老後資金の貯め方|保険で最もお得で確実に貯める4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0002_010010

あなたは、老後の生活資金について不安を抱えているのではないでしょうか。公的年金が信用できない今、どうやって老後のためのお金を貯めていけばいいのか、迷うことと思います。

安定してお金を貯めていける有効な手段の一つに、保険があります。ただし、一言に保険といっても多くの種類があり特徴も様々です。なので、保険を活用するなら、そのメリット・デメリットを理解し自分に合ったものを選ぶ必要があります。

この記事では、老後資金を保険で貯める最適な方法と、どんな人が保険を使うのに向いているのかなど、保険の活用を考える上で知っておくべきことをお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。

はじめに|保険を使って老後資金を貯めるのがおすすめな人

この記事では、老後資金を保険で賢く貯めていく方法をお伝えしますが、はじめに私が考える保険を活用するのをおすすめする人とそうではない人をお伝えしたいと思います。

おすすめする人

  • 保険で保障を受けながらお金を貯めていきたい人
  • 貯金できる自信がない人
  • 安定してお金を貯めていきたい人

この3つに該当する方は記事を読み進めていただき参考にしてください。

おすすめしない人

  • 将来お金を大きく増やしたいと考えている人
  • 保険の必要性を感じていない人
  • 短期(5年以下)で貯めたいと思っている人

この3つに該当する方は、他の金融商品で老後資金貯めていくのをおすすめします。保険よりも、もっとニーズに合った商品があるはずです。

それではここから、老後資金を保険で貯めていく方法をお伝えします。具体的には以下の4つの方法です。

  1. 生命保険も兼ねて積立ができる「低解約返戻金型終身保険」
  2. 安定して貯めていける「個人年金保険」
  3. 利率が高い「外貨建て保険」
  4. 運用によって受取額が変わる「変額保険」

それではさっそく見ていきましょう。

1. 生命保険も兼ねて積立ができる「低解約返戻金型終身保険」

私が老後の資金を貯めるのにおすすめするのが低解約返戻金型終身保険です。名前だけ見るとややこしそうと思われるかもしれませんが、難しい商品ではありません。

簡単にお伝えすると保険料をしっかり払っていくとお金が増え、死亡保障にもなる保険です。

1-1.安定して積立ができる低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険は、運用によるお金の増減がなく、将来もらえるお金は固定されていますので安定して積立をすることができます。

そして、解約をせずに保険料を最後まで払込めばお金が増える仕組みになっています。

逆に言えば、途中で保険を解約をしてしまうと減らされてしまいます。

以下の例をご覧ください。

30歳男性 

  • 死亡保険金額:300万円
  • 月払保険料:19,887円
  • 保険料払込:10年
  • 保険期間:終身

19,887円×12か月×10年=支払保険料総額2,386,440円
・30年後(60歳)の解約返戻金:2,612,400円÷2,386,440円×100=返戻率109.5%
・40年後(70歳)の解約返戻金:2,743,080円÷2,386,440円×100=返戻率114.9%%

終身保険の図

※上記の図はイメージです。

この契約では、月払保険料19,887円を10年間支払っていくと、支払保険料総額が約238万円になります。30年後(60歳)に解約すると解約返戻金は約261万円で、約22万円お金を増やすことができます。このように、最終的に保険料総額よりも多くのお金が受け取れます。

しかも、解約をせずにそのままおいておくと、保険会社が運用してくれるのでお金は増え続けます。70歳時点だと解約返戻金は約274万円で、約35万円お金を増やすことができます。

このように、低解約返戻金型終身保険は、保険料を設定期間まで支払うとお得な商品です。

また、貯まったお金を年金で受け取ったり、介護年金にしたりできます。

しかも、生命保険で死亡保障が付いているので、もし途中で万が一があれば300万円の保険金が支払われます。

ただし、保険料払込期間が終わる前に解約してしまうと、戻ってくるお金は保険料総額よりも減ってしまうので注意が必要です。しっかりと払っていけるだけの保険料を設定するようにしましょう。

1-2.インフレにも対応できる利率変動型

保険で積立をしていくとインフレに弱いといわれますが、低解約返戻金型終身保険の中には、景気が上がって金利が上がるとお金が増える利率変動型という商品もあります。

最低保障があるので安心です。

ただし、後ほどお伝えする変額保険や投資信託のような商品に比べると増え方は小さいです。もし、リスクを承知で増やしたいというのであれば、そういった商品のほうがインフレに対応しています。

