先進医療特約とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
a0001_017604

近年注目を浴びるものの一つに先進医療があります。しかし、実際に内容を理解している人は少ないように思います。

医療技術が進歩することは素晴らしいと思いますが、何がなんだか分からずに混乱してしまうのも事実。

いまこのページをご覧になっているあなたも先進医療とはどのようなものか気になっているのではないでしょうか?

具体的に以下の点に疑問はありませんか?

  • 先進医療とはいったい何なのか?
  • 実際先進医療はどれくらい治療費がかかるのか?
  • 医療保険の先進医療特約は果たして必要なのか?
  • 現在加入している医療保険を先進医療特約が付加できる保険に切り替えるべきなのか?

本日は先進医療について具体的に知っておくべき6つの項目をお伝えします。

1. 先進医療とは何なのか?

先進医療とは、新しい医療技術の開発、患者ニーズの多様化に対応するため健康保険の診療で認めらている「一般の医療水準を超えた最新の先進技術」として厚生労働大臣から承認された医療行為のことを言います。

平成25年8月現在では110種類の先進医療があります。

先進医療の治療は主にがん治療に使用される場合が多くあります。2人に1人ががんになるといわれている現在がん治療に関して常に新しい最新の治療技術が開発されています。

2. 先進医療はどれくらい費用がかかるのか?

先進医療を使用すると技術料が保険適用外になるのでその治療費用は全額自己負担となります。ただし、通常の診察・検査・投薬・入院料等については保険適用になります。先進医療にかかる技術料は先進医療の種類や病院によって異なります。

WS000001

先進医療に係る給付例(1件当たりの自己負担額)

a

それでは例として、先進医療の代表的な3つの治療を挙げておきます。

先進治療の例1:重粒子線治療

固形がんに対する放射線治療の一種です。重粒子線(炭素イオン線)を、体外からがん病巣に対して照射する治療法です。X線は病巣の周辺の健康な細胞にもダメージを与えますが、重粒子線は病巣をピンポイントで狙い撃ちすることができるのが特徴です。

1件当たりの費用  約295万円

b

先進医療の例2:陽子線治療

固形がんに対する放射線の一種である粒子線(陽子線)を病巣に照射することにより、悪性腫瘍を治療します。X線は病巣の周辺の健康な細胞にもダメージを与えますが、陽子線は病巣をピンポイントで狙い撃ちすることができるのが特徴です。

1件当たりの費用  約267万円

c

先進医療の例3:多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

白内障手術の一種です。

多焦点眼内レンズは、無水晶体眼の視力補正のために水晶体の代用として眼球後房に挿入される後房レンズである点では、従来の単焦点眼内レンズと変わりはありません。
しかし、単焦点眼内レンズの焦点は遠方または近方のひとつであるのに対し、多焦点眼内レンズはその多焦点機構により、遠方及び近方の視力回復が可能となり、これに伴い眼鏡依存度が軽減されます。

1件当たりの費用  約50万円

3.先進医療はどうやったら受けられるのか?

先進医療を受ける場合であっても、病院にかかるときの手続きは一般の保険診療の場合と 同じで、健康保険証を窓口で提出します。

先進医療は一般的な保険診療を受けるなかで、患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われます。

先進医療を受けるときは治療内容や必要な費用などについて、医療機関の説明を受けます。 説明内容について十分に納得したうえで同意書に署名し治療を受けることになります。

4.先進医療費は医療費控除の対象となるのか?

先進医療の治療費も医療費控除の対象となります。

高額になる場合がありますので領収書は大切に保管しておきましょう。

※医療費控除とは?

医療費控除とは医療費が多くかかった年にその医療費の負担を少しでも軽くするためにかかった医療費の一部を控除することです。医療費の控除はかかった医療費から10万円を差し引いた残りの1割が税金から還元されます。この金額は生計を共にする家族全員の医療費を合わせたものです。ただし、保険金などで補てんされた金額は差し引かなければいけません。

保険金などで補てんされたものとは

  • 高額療養費、出産一時金など健康保険から支給されるもの
  • 医療保険など保険会社からの給付金
  • 損害賠償金、補てんを目的として行われたもの

5.医療保険の先進医療特約は必要なのか?

先進医療は技術料が全額自己負担になるので高額になります。

そこで今注目を浴びているのは民間の医療保険の先進医療特約です。

先進医療特約とは先進医療の技術料を実費で負担するものです。高額になってもこの先進医療特約があれば技術料が給付されるので安心です。

各保険会社は月々100円ほどの保険料で特約が付加できます。これから新しく医療保険に加入するときは保険料も安いので付加するのをお勧めします。

6.先進医療特約のために今加入している医療保険を換える必要があるか?

先ほど記載したようにこれから新たに医療保険に加入する場合は先進医療特約を付加したほうがいいと思います。ただ現在医療保険に加入している場合はどうなのでしょう?

まず検討するのは中途付加です。

中途付加というのは特約を途中で付加することです。商品によっては先進医療特約を中途付加できる可能性があります。中途付加ができない場合は乗換する必要がありますが本当に乗換したほうがいいかは疑問があります。

先進医療は特殊な治療で使用する可能性が極めて低いです。だからこそ保険会社は保険料を月々100円前後と低額になってます。

医療保険は契約する年齢によって保険料が上がる仕組みになっています。同じ保障内容でも年齢が10歳上がると年齢によりますが1.5倍~2倍になりますのでむやみに乗換えるのは疑問を感じます。ただ保障内容と保険料を比較して本当に必要だと感じたら検討するのも良いでしょう。

まとめ

先進医療は現在110種類ほどありますが中には将来保険適用になる治療もできてます。先進医療を使用する可能性は極めて低いですが、技術料が全額自己負担になるので高額になる可能性があります。

これから医療保険に加入する場合は先進医療特約を付加したほうがいいでしょう。現在医療保険を加入している場合はまずは中途付加ができるかどうかの確認をしてもしできなかった場合は乗換えを検討してもいいでしょう。

乗換えを検討してもいい場合

  • 定期医療保険(保険期間が10年など)に加入をしている
  • 生命保険全体を見直す場合
  • 今の医療保険に不安または不満がある方
  • がんに不安がある方

例を挙げておきましたが考え方は人さまざまです。あくまでも保険は自分にとって必要かどうかです。
いろいろな人の意見に左右されないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。