火災保険と地震保険それぞれの役割と関係

火災保険と地震保険はいずれも、建物や家財が損害を受けた場合に保険金を受け取れるものです。

ただし、両者がそれぞれどんな損害をどのようにカバーしてくれるのかは、あまりよく知られているとは言えません。たとえば、地震による火災で損害が発生した場合、火災保険と地震保険のどちらによって補償されるのでしょうか。

この記事では、火災保険と地震保険のそれぞれの概要をお伝えした上で、両者の関係・違いについて解説します。

はじめに

火災保険・地震保険それぞれの概要について解説する前に、この2つの関係について簡単に解説します。

火災保険と地震保険は、いずれも補償する守備範囲が異なっています。

火災保険は、火災や自然災害・事故等によって発生した損害を補償するものです。ただし、地震や噴火による被害は基本的に対象外です。地震・噴火の際の火災や洪水による損害は、火災保険では補償してもらえません。

地震や噴火が原因となる被害は、全て、地震保険の補償範囲です。

以上を踏まえ、それぞれの概要を見ていきましょう。

1.火災保険とは

火災保険とは、火災をはじめとしたさまざまな災害・事故のよる住宅や家財(家具・家電・衣類)の損害を補償する保険です。

具体的には、火災を含め以下の表にまとめる災害・事故が火災保険の補償範囲となっています。

火災 失火・もらい火によって生じた損害に対する補償

例:火災で家が焼けてしまった、など

落雷 落雷による損害の補償

例:家の近くに雷が落ちて家電製品が故障した

破裂・爆発 破裂・爆発による損害の補償

例:ガス漏れで爆発し住宅に損害が生じた

風災・雹災(ひょうさい)

雪災(せつさい)

風・雹・雪による損害に対する補償

例:台風による強風で窓ガラスが割れた

水濡れ 漏水をはじめとした水漏れによる損害に対する補償

例:賃貸住宅で上の階から水漏れし、家電製品が故障した

水災 台風・集中豪雨など水が原因の損害に対する補償

例:台風で近くの川が氾濫し、床上浸水をおこした

盗難 盗難被害に対する補償

例:家に泥棒が入り、現金や家電製品などが盗まれた

騒擾(そうじょう)・集団行為などにともなう暴力行為 騒擾・集団行為を原因とした暴力や破壊行為による損害を補償

例:デモによる暴動で家が壊された

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突 何がしかの物体が、建物の外からぶつかってきたときの損害を補償

例:家に自動車が突っ込んできた

破損・汚損 不測かつ突破的な事故による損害を補償

例:重い家具を室内ではこんでいるときに、あやまって壁にぶつけて穴をあけてしまった。

このように火災保険の補償範囲は幅広く、さまざまな住宅の損害を補償することができます。

なお、最近では火災保険を、住宅に対する網羅的な保険であるという意味で「住まいの保険」という名称で販売する保険会社が多くなっています。

2.地震保険とは

地震保険とは、地震・噴火・津波による住宅の建物や家財(家具・家電・衣類)の損害を補償する保険です。

地震・噴火・津波が原因の火災などの損害も、地震保険により補償されます。

地震保険は1966年に制定された「地震保険に関する法律」に基づき誕生した、国と民間の保険会社が共同で運営する公的な保険で、保険会社は地震保険の運営によって利益を上げていません。

そのため地震保険の補償内容や保険料は、どの保険会社で加入しても同じです。

また、地震保険は単体で加入できず、必ず火災保険とセットで加入しなければなりません。

2-1.【参考】地震保険に加入する人が増えている

損害保険料算出機構の公式サイト(「グラフで見る!地震保険統計速報」)によれば、地震保険の世帯加入率は2017年時点で31.2%と決して高くありません。

一方で火災保険契約時や更新時に新たに地震保険を契約する人の割合(付帯率)は、以下のように上がっています。

  • 2010年:48.1%
  • 2011年:53.7%
  • 2012年:56.5%
  • 2013年:58.1%
  • 2014年:59.3%
  • 2015年:60.2%
  • 2016年:62.1%
  • 2017年:63.0%

ご覧のように、2010年と比べると2017年は約15%も向上しています。その要因として考えられるのは、この間、東日本大震災や熊本大地震といった大規模な地震の被害が発生したことです。

2-2.地震保険で受け取れる保険金は最大でも火災保険の”半分”

火災保険で受け取れる保険金は、簡単に言うと損害を補うのに必要十分な金額(新価)となるのが一般的です。

仮に火災などで自宅が全焼しても、火災保険であれば保険金だけで建物を再築したり家財を再購入したりすることができます(より詳細な情報を知りたい場合は「火災保険の保険金額の正しい決め方」をご覧ください)。

一方、地震保険で設定できる保険金の上限額(保険金額)は、火災保険の30%~50%の範囲となっています。しかも、上限があり、建物は最高5,000万円まで、家財は最高1,000万円までです。

地震保険で受け取れる保険金の詳細に関しては「地震保険の加入率はどのくらい?本当に必要?」で解説しておりますので、興味がある方はあわせてご覧ください。

2-2-2.地震保険の保険金が火災保険より少ない理由

地震保険の保険金額が火災保険より少なくなっている理由は、地震保険の制度目的にあります。

巨大な地震によって広大な地域に大きな被害がでた場合、莫大な数の地震保険の保険金請求が行われると想定されます。

そこで火災保険と同様の補償を行おうとすると、保険金の支払い業務に時間がかかってしまう上に、保険料を相当高くしないと運営できません。

そこで地震保険の目的を「当面の生活費を補償する」ということに絞り、運営を行っているわけです。

大地震で被災した場合、財産も仕事も失ってしまうことがあります。地震保険でまとまった保険金を受け取れたら、たとえ自宅の建物の再築や全ての家財の買い直しには足りなくても、大変助かります。

3.火災保険・地震保険は必要なのか?