利率変動型終身

例えば上記の商品の場合、10年ごとに利率の改定が行われ、金利が一定の基準を上回るとその分解約返戻金が増えていきます。このような商品もありますので、リスクを取らずに積立をしたい方にはおすすめです。

1-3.低解約返戻金型終身保険2つのデメリット

ここまでいい話ばかりをして「デメリットはないの?」と不安になった人もいたかもしれません。そこで最後に注意しておきたいデメリットをお伝えしておきたいと思います。

契約をするときには必ず知っておかないといけないことなのでしっかり確認しておきましょう。リスクを軽減する方法もありますのであわせてご覧ください。

デメリット1:途中で解約すると損をする

低解約返戻金型終身保険の最大のデメリットは、保険料の払込期間が終わる前に解約してしまうと、支払った保険料よりも戻ってくるお金が少ないことです。加入年数にもよりますが、途中解約すると解約返戻金は約70%くらいに減らされます。

【補足】デメリットの軽減方法

①保険料払込期間を短くする
保険料の払込期間を短くすれば、中途解約のリスクが減ります。先ほどのプランでは、30歳から60歳まで30年間保険料を払い込まなければいけませんが、払込期間の設定を40歳までにすると、10年だけ保険料を払えばいいので、解約リスクは減ります。

②保険料を無理なく払い続けられる額に設定する
無理な保険料設定は危険です。将来のことを考えて、最後まで支払える金額を設定しましょう。もし急にお金が必要になった場合は、保険会社からお金を借りる契約者貸付制度を利用することを検討しましょう。

※参考「契約者貸付制度とは?活用するとき知っておきたい4つ注意点

デメリット2:保険会社が倒産した場合

保険会社も会社なので、倒産をする可能性があります。ただし、掛けている保険料がなくなるわけではありません。最悪のケースでも、「生命保険契約者保護機構」によってある程度は保障されるしくみになっています。

1-4.一括支払いもできる

保険料支払いは「月払い」を選ぶケースが多いですが、保険料全額を一括払いできる商品もあります。これを「全期前納」といいます。

一括で保険料を全額支払うと保険料の割引率が高くなります。この点については最後に、返戻率を上げる方法の一つとして詳しくお伝えします。

※参考「終身保険とは?今だから知っておきたい本当の活用法

2. 安定して貯めていける「個人年金保険」

老後の積立を目的として作られたのが「個人年金保険」です。これは生命保険というよりも貯蓄商品です。

最大のメリットは所得税の節税になることです。それだけでも実質的にお金が増えるのと同じメリットが得られます。

2-1.個人年金保険とは

個人年金保険は死亡保障の機能をほとんど持たず、老後の貯蓄をするための商品です。コツコツお金を貯めていきたい人、出来るだけリスクを少なくして老後のお金を貯めていきたい人におすすめの保険です。

ただし、低解約返戻金型終身保険と同じく、早期解約をしてしまうと損をしますので注意しましょう。

詳しくは「必見!個人年金保険を検討する人が押さえておくべき全知識まとめ」をご覧ください。

2-2.保険料控除でお得な個人年金保険料控除

個人年金保険に加入をすると保険料の一部を所得から控除できる個人年金保険料控除を受けることができます。これは、1年間に支払った保険料に応じて、一定の金額がその年の所得から差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減される制度です。

所得税の金額は、給与などの所得に一定の税率をかけて金額が決まるため、所得控除により課税所得(課税の対象となる所得)を減らすことによって、所得税と住民税が軽減されます。

生命保険保険料控除は以下の3種類になります

  • 一般生命保険料控除
  • 介護医療保険料控除
  • 個人年金保険料控除

ただし、個人年金保険のすべての契約が控除の対象となるわけではありません。以下のすべての条件を満たし個人年金保険料税制適格特約を付けた保険でなければなりません。

  • 年金受取人が契約者または配偶者のどちらかである
  • 年金受取人は被保険者と同一である
  • 保険料払込期間は10年以上である
  • 年金受取開始が60歳以降で年金受取期間が10年以上である

