対人賠償責任保険とは?補償内容と自動車保険(任意保険)の意味

一口に自動車保険と言っても、いろいろな補償内容があります。

その中で、対人賠償責任保険とは、事故の相手を死傷させてしまった場合に、相手に対して支払う損害賠償金等の費用をカバーする保険です。そして、自動車保険(任意保険)の中で最も重要かつ不可欠な保険です。

この記事では、対人賠償責任保険の補償内容について、強制保険に加えて自動車保険(任意保険)に加入しなければならないことの意味にも触れながら、解説しています。

1.対人賠償責任保険とは?

対人賠償責任保険は、自動車を運転して事故を起こし、他人を負傷させたり死亡させたりしてしまったた場合に、相手へ支払う治療費・慰謝料などの損害賠償金を補償するための保険です。

法律で加入が義務付けられている自賠責保険でも同様の補償が行われますが、対人賠償責任保険では、自賠責保険の補償で足りない分をカバーします。

1-1.対人賠償責任保険を含めた自動車保険の種類

対人賠償責任保険について理解するためには、自動車保険にはどんな種類があり、対人賠償責任保険がどんな分類になっているか把握しておく必要があります。

自動車保険の種類を表にまとめると、以下の通りです。

【自動車保険の種類】

補償対象 身体に対する補償 モノに対する補償
相手側 自賠責保険(強制保険)
対人賠償責任保険(任意保険)
対物賠償保険(強制保険)
自分側 搭乗者傷害保険(任意保険)
人身傷害補償保険(任意保険)
自損事故保険(任意保険)
無保険車傷害保険(任意保険)
車両保険(任意保険)

ご覧のように自動車保険の種類は、生命・身体に対する補償なのか物に対する補償なのか、はたまた相手側のための補償なのか自分側のための補償なのかで分類されます。

複数の保険にそれぞれ役割があり、お互いに補完しあって、交通事故における損害をカバーしているということです。

このうち、対人賠償責任保険は「相手側」の「身体に対する補償」を行う保険です。

ちなみに法律で加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)も、この分類に入ります。自賠責保険・対人賠償責任保険の違いは後で改めてお伝えします。

その他の保険について簡単に紹介すると、対物賠償保険は事故の相手の自動車などのモノを壊してしまったときにその損害を補償する保険です。

また搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険・自損事故保険・無保険車傷害保険は、自分や家族などが交通事故で怪我をしたり亡くなってしまったりしたときの保険、車両保険は交通事故で自分の自動車が壊れてしまったときの損害を補うための保険です。

より詳細な内容については「自動車保険の種類とそれぞれの補償内容」で解説しておりますので、よろしければご参照ください。

1-2.対人賠償責任保険で支払われる保険金の種類

それでは対人賠償責任保険では、具体的にどのような保険金が支払われるのでしょうか。

主な保険金の種類としては、以下の2つがあげられます。

●対人賠償保険金

対人賠償責任保険の補償のメインとなる保険金です。

被害を与えてしまった相手1人につき、その損害をカバーするのに必要十分な金額が、あらかじめ契約で決められた保険金の上限額(保険金額)まで支払われます。

詳しくは後でお伝えしますが、対人賠償保険の保険金額は無制限にするのが一般的です。

●臨時費用保険金

相手が亡くなった際の香典、一定期間入院が続いた場合の見舞金等を支払うための保険金です。

2.対人賠償責任保険は自動車保険(任意保険)で最重要の補償

対人賠償責任保険は、自動車保険(任意保険)で最も重要な補償です。

よく「強制保険だけでは足りない。任意保険に入らなければダメ」と言われるのは、この対人賠償責任保険に入っておかないと取り返しのつかないことになりかねないからです。

そのことについて解説します。

2-1.交通事故で相手を負傷・死亡させた場合の賠償金は非常に高額

交通事故で相手に怪我を負わせてしまったり死亡させてしまったりした場合、具体的にどんな損害が発生し、賠償金はどれくらいになるでしょうか。

死亡に至らず、ケガさせた場合であっても、治療費だけでは済まないことが多いのです。なぜなら、事故が原因であると認められるあらゆる損害に対して賠償の必要が生じるからです。

