PL保険はなぜ必要?思わぬ賠償リスクからあなたの会社を守るための基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
IMARIP0I9A6997_TP_V

経営者の方は最近よく、「PL保険に入った方がいいですよ」と言われることがあると思います。ただ、聞き慣れない名前だし、いまいちピンとこないのではないでしょうか。

PL保険(生産物賠償責任保険)は、作ったモノや仕事の結果に欠陥があったことによってお客様等に損害を与えてしまった場合の賠償責任をカバーしてくれる保険です。

このように書くと、飲食業や製造業、建設業等、とにかく「モノ」を「作る」ことを仕事とする業種に限って必要のように思われるかもしれません。もちろん、それらの業種であれば必要不可欠と言っていいでしょう。

しかし、実際には、モノを作る業種だけではなく、かなり広範な業種の会社にとって必要な保険です。しかも、保険料が低いので、加入しておくと、思わぬピンチが起きた時に損害を最小限に抑えてくれる便利な保険です。

この記事では、PL保険(生産物賠償責任保険)について、あなたの会社に必要なものかどうか、基本的な補償内容がどんなものか、そして、どのようにプランニングをしたら会社のリスクをしっかりカバーできるかを、分かりやすくお伝えします。是非、最後までお読みになってお役立てください。

1.PL保険は多くの会社にとって必要!

1.1.PL保険が必要な典型は飲食業、製造業、工事業

PL保険は正しくは「生産物賠償責任保険」と言います。この名前からはっきり分かることは、「モノを生産する業種の会社」にとって必要なものだということです。たとえば、飲食業や製造業、工事業等です。

【具体例】

  • 飲食店で提供した食べ物に細菌が繁殖していてお客様が食中毒になった場合
  • 製造した電気製品に欠陥があったせいでお客様の家が火事になった場合
  • 排水管の工事が不十分で水漏れが起きてしまった場合

あなたの会社の業種がこれらであれば、まさしくPL保険が必要不可欠と言えます。絶対に加入しておいていただきたいものです。

1.2.販売業もPL保険に加入しておかないとリスクが大きい

しかし、実際には、PL保険が必要なのは、それらモノを作る業種の会社だけではありません。モノを仕入れて売る業種の会社にも必要なのです。現に、どの保険会社もPL保険の対象業種として以下の2通りの業種を挙げています。

  • 生産物を「製造」または「販売」する業種
  • 工事請負業者

このように、PL保険が対象とする業種には、モノを「製造」したり「工事」したりする業種だけではなく、他から仕入れたモノを「販売」する業種も含まれているのです。それはなぜかというと、お客様=消費者の立場に立ってみればよく分かります。

たとえば、美容室で販売したシャンプーがお客様の頭皮に合わず、炎症を起こしてしまうような場合があります。この場合、お客様の立場からは、「そんな危険なシャンプーを製造した業者が悪い」と考えるのも、「そんな危険なシャンプーを売った業者が悪い」と考えるのも、どちらもごもっともです。

つまり、お客様からすれば、そのモノを購入した業者の責任を追及することも、生産者・製造者の責任を追及することも、いずれも選択肢としてありうるのです。

このことからすれば、PL保険は、モノ作りだけにかかわる業種ではなく、販売にかかわる業種にとっても必要なものだということがお分かりいただけると思います。

2.PL保険の基本的な補償内容

まず、PL保険がカバーしてくれる期間は、「1年間」と覚えておいていただければと思います。製造業であればモノの製造後1年間、販売業であればモノの販売後1年間、工事業であれば仕事完成・引き渡し後1年間です。

そして、基本的な補償範囲は、保険会社にもよりますが、以下の4つです。

2.1.損害賠償金の額(法律上の損害賠償責任の額)

まず、メインの補償として、お客様に損害賠償金を支払った場合に、「法律上の損害賠償責任の額」を受け取れます。これは、裁判で確定した場合はもちろん、裁判ではなく和解や示談で金額が決まった場合もその額をカバーしてもらえます。

ただし、それとは別に支払う「見舞金」等は対象になりません。

2.2.損害を防ぐためにかかった費用(損害防止費用・緊急措置費用)

次に、損害が発生してしまったら、すみやかにさらなる損害の発生や拡大を防ぐ措置をとらないと、損害賠償金もどんどんかさんでいきます。したがって、PL保険では損害自体を防ぐ費用や、損害の拡大を防ぐための費用もカバーしてもらえます(損害防止費用)。

また、場合によっては、損害防止のための措置を一生懸命行った結果、損害賠償をせずに済んだということもあり得ます。そのような時も、かかった費用をカバーしてもらえます(緊急措置費用)。

2.3.権利保全行使費用

これは字面からはイメージしにくいので、具体的な事例でお伝えするのが良いでしょう。工事業者の場合と、販売業者の場合に分けてお伝えしましょう。

2.3.1.工事業者の場合

たとえば、あなたの会社が建設業者で、仕事を下請業者に依頼したとします。そして、その下請業者の施工ミスによって、工事完成後にお客様に損害を与えてしまった場合を考えてみましょう。

あなたの会社は監督責任を問われ、お客様から損害賠償を請求されることになります。しかし究極的に落度があるのは下請業者ですので、お客様に賠償金を支払った後で下請業者に対し、その分を請求することになります。「権利保全行使費用」というのは、その手続のためにかかる費用を言います。

