自由診療と保険診療の違いとは?自由診療のメリットデメリットを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

自由診療は、健康保険が適用されない診療のことです。

厚生労働省が承認していない治療や薬を使うと自由診療となり、治療費が全て自己負担となります。

自由診療と似たもので、先進医療というものがありますが、これは部分的に健康保険が適用されますので、自由診療の方が自己負担額が大きくなる可能性があります。

これらの治療を受けることになる確率は低いものの、いったん受けることになってしまえば、高額な治療費がかかることは間違いありません。

そこで、今回の記事では自由診療・先進医療と保険診療の違いについてお伝えしたいと思います。先進医療や自由診療について知識を深めたい方は必見です。ぜひ最後までご覧ください。

はじめに:自由診療とは

自由診療とは保険が適用されない診療のことをいいます。

厚生労働省が承認していない治療や薬を使用すると自由診療となり、治療費が全額自己負担となります。

特にがん治療の場合、未承認の抗がん剤などが自由診療になります。

抗がん剤は日々新しく開発されていますが、日本では抗がん剤が承認されるまでに特に時間がかかるといわれています。海外で承認されていて実績があっても、日本では一向に承認されないということもあります。

がん細胞は日々進化しますので、抗がん剤が承認されるのを待っている時間はありません。そこで未承認の抗がん剤を使用すると、その抗がん剤の料金だけではなく、治療費すべてが全額自己負担になります。

1. 保険診療と自由診療の違いとは

保険診療は、健康保険が適用になる一般的な治療のことをいいます。通常自己負担は3割で、高額療養費制度(※)を利用すれば上限から超えた部分は払い戻しが受けられます。

一方、自由診療は健康保険が適用にならず、全額自己負担になります。本来健康保険が適用される治療が含まれていても、すべて自己負担となってしまうのです。

自由診療の費用は病院と患者さんとの間の取り決めによって行われる建前になっており、医療法や医師法に従うことが前提です。しかし、診察内容や費用については制限がありません。

どのような治療が自由診療になるのか明確に示すのは難しいですが、最先端医療といわれるものや、健康上の理由以外で行われる美容整形については自由診療になることが多いです。

下の表で保険診療と自由診療の特徴をしっかり押さえておきましょう。

1

保険診療と自由診療の併用(混合治療)は現在の医療保険制度では認められていません。もし混合診療を認めてしまうと、平等な医療を受ける機会を保証した皆保険制度の趣旨に反してしまうからだと言われています。

なお、保険診療との併用が認められている療養は、先進医療・差額ベット代・時間外診療などです。

(※)高額療養制度については「高額療養費制度とは?医療保険より前に知っておきたい活用のポイント」をご覧ください。

2. 治療費の自己負担額をみる

「自由診療」に似た治療として、「先進医療」があります。

先進医療は、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことで、健康保険等の適用が検討されている技術のことをいいます。

保険診療、先進医療、自由診療の違いは、以下の通りです。

① 保険診療は3割負担

保険診療、つまり普段私たちが医療機関で受けている治療の場合、自己負担額は3割です。

通常の保険診療

② 先進医療は「技術料」が全額自己負担

先進医療の場合

先進医療の治療は、厚生労働大臣が定める指定医療施設に該当する病院などにおいてのみ、通常の保険診療と先進医療の併用が認められています。

先進医療のうち、通常の保険診療と共通する診察・検査・投薬・入院等の部分は3割負担ですが、先進医療の技術料については健康保険が適用されないため全額自己負担となります。

③ 自由診療の自己負担額

自由診療は全額自己負担です。

通常の保険診療と共通する診察・検査・投薬・入院等の部分も、健康保険がきかず全額自己負担になるということです。

自由診療の場合

なお、健康保険を適用した治療との併用(混合治療)は、現在の医療保険制度では禁止されています。

3. 自由診療のメリット・デメリットとは

ほとんどの治療が健康保険の対象となり、自由診療になるケースは少ないですが、もし自由診療を使ったときはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

3-1. 自由診療のメリット

まず、患者さんからみたメリットとしては、自身の体質や病気の状態に合わせたきめ細かい診療が受けられる可能性があるということが挙げられます。

また、最先端の技術を用いた医療ですので、精度が高く、早期に治療が完了する可能性もあります。

病院側のメリットとしては、自由に料金を設定することができるということがあります。また金額に見合った治療環境や医療技術を提供するため、医療の質が高まることが予想されます。

3-2. 自由診療のデメリット

自由診療のデメリットとしては、最先端の医療なので、不測の事態が起きる可能性が否定できないということが挙げられます。

次に、医療格差です。お金を持っている人しか受けることができません。

なお、最近では、がん保険のみですが、自由診療の費用を保障してくれる商品も発売されています。

まとめ

自由診療は、治療のためにあらゆる手立てを尽くしたい、とお考えの人には価値があるものだと思います。ただし、健康保険を適用した治療との併用(混合治療)は認められておらず、医療費が全額自己負担になってしまうので、高額な費用がかかってしまいます。

先進医療については、混合治療が認められているので、通常の保険診療部分は3割負担などで受診することが可能です。また、先進医療は医療保険やがん保険に加入することで、おおむねカバーすることができます。保険は必ず加入しなければいけないというものではありませんが、備えておけばいざというときに大きな助けとなります。

参考「がん保険で自由診療分も全て保障したい場合の必要性と選択肢

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

保険無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。