※参考「個人年金は税金がお得!?知っておきたい控除に関する5つのポイント
※参考「これだけでOK!生命保険料控除で知っておきたいこと

3. 利率が高い外貨建て保険

「外貨建て保険」は、通常の保険(円建ての保険)よりも利率が高く設定されています。

3-1.予定利率が高く、割安な保険料で大きな保障が得られる

外貨建て保険では、円建ての保険と比べて予定利率が高く設定されているのが特徴です。

予定利率とは、保険会社が、契約者から払い込まれた保険料のうちどれだけが収益になるか予測して、その分を保険料から割り引いた時の割引率を言います。

予定利率が高いほど保険料が安くなります。そのため、同じ保険金額(保障額)であれば、円建ての保険よりも外貨建て保険の方が「毎月の保険料が安くなる」ということになります。

3-2.為替変動で利益を得る可能性もあるが、損する可能性もある

外貨建て保険は、保険金や解約返戻金を受け取った場合、「ドルを円に換算するときの為替変動」の影響を受けます。

円安であれば為替差益を得ることができるので利益が出ますが、円高であれば為替差損になってしまいます。場合によっては元本割れしてしまう可能性もあります。

為替変動の仕組み

また、ドルから円へ換算するときに為替手数料がかかります。

それではこれからメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います。

3-1.外貨建て保険のメリットデメリットとは?

外貨建て保険の4つのメリット

外貨建て保険のメリットは、大きくわけて4つあります。

1.日本円より高い金利の通貨で運用するので、貯蓄性で有利
最近は日本ではマイナス金利政策が取られており、円建ての保険はごく低利での運用を強いられています。その点、金利の高い外貨建て保険は有利です。

2.予定利率が高いので保険料が安い
予定利率と保険料は「予定利率が高いと割引率が高くなって保険料は安くなる」「予定利率が低いと割引率も低く保険料は高くなる」というシーソーの関係にあります。

したがって、終身保険や養老保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険は、予定利率の高低が保険料の高低に大きく影響します。

その点、外貨建て保険は、予定利率が高いので、保険料が安く抑えられます。

3.満期時・解約時に契約のときより円安になっていれば、為替差益がプラスされる
外貨建て保険における為替リスクは、正確にいうと「ハイリスク・ハイリターン」ということになります。ですから、為替が円安・外貨高になればなるほど、受け取れる金額が増えます。

4.資産を外貨に分散できる
投資をしていく上で分散投資を考える人も多いでしょう。その1つの手段として、死亡保障を受けがら外貨の資産を持つことができる外貨建て保険は有効です。

満期保険金や解約返戻金を外貨のまま保有することもでき、外貨資産として活用することもできるでしょう。

外貨建て保険のデメリット

次に外貨建て保険のデメリットですが、これはずばり、お金が減るリスクがあることです。

1.為替が円高になると受け取る金額が減る
はじめにお伝えしたように外貨で満期金や解約返戻金を受け取る場合、円高(外貨安)になった場合、思っていた金額よりも低くなる可能性があります。

2.両替する際に為替手数料がかかる
通常、外貨と円の換算の際に為替手数料がかかります。例えば、保険料を支払う場合に、円から外貨へ換算するときは、為替リスクがあるのに加え、為替手数料も発生します。

3.商品が分かりにくい
外貨建て保険は為替変動によって受け取れる金額が大きく変わっていくのが特徴です。外貨投資の経験がない場合、将来いくら受け取れるのか円建ての商品より分かりにくいです。

3-2.「円建て保険」と「外貨建て保険」どちらがいいの?

ここまでメリットとデメリットをあげてきましたが、結局のところ、老後資金を貯めるにはどちらの保険がいいのでしょうか。

確実に保険金を受け取りたいのなら「円建て保険」がおすすめ

「生活のための死亡保障」や「学費のための学資保険」など、元本割れをして必要な資金が減ってしまうと困るという場合には、確実に決まった保険金を受け取ることができる円建ての保険が良いでしょう。

投資の手段と考えるなら「外貨建て保険」がおすすめ

様々なリスクを理解した上で、それでも保険で資産運用をしたいという方は「外貨建て保険」がおすすめです。預けた保険料をドルで運用し、資産を形成します。「円建て保険」のように確実に決まった保険金を受け取らないと困るというようなメインの保障としてではなく、投資の1つとして加入するのが良いでしょう。