2.3.2.販売業者の場合

たとえば、あなたの会社が美容室を経営していて、販売していたシャンプーが原因でお客様の頭皮に炎症が起きたとします。

この場合、お客様に損害賠償金を支払うことになりますが、後で、シャンプーの製造業者に対して相当額を請求することになります。その手続のためにかかる費用が「権利保全行使費用」です。

2.4.裁判・和解等にかかった費用(争訟費用)

製品の欠陥等によってお客様に損害を与えた場合、そのお客様から裁判を起こされることがあります。この場合、敗訴すれば、損害賠償金を支払うだけでなく、訴訟にかかった費用も持たなければならなくなります。また、弁護士も雇わなければなりません。

裁判にならなくても、和解や調停の場合にも費用がかかりますし、弁護士を雇うこともあります。

PL保険では、これらの費用もカバーしてもらえます。

3.基本の補償だけでは足りない!?特約でプラスしたい補償

以上がPL保険の基本的な補償内容ですが、あくまで最低限のものとお考えください。これだけで、製品の欠陥等によってお客様に損害が生じた場合のリスクを完全にカバーしきれるわけではありません。

そこで、補償内容を更に充実させるための特約のうち、重要な2つに絞ってお伝えします。

  • モノ自体の損害(使用不能損害保障特約)
  • 生産物の回収・検査・修理・交換等にかかった費用(リコール費用の特約)

なお、これらは保険会社によってはPL保険に備えられておらず別の保険に加入しなければならない場合もあります。

また逆に、基本的な補償に自動的にセットしてもらえる場合もあります。

3.1.モノ自体の損害(使用不能損害保障特約)

まず、「モノの欠陥による損害」ではなくモノ自体の損害です。モノに欠陥があると、ほとんどの場合、お客様がそのモノを使えなくなってしまいます。そして、代わりのものを買ったり借りたりすることになります。これも立派な損害であり、お客様から請求があれば賠償しなければなりません。

しかし、PL保険の基本補償でカバーされているのはあくまで、「モノの欠陥によってお客様が被った損害」で、モノ自体の損害は別です。

そこで、「使用不能損害補償特約」を付けていると、そのモノ自体の損害賠償費用もカバーしてもらえます。

3.2.生産物の回収・検査・修理・交換等にかかった費用(リコール費用の特約)

これはモノを大量に生産する場合には絶対に備えておいていただきたい補償です。ただし、PL保険で特約として準備していないこともありますので、その場合は別途「リコール保険」への加入が必要です。

大量生産する製品に欠陥があった場合、市場に大量に出回っていますので、その旨を公表して、無料で修理・交換しなければならなくなります。これを「リコール」と言います。たとえば、あなたも以下のようなニュースをご覧になったことがあると思います。

  • 自動車のブレーキの設計ミスで事故のリスクがあった
  • エレベーターの設計ミスでドアが開いたまま閉まらない状態になることがあった
  • 衣料品に金属片が混入していた
  • 食料品に異物が混入していた

こういった場合に、リコール費用の特約や、リコール保険に加入していれば、回収・修理・交換等にかかった費用までカバーしてもらえます。

ただし、注意が必要なのは、PL保険でリコールの費用をカバーしてもらえるのは、あくまで、お客様等に損害が発生した場合だけだということです。

4.PL保険の注意点

PL保険には以下のような注意点があります。重要なポイントを3つだけピックアップしてお伝えします。

  • ミスが重大すぎる場合は補償の対象外
  • 危険すぎるモノから生じる損害は補償の対象外
  • ある程度の額は自己負担額しなければならない(免責金額)

4.1.ミスが重大すぎる場合は補償の対象外

ミスが重大すぎる場合は、「重過失」と言って、「故意」と同じと扱いになり、補償してもらえません。

4.2.危険すぎるモノから生じる損害は補償の対象外

扱うモノが危険すぎる場合、たとえば、放射性物質、爆発物、アスベスト、汚染物質といったものを扱う場合、補償の対象外です。

なぜなら、危険すぎるモノは、そこから発生する損害が計り知れないので、保険でカバーしきれる限界をはるかに超えているからです。

4.3.ある程度の額は自己負担額しなければならない(免責金額)

PL保険では、多くの場合、自己負担しなければならない額が設定されています。自己負担しなければならない=保険会社には支払う責任がないということで、「免責金額」と言います。

これは、お客様に被害を与える可能性のあるモノを扱って利益を得ている以上、一定のリスクは自分で負っていただくということです。

まとめ

PL保険(生産物賠償責任保険)は、製造・工事等の「モノ作り」をする業種だけでなく、モノを販売する業種にとっても必要な保険です。なぜなら、お客様の立場からすると、モノの欠陥で損害を受けた場合、欠陥あるモノの製造をした業者も、そのモノを販売した業者も、それほど責任に変わりはないからです。したがって、PL保険は多くの業種の会社にとって必要な保険であると言えます。

補償範囲は、損害賠償金の他、損害を防ぐためにかかった費用や裁判等にかかる費用といったものです。

また、特約を付けることにより、モノが使えなくなったこと自体の損害や、生産物の回収・検査・修理・交換にかかる費用(リコール費用)もカバーしてもらえます。

保険料はそれほど高くありませんので、あなたの会社がモノ作りや販売に携わっているのであれば、是非とも加入されることをおすすめします。

PL保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリのPL保険を選んで加入したい
・現在加入中のPL保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、PL保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken

PL保険の無料相談のお申込みはこちらから

会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

出岡 大作

出岡 大作

行政書士資格保有。保険や税金や企業関係法、民法、行政法といった分野について幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。