フォークリフトの事故に備える保険|4パターンのリスクと必要な補償

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
l_014

物流や運送業では、フォークリフトはたくさんの荷物を一度に移動でき、とても便利な反面、過去には死亡事故も起きている危険な乗り物です。重い荷物を大量に運んだり、高所で積み下ろし作業をしたりするので、些細なミスが重大事故につながるリスクがあります。

事故の防止のための対策を講じることはもちろん大切です。しかし、人間が操縦するものですので、事故のリスクをゼロにすることは不可能です。

あなたの会社は、事故が起きてしまった場合に備えてしっかりとした内容の保険に加入しているでしょうか。

まず、フォークリフトは「特殊自動車」ですから、一般の自動車保険に加入することになります。ただし、公道を走る自動車と違う点があり、補償内容の設定については気をつけていただきたいこともあります。また、自動車保険だけでは全てのリスクをカバーできません。

この記事では、フォークリフトの事故の主要な4つのパターン(人身事故2パターンと物損事故2パターン)をご紹介した上で、事故が起きてしまった場合の備えとして加入をおすすめしたい保険と、補償内容を設定する際の注意点についてお伝えします。最後までしっかりとお読みください。

1.人身事故の2つのパターンとそれらに備える補償

フォークリフトによる人身事故のパターンは以下の2つです。

  1. 構内で人を轢いてしまう事故
  2. 作業中の事故

以下、それぞれについて説明していきます。

1.1.構内で人を轢いてしまう事故と自動車保険

まず、構内でフォークリフトが人を轢いてしまった場合です。フォークリフトも自動車ですので、一般の自動車と同じように自動車保険の対象です。

ただし、自動車保険の補償内容を設定する時は、普通の自動車にはない問題があります。以下、説明します。

フォークリフトが公道を走らない構内専用の場合、法律の上では、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の加入義務はありません。しかし、加入しておかないと明らかに不都合なので、絶対に加入しておくようにしてください。

なぜなら、自動車保険(任意保険)のシステムが、自賠責保険に入っていることを前提として、それだけでは補償されない部分を補うことになっているからです。

つまり、自賠責保険で補償される額は、

  • ケガをさせた場合:120万円まで
  • 死亡させた場合:3,000万円まで

となっており、これではまかないきれない額を任意保険がカバーすることになっているのです。したがって、自賠責保険に加入していなかった場合、本来それでカバーしてもらえるはずの上記の金額が自己負担になってしまう可能性があるのです。

したがって、自賠責保険には絶対に加入するようにしてください。

1.2.作業中の事故と「労働災害補償保険」

次に、フォークリフトによる作業中のケガの場合です。

最近、フォークリフトの事故例で多くなってきているのが、パレットからの転落事故です。フォークリフトの荷台に積まれたパレットに乗って高いところで作業中に誤って転落し、大ケガを負ってしまう事故です。

このような業務中の事故による損害は、「労働災害総合保険」でカバー出来ます。国の労災保険の上乗せのような補償で、会社にも従業員にもメリットがある保険です。

労働災害総合保険については、『労働災害総合保険とは?2つの補償内容と加入のメリット』をご覧ください。

2.物損事故の2つのパターンとそれらに備える補償

フォークリフトによる物損事故には以下の2つのパターンがあります。

  1. 構内の建物・施設・設備・機械等の破損
  2. 保管中の商品等の破損

これらの場合は基本的に自動車保険の補償対象外となっています。したがって、別の保険でカバーする必要があります。以下、それぞれについて説明していきます。

2.1.構内の建物・施設・設備・機械等の破損と火災保険

まず、構内の建物・施設・設備・機械を破損してしまうケースです。フォークリフトの荷台部分の先にある物を見落としたり、距離の目測を誤ったりして、建物・施設等に当てて破損してしまうことがあります。荷台部分は前に長く突き出ており、しかも金属製なので、気付かないうちに大きな損害を発生させてしまうことがあります。

このような場合には、火災保険の対象になります。

2.2.自社の商品等の破損と火災保険・動産総合保険

フォークリフトは一度に多くの荷物を積み上げて運ぶことが多いので、荷崩れによる事故が後を絶ちません。

そもそもフォークリフトでの作業があるということは、商品在庫や原材料などをたくさん抱えているのではないでしょうか?これら、自社の財産に破損・汚損があった場合に補償を受けられるようにしておく必要があります。

こういうリスクをカバーする保険は、火災保険または動産総合保険です。この2種類の保険は補償内容が重なり合う部分もありますが、あくまで別の種類の保険です。

基本は火災保険で足りると思いますが、以下のいずれかにあてはまる場合は動産総合保険の方が向いています。

  • 動産の製造・保管・運送・販売のほとんどを自社で一手に管理している場合
  • 高価な動産を商品として扱っている場合

詳しくは『動産総合保険とは?他の保険との違いと正しい活用法』をご覧ください。

まとめ

今日は、フォークリフトの作業で起こりうる事故の主要なパターン(人身事故2パターンと物損事故2パターン)と、それをカバーできる保険の種類・補償内容についてお伝えしました。

フォークリフトは構内で人を轢く事故のリスク以外にも、フォークリフトを使う作業自体にリスクが伴います。事故が起きないようにする安全対策はもちろんですが、起きてしまった場合の備えの両面を万全にする必要があるでしょう。

そして、それらのリスクは自動車保険だけではカバーしきれません。労働災害総合保険や火災保険・動産総合保険も併せて加入しておくことをおすすめします。

会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

損害保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの損害保険を選んで加入したい
・現在加入中の損害保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、損害保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken

損害保険の無料相談のお申込みはこちらから

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

堀川綾実

堀川綾実

私を食べ物にたとえるとあたりめです。噛めば噛むほど味が出ます。特技はゴルフ!寄せワンが得意です!
保険の教科書の購読はSNSが便利です。