施設賠償責任保険とは?意外に知らない補償内容と必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAKS_9V9A8467_TP_V

損害賠償責任を負った場合をカバーする「●●賠償責任保険」というのはいろいろありますが、「施設」賠償責任保険とはどんな保険なのか、どんな補償なのか、あまり馴染みがないと思います。

しかし、施設賠償責任保険は、それほどよく知られていない割に、意外と重要なものです。

「施設」の欠陥が原因で会社が損害賠償責任を負った場合、最悪の場合、会社を揺るがすほどの経済的ダメージになる可能性すらあります。したがって、多くの会社にとって施設賠償責任保険は大変重要な保険です。保険料は非常に安くてコストパフォーマンスが優れていますので、加入しておくに越したことはありません。

この記事では、意外に知られていない施設賠償責任保険の内容と必要性について分かりやすくお伝えします。お読みになって、是非、リスク防止にお役立てください。

1.施設賠償責任保険とは

「施設賠償責任保険」は、自身が保有または管理する施設・建物の欠陥や不備によって他人にケガを負わせてしまった場合や他人のモノを壊してしまった場合に、支払うことになる損害賠償額を補償してくれる保険です。

「施設」というとどんなものを思い浮かべるでしょうか?工場、倉庫、資材置き場、事務所…そうです。全てが「施設」になってしまいますよね。

もしこれら施設に欠陥があって、人に怪我を負わせてしまったらと考えると、意外にそのリスクは大きいのではないでしょうか。

2.施設賠償責任保険はほとんどの事業者が入っておくべき

これからお伝えしますが、結論として、施設賠償責任保険はほとんどの事業者の方に加入を強くおすすめしたい保険です。

2.1.施設賠償責任保険が絶対に必要な場合

「施設」は上述のように、様々なものがあります。最もリスクが大きいのが、不特定多数の人間が出入りする施設や、工場や資材置き場等の危険なモノを保管することが多い施設です。これらの施設は、メンテナンスを徹底していても、他人の身体や財産に損害を与えてしまうリスクを完全には排除できません。

しかも、そういうリスクのある施設を管理している場合、管理する側は、過失がなくても賠償責任を負わなければならないこともあります。

したがって、こういう施設を保有・管理する場合は、絶対に施設賠償責任保険に入っておくべきなのです。それは、被害者のためでもありますが、会社を守るためでもあります。

2.2.施設賠償責任保険に入っておくべき場合

しかし、これらの施設以外の施設、たとえば事務所のような一見危険の乏しい施設でも、その欠陥によって他人に損害を与えてしまうリスクはあります。

たまに聞くのですが、建物の看板が落ちて通行人にケガを負わせてしまったという話もあります。

このように、施設というものを持っている以上、多かれ少なかれ他人に損害を与えてしまうリスクがあります。施設賠償責任保険はその場合の賠償責任金をカバーしてくれますので、「施設」を管理している全ての企業経営者・個人事業主の方々にとって必要性の高い保険です。

2.3.施設賠償責任保険はコストパフォーマンスが良い

施設賠償責任保険は、保険料が安いのが特徴です。低いコストで、施設の欠陥によって他人に損害を与えてしまうリスクに備えることができるので、その点からも、加入しておくに越したことはないと言えます。

3.施設賠償責任保険の補償内容

次に、施設賠償責任保険の補償内容についてお伝えします。

保険金でカバーされるのは以下の費用です。

  • 損害賠償金
  • 損害を防ぐためにかかった費用
  • 事故発生時の応急手当等の費用
  • 裁判等にかかった費用

まずは、被害者に支払った損害賠償金は言うまでもなくカバーされます。

また、一旦損害を与えてしまった場合、ふつう、応急手当や、さらなる損害を防ぐための措置をとることになるので、そのための費用も必要になります。

さらに、裁判や示談交渉になれば、裁判費用や弁護士費用等がかかるので、それもカバーされます。

4.施設賠償責任保険の注意点

4.1.会社・従業員の損害は別の保険が必要

この保険がカバーするのはあくまで「他人」に損害を与えてしまった場合です。施設自体の損害や従業員の方の損害は、火災保険や傷害保険等でカバーされます。したがって、施設賠償責任保険は、これらの保険に入っていることを前提に、プラスアルファで加入しておくべきものとお考え下さい。

4.1.補償されない損害がある

たとえば給排水管からの漏水で階下の部屋を水浸しにしてしまった場合、原則としてカバーされません。これをカバーするには、特約を付ける必要があります。

また、他人へに損害を与えた全ての場合をカバーするのではなく、あくまでも「施設の安全性の維持・管理の不備や、構造上の欠陥」「施設の用法に伴う仕事の遂行」が補償対象ですから、業務内容により他の損害賠償責任保険と組み合わせて担保する必要があります。

まとめ

施設賠償責任保険は、どちらかというとマイナーな保険です。しかし、ほとんどの事業者にとって必要な保険だと言えます。なぜなら、「施設」を保有・管理していない事業者はほぼないと言っていいからです。

管理する施設が不特定多数の人が利用する施設や、危険なモノが置いてあるのであれば、必ず入っておくべきです。また、そうでなくても、施設の欠陥で他人に損害を与えてしまうリスクはあるので、保険料が安くてコストパフォーマンスが良いことを考えると、入っておくに越したことはありません。

ただし、施設賠償責任保険がカバーするのはあくまで他人に損害を与えてしまった場合です。火災保険等に加入しておかなければならないは言うまでもありません。それにプラスアルファで加入するものといただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

川上淳一

川上淳一

ソムリエ呼称資格とファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を持つ、ワイン好きプランナー。週末には高校野球の審判を行ったり、研修の講師をしたり多趣味。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。