※参考「外貨建て個人年金保険のメリット・デメリットと活用方法

4. 運用によって受取額が変わる「変額保険」

変額保険は「運用リスク」がある商品です。

保険料の一部が「特別勘定」とよばれるファンドにおいて株や債券などで運用され、その運用実績によって保険金や解約返戻金の金額が増減します。

4-1.変額保険の特徴

変額保険は運用によって将来受け取れる金額が変わってきます。投資信託に似ている商品です。

ただし、運用がうまくいかなくても死亡保険金額は下がりません。

保険料は一般な保険よりも割安で設定されているので、生命保険の保障を低い備えながら同時に貯蓄も、という方にはおすすめです。

変額保険

この契約の場合、基本保険金額1,000万円の設定なので、死亡保険金1,000万円は最低保証され、運用が好調な場合は保険金が増えます。

ただし、満期保険金については最低保障がなく、運用によって増減します。

4-2.変額保険のメリット・デメリット

メリット

  • 運用が好調な時に増えるのでインフレ対策になる
  • 保険料が比較的割安
  • 死亡保険金が最低保障されている

デメリット

  • 運用が不調な時は減らされてしまうのでリスクがある
  • 投資信託に比べると比較的手数料が高い

4-3.変額保険の使い方

変額保険は「死亡保障を低いコストで備えられて、ついでに運用で増やせればラッキー」と考える人におすすめの商品です。

変額保険は運用がうまくいかなくても、死亡保険金は基本保険金が保障されています。例えば終身変額保険で基本保険金額500万の場合、運用がうまくいかなくて死亡保険金額500万円は保障されます。そして一般の終身保険よりも保険料が割安です。

単純にお金の運用だけを考えるのであれば、保険機能がある変額保険よりも投資信託のほうが有利です。

※参考「変額保険とはどういう商品?特徴と2つの活用法

おまけ|貯蓄型保険の利率を上げる契約方法

おまけとして、保険料の支払方法によって返戻率を上げることができる方法をご紹介します。

①保険料を年払にして返戻率を上げる

生命保険全般にいえることですが、年払にすると月払より保険料が割安になります。

保険料が安くなっても満期保険金の受取額は変わりませんので、返戻率が上がります。

②保険料の払込期間を短くして返戻率を上げる

商品の中には保険料の払込期間を短くすることができます。

1回に支払う保険料は高くなりますが、払込期間が短いので割引が受けられ、支払保険料総額は少なくなります。

例えば30歳の人だと、60歳払済よりも50歳払済のほうが支払保険料総額が安くなるので、返戻率が上がります。

③保険料を前納して返戻率を上げる

これは先ほどお伝えした「前期前納」という方法です。契約時に保険料払込期間満了までの年払保険料を一括で支払うことで、前納割引率が適用されて保険料が安くなるため、支払保険料総額が少なくなります。よって返戻率が上がります。

また、全額ではなく一部を前納することもできます(保険会社・商品によってはできないこともあります)。

④クレジットカード払でポイントを貯める

返戻率は変わらないですが、保険会社によっては保険料のクレジットカード払ができます。貯蓄型の保険は保険料が掛け捨ての保険に比べて高額になるため、クレジットカード払にしてポイントを貯めていくとお得です。

まとめ

老後の生活資金を公的年金だけでカバーすることは難しく、各個人が自助努力で積み立てなければならない時代になっています。そして、お金を積み立てる1つの選択肢として考えられるのが保険です。

保険はそもそも万が一の時の保障を備える時のものですが、低解約返戻金型終身保険や個人年金保険など、貯蓄性のあるものを上手に活用すれば、確実にお金を貯めることができます。

また、ハイリスク・ハイリターンの保険商品として、外貨建て保険や変額保険などの選択肢もあります。

ただし、これらの保険で老後資金を貯めるのは全ての人におすすめできるわけではありません。保障内容を理解するのは当然ですが、ご自身にとっての向き不向きを判断していただくようお願いいたします。

なお、「老後の生活費はどれくらい必要?老後資金を貯めるとき重要なポイント」では、具体的な老後資金の必要金額についてご案内しています。ご参考にしてみてください。

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

保険無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。