設定した金額を受け取ることができます。

入院給付金は、ほとんどの場合日帰り入院でも受け取ることができます。

先に述べましたが、「入院基本料」が治療費に含まれているかどうかが日帰り入院の判断基準となるので、医療保険に加入している場合は治療費の内訳を確認するようにしましょう。

また、手術給付金についても、日帰り入院かどうかで金額が変化する場合があります。というのも、手術給付金は入院時と外来時で別の金額を設定されていることが多いのです。

基本的には入院時の方が給付金のが金額は高額になっていることが多いので、日帰り入院と判断された方が多くの金額を受け取ることができます。

2.1.中には日帰り入院で給付金をもらえない保険もある

先述したように、ほとんどの医療保険では日帰り入院で入院給付金を受け取ることができますが、中には免責期間が設けられていることにより、給付金を受け取れない保険も存在します。

古い医療保険に多いのですが、例えば、約定に以下のような記述がある場合、日帰り入院では入院給付金を受け取ることが出来ません。

  • 継続して2日以上(1泊2日以上)入院したとき、1日目から支払い対象
  • 継続して5日以上入院したとき、1日目から支払い対象
  • 継続して5日以上入院したとき、入院5日目から支払い対象

共通しているのは、入院給付金を受け取るためには一定期間以上入院している必要があるということです。

2.2.日帰り入院か否かはこちらの判断では不可能

保険の営業マンの中には、「病院に半日くらいいるなら日帰り入院にしてもらわないと損ですよ」という人もいます。

確かに、日帰り入院にしてもらえば給付金が下りる分、お得であると感じる人も多いでしょうし、保険に入った意味を体感することもできるでしょう。

しかし、日帰り入院になると入院基本料がかかってくるので、入院給付金を受け取ったところでほとんどお金は残りません。

手術給付金については入院と認定された方が多くもらえる場合が多いので、意味はあるかもしれませんが、そもそも日帰り入院になるかどうかは、患者側の裁量で決まるものではありません。

まとめ

日帰り入院なのか単なる通院なのかは、治療費に「入院基本料」が入っているかで判別ができます。単なる休養や覚醒のためにベッドに寝ただけでは、入院として扱われません。

また、日帰り入院になるかどうかは実際上、医師の判断にかかっています。

なお、古い医療保険の場合、日帰り入院では入院給付金が受け取れないものが多くなっています。

医療保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの医療保険を選んで加入したい
・現在加入中の医療保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな医療保険に加入すればいいのか分からない

もしも、医療保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


医療保険の無料相談のお申込みはこちら

その保険は不要?誰でも使える7つの社会保障制度

日本では、民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・自分に万が一のことがあった時に遺族が毎月約13万円を受け取れる。
  • ・仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を受け取れる。
  • ・出産の時に42万円の一時金を受け取れる。
  • ・医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気付かないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで、誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

TOPに戻る