3.1.火災保険の必要性

火災保険に加入しておけば、万が一火災などの被害に遭ったときに建物や家財を元通りにするのに必要な保険金を受け取れます。

逆に言うと、もし火災保険に加入していなければ、火災などの被害に遭ったときに建物を再築したり家財を再購入したりするための費用を全て自分で捻出しなければならないわけです。

住宅のローンなどが残っていれば、ローンを支払いつつ建物を再築するのに必要な費用を改めて確保する必要も生じて、二重の負担となってしまいます。

こんな事態を避けるためにも、火災保険は必要です。火災保険は補償範囲が広いため、さまざまなシーンで加入者の助けとなってくれます。

3.2.地震保険の必要性

では地震保険はどうでしょうか。

地震保険の保険金は、地震によって損害した自宅や家財を改めて確保するのには足りません。

なぜなら、地震保険で支払われる保険金の目的は「被災者の当面の生活を補償する」のにとどまるからです。

しかし、大きな地震に見舞われ、自宅を失ったときのことをイメージすると、明日からの生活をどうすればよいかも途方にくれることになるでしょう。

まとまった保険金を受け取れれば、とりあえず当面の生活費は確保できます。

したがって、地震保険もまた、加入すべき保険と言えます。

4.地震保険と火災保険の違い比較

ここまで火災保険・地震保険それぞれの概要について解説してきました。

次に、これまでの内容も含めて、地震保険・火災保険の主な違いをまとめて比較しつつ、それぞれの特徴について簡単に振り返っていきます。

火災保険・地震保険の主な違いは、以下の通りです。

【地震保険と火災保険の主な違い比較】

火災保険 地震保険
単独での加入 可能 火災保険とセットでの加入が必要
補償範囲 地震・津波・噴火が原因でない、火災や洪水による損害。そのほか台風や洪水、落雷、盗難などの損害

 

地震・津波・噴火による損害
保険金 一般的には損害をまかなうのに十分な保険金が支払われる 支払われる保険金は最大でも火災保険の半分。「当面の生活費」が補償される
保険料 保険会社によって、差がある。 どの保険会社も同じ。
契約期間 1~10年間 1~5年

以下、上記表でまとめた違いについて、1つ1つ簡単に解説していきます。

4-1.単独での加入の可否

地震保険は単独で加入することができず、必ず火災保険とセットで加入しなければなりません。

また、火災保険の契約が解約されると、自動的に地震保険も解約となります。

4-2.【補償範囲】地震などを原因とした損害の補償は火災保険では不可

火災保険は「住まいの保険」と呼ばれることもある通り、火災だけでなくさまざまな災害・事故を補償範囲としています。

一方で地震・津波・噴火を原因とした災害・事故(火災や洪水などを含む)は、火災保険の補償対象外となっており、地震保険でしか補償を受けられません。

住宅に対する事故・災害による被害を網羅的に補償したい場合には、火災保険と地震保険の両方に加入する必要があります。

4-3.【保険金】地震保険は最大でも火災保険の半分まで

上述の通り、火災保険では一般的に損害を賄うのに必要十分な金額の保険金が支払われるのに対して、地震保険で受け取れる保険金は最大でも火災保険の半分にとどまります。

なぜなら、地震保険の保険金の目的は建物・家財自体の損害をカバーすることにあるのではなく、「当面の生活費を補償する」ことだからです。

4-4.【保険料】火災保険は保険会社により異なる。地震保険は一定。

火災保険は保険会社ごとに補償内容、設定できる保険金額等に差異があり、保険料も異なります。

これに対し、地震保険は、保険会社が国と共同で運営する「公的な保険」であり、どこで加入しても品質は同等で保険料にも差異がありません。

4-5.【契約期間】火災保険は最大10年、地震保険は最大5年

火災保険の契約期間は1年~最大10年の間で選択できます。保険期間を長期に設定するほど、保険料の総額が安くなり、お得になります(詳しくは「火災保険の10年契約を考える際のメリットと注意点」で解説しています)。

これに対し、地震保険で選択できる契約期間は1年~5年までです。更新の時期が火災保険とずれることがあるため、注意してください。

まとめ

地震・噴火を原因とする損害は、火災保険の補償対象ではなく、たとえば地震の際の火災や洪水による損害は地震保険でしか補償を受けられません。

そのため、災害や事故に対して網羅的な補償を求める場合には、火災保険と地震保険の両方に加入する必要があります。

保険金の額は、火災保険では建物や家財を再築・再購入するのに必要十分な金額であるのに対し、地震保険では最大でも、火災保険で受け取れる額の半額にとどまります。その理由は、地震保険の目的が当面の生活を補償することにあるからです。

損害保険の保険料を平均20~30%削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用火災保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用火災保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用火災保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用火災保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用火災保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る