学資保険と生命保険の違いと選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

生命保険を検討するきっかけになるのが子供が生まれたときです。生命保険を検討すると同時に学資保険も検討するという人も多いのではないでしょうか?

そこで以下のことで迷ったことはありませんか?

  • 学資保険と生命保険の違いがよくわからない?
  • 学資保険と生命保険どちらに加入すればいいのかわからない?

生命保険と学資保険は性質の異なるものなので両方必要となります。

今日は学資保険と生命保険を検討するときに抑えておくべきポイントをお伝えします。

 1. 子供が生まれたときに考えたい保険

子供が生まれたときにどのような保険が必要なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

具体的には以下のものが必要となります。

  • 残されたご家族の生活を守ることができる生命保険
  • 夫婦の入院や手術に備える医療保険
  • 子供の将来の学費を積立をする学資保険

まずは保険に加入をする前に将来のライフプランを設計し、自分にはどれくらい保障が必要なのか、どれくらい積立をしていくのかを決めてから保険に加入をしょう。

2.生命保険と学資保険の違い

学資保険も生命保険の一つで生命保険会社の商品になります。ただ、よく勘違いをされている方も多いのですが性質はまったく異なるものです。

そこで生命保険と学資保険の違いをご説明します。

2-1生命保険は残された家族の保障・入院をしたときの医療費の保障

生命保険は主に死亡保障のことを示すことが多いですが死亡したときそして病気・ケガで入院をしたときの保障です。

子どもができたということは、食費をはじめ生活全般に掛かるお金が2人の時より当然増えることになります。

さらに成長とともに、教育費などの負担も増加します。特に世帯主の負担が大きくなりますので万が一の時の備えて生命保険を検討しなければなりません。

2-2学資保険は将来の学費の積立

生命保険は万が一のときに給付金が支払われる保障に対して学資保険はお子様の将来の学費の積立を目的として加入をするものです。

学費は幼稚園から大学まで、全て公立に通った場合で約1,000万円~、全て私立なら約2,500万円~かかります。(詳細な内訳は「学費はいくら掛かる?必ず知っておきたい幼稚園から大学までの金額」をご覧ください。)

学資保険は子供が生まれる前でも加入できる商品もありますので早めに積立を開始したほうがいいでしょう。

3.学資保険と生命保険を検討するときの注意点

生命保険と学資保険を検討するときは以下のことを注意しましょう

3-1 学資保険にも生命保険機能が付いている

学資保険にも生命保険機能が付いている商品があります。

ほとんどの学資保険に付いているのが保険料免除です。保険料免除とは保険契約中に保険契約者(親)に万一のこと(死亡・高度障害)があった場合でも、それ以降の保険料の支払いは免除され、祝い金や満期学資金は契約通り受け取れることです。

また最近は少なくなりましたが育英年金が付加されている商品もあります。

育英年金とは学資保険に加入している場合に、保険契約者(親)に万一のこと(死亡・高度障害)があった際に、学資保険が満期になるまでの間、育英費用として所定の年金が受け取れるというものです。

学資保険の内容をしっかりと確認して生命保険に加入をするときは学資保険を考慮に入れて保険金額を設定しましょう。

3-2 支払いができる保険料を設定する

生命保険と学資保険を同時に両方加入をすると大きな保険料になります。もちろん保険は必要ですが保険料が支払えなくなり、すぐに解約してしまうともったいないです。

保険の営業に高い保険料のものを勧められても、自分たちが支払っていける金額を設定するのが大切です。

3-3 学資保険の給付金を受け取る時期を確認する

学資保険に加入をするときに気を付けたいのは給付金を受け取る時期です。

商品によって満期金・お祝金など名目は違いますが、受け取る時期が違います。大学の入学金で使おうと思っていたのに給付金が間に合わなかったりすることがあります。

学資保険に加入をするときには細かく確認をしましょう。

まとめ

子供が生まれたら生命保険と学資保険両方必要となります。

生命保険に貯蓄性がある商品もあり、逆に学資保険に保障が付いている商品もあるので生命保険と学資保険を同時に検討をお勧めいたします。

ただ、人によってライフプランが違います。ライフプランを設計して将来を考えた上で自分が必要だと思ったものだけ加入をしましょう。

そして保険に加入をするときは無理をしないことです。自分たちがしっかりと支払っていける保険料を設定しましょう。

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

保険無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。