自由診療と保険診療の違いとは?自由診療のメリットデメリットを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
自由診療

自由診療は、保険が適用されない診療のことで、厚生労働省が承認していない治療や薬を使うと自由診療となり、治療費が全て自己負担となります。自由診療や先進医療の利用確率は低いものの、利用した場合には高額な治療費がかかるかもしれません。

特にがん治療で未承認の抗がん剤を使用するとすべてが保険適用にならず、全額自己負担になるので注意しなければいけません。

そこで今回の記事では自由診療についてお伝えしたいと思います。がん保険を検討している方、自由診療について知識を深めたい方は必見です。この機会に保険診療と自由診療の違いを抑えておきましょう。ぜひ最後までご覧ください。

はじめに:自由診療とは

自由診療とは保険が適用されない診療のことをいいます。厚生労働省が承認していない治療や薬を使用すると自由診療となり、治療費が全額自己負担となります。

特にがん治療の場合、未承認の抗がん剤など自由診療の治療も多くあります。抗がん剤は日々新しく開発されていますが、海外で承認されていて実績があっても、日本では一向に承認されないということもあります。日本は抗がん剤が承認されるまでに特に時間がかかるといわれています。

がん細胞は日々進化し、承認されるのを待っている時間はありません。そうなったときに未承認の抗がん剤を使用すると、その抗がん剤費用だけではなく、治療費すべてが全額自己負担になりますので注意が必要です。

1. 保険診療と自由診療の違いとは

保険診療は、健康保険が適用になる通常の治療のことで、通常自己負担は3割で高額療養費制度により、上限から超えた部分は払い戻しが受けられます。自由診療は健康保険が適用にならず、全額自己負担になる治療で、本来健康保険が適用される治療も含め、すべて全額自己負担となります。

自由診療でかかる医療費は病院側が自由に決められます。患者さんと医療機関との間の取り決めによって行われるものですので、医療法や医師法に従うことが前提ですが、診察内容や費用については制限がありません。

どのような治療が自由診療になるのか明確に示すのは難しいですが、先進医療といわれるものや、健康上の理由以外で行われる美容整形については自由診療になることが多いです。

下の表で保険診療と自由診療の特徴をしっかり抑えておきましょう。

保険診療と自由診療の比較

一連の治療で保険適用の治療と自由診療の併用(混合治療)は現在の医療保険制度では認められていません。混合診療を認めてしまうと、平等な医療を受ける機会を保証した皆保険制度の主旨に反してしまうからです。

2. 治療費の自己負担額をみる

通常は健康保険が適応になる治療ですが、先ほどお伝えした自由診療と先進医療があります。

図にすると以下のような違いがあります。

① 通常の保険診療の場合

こちらは普段私たちが医療機関で受けている治療費の負担額です。

通常の保険診療

② 先進医療の場合

先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことで、健康保険等の適用が検討されている技術のことをいいます。

先進医療の場合

先進医療の治療は厚生労働大臣が定める指定医療施設に該当する病院などにおいてのみ通常の保険診療と先進医療の併用が認められています。なお、先進医療のうち、通常の保険診療と共通する診察・検査・投薬・入院等以外の部分は、健康保険が適用されないため全額自己負担となります。

③ 自由診療の場合

自由診療とは健康保険を使用せずに治療を受けることです。国内未承認の抗がん剤などを使用した治療は健康保険が適用されず、先進医療にも当てはまらないため、全額自己負担による自由診療を受けることになります。

自由診療の場合

なお、健康保険を適用した治療との併用(混合治療)は、現在の医療保険制度では禁止されています。

3. 自由診療のメリット・デメリットとは

ほとんどの治療が健康保険の対象となり、自由診療になるケースは少ないですが、もし自由診療を使ったときはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

3-1. 自由診療のメリット

病院側のメリットとしては自由診療ができることにより、自由に料金を設定することができるようになりますので、利益が上げやすいです。また金額に見合った治療環境や医療技術を提供するため、医療の質が高まることが予想されます。

また自由診療は医師から自分に合った治療法を提案してもらったり、自分の納得のいく治療を受けることができます。各個人の体質や病気の状態に合わせたきめ細かい診療は保険診療では難しいことですが、自由診療なら可能になります。

3-2. 自由診療のデメリット

自由診療のデメリットは医療格差です。お金を持っている人は最高の医療を受けることができますが、お金を持っていない人は自分の支払える範囲の治療しか受けることができません。民間の医療保険やがん保険に加入していれば良いですが、加入していない人は高額の医療費を払い続けることは難しいでしょう。

まとめ

自由診療は特に子どもが成長するまでの間や、治療のためにあらゆる手立てを尽くしたいという方には価値があるものだと思います。保険は必ずしも加入しなければいけないというものではありませんが、備えておけばいざというときに大きな助けとなるお守りになりますので、気になった方はぜひご検討ください。

今回は「自由診療」をテーマにお話しさせて頂きましたが、保険に関することで分からないことや他に相談したいことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。