2-1-1.損害賠償の範囲は広い

まず、社会常識からみて、通常その事故からその損害が発生するものと認められれば、損害賠償しなくてはなりません。これを「相当因果関係」と言います。

一般的に、相応因果関係が認められる損害は以下の通りです。

交通事故で相手に補償するべき損害の種類

ご覧の通り、怪我の治療費はもちろんのこと、本来は働いて得られる筈だった収入の補償(休業損害・逸失利益)や、将来的にかかる介護料、葬祭費・精神的損害までが、損害賠償の範囲に含まれるのです。

なお、この中で「休業損害」とは、怪我を負い一時的に仕事を休んでいた期間の収入が得られなかったという損害をさします。

一方、逸失利益とは後遺症を負ったり亡くなってしまったりして今後一切働けなくなった場合に、将来的に得られなくなった収入全てをさします。

その他、事故によって被害者本人や家族が負った「精神的な損害」(慰謝料)についても損害賠償しなければならないことがあります。

2-1-2.賠償金は非常に高額になることもある

上で説明した通り、交通事故を起こしてしまった場合は、治療費や葬祭費だけでなく逸失利益・休業損害や精神的な損害まで補償しなくてはなりません。

このように補償すべき範囲が広くなるため、その賠償金額も非常に高額になることもあります。

以下、その損害額が高額になった判決例です。

【交通事故高額賠償判決事例(人身事故)】

認定損害額 態様 裁判所 判決年月日 被害者
性別・年齢 職業
5億2,853万円 死亡 横浜地裁 2011/11/1 男・41歳 眼科・開業医
4億5,381万円 後遺 札幌地裁 2016/3/30 男・30歳 公務員
4億5,251万円 後遺 横浜地裁 2017/7/18 男・50歳 コンサルタント
4億3,961万円 後遺 鹿児島地裁 2016/12/6 女・58歳 専門学校・教諭
3億9,725万円 後遺 横浜地裁 2011/12/27 男・21歳 大学生
3億9,510万円 後遺 名古屋地裁 2011/2/18 男・20歳 大学生

(参照元:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況 2018年度版」(P146))

治療費や後遺症が残った場合の介護料をはじめ、逸失利益や精神的損害まで含まれているため、このように損害額が高額になることは、決して不思議ではありません。

2-2.加入必須の「自賠責保険」の補償では大幅に足りない可能性も

自動車の所有者は、法律で自賠責保険への加入が義務付けられています。

ただし、その補償額は以下の通り限定されています。

補償の種類 補償内容 保険金額
傷害 治療費/休業補償/慰謝料 120万円
死亡時 逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用 3,000万円
後遺障害時 逸失利益/治療費 4,000万円

上記「交通事故高額賠償判決事例(人身事故)」の内容をみるとその損害額は数億円に上っているのに、自賠責保険の補償額は最高でも、死亡時3,000万円、後遺障害時は4,000万円にとどまってしまっています。

2-3.対人賠償責任保険は自賠責保険の大幅な不足分を補うためのもの

上で説明した通り、自賠責保険では高額になる可能性がある交通事故の賠償金をカバーすることができません。

そのため、追加で、任意の対人賠償責任保険に加入する必要があるのです。

対人賠償責任保険の保険金額(保険金の上限額)は無制限にして、高額な損害に備えるのが一般的です。

3.対人賠償責任保険を使う際に注意したい点

ここでは対人賠償責任保険について押さえておきたいポイントをまとめて紹介しています。

3-1.補償対象となるのはあくまで他人

対人賠償責任保険で補償の対象となるのは、あくまで他人に限られます。

たとえば、駐車場から自動車を出す際に、自動車の後ろに隠れていた自分の子を誤って轢いて後遺症が残るような大怪我をさせてしまった場合には補償されません。

被保険者の配偶者や家族が被害者である場合の事故は、対人賠償責任保険では補償されないのです。

この場合の補償を行うのは自動車保険の中でも、「自動車保険の種類」の一覧で挙げた「人身傷害保険」になります。

人身傷害保険では、交通事故によって生じた自分や家族の損害を補償することができます。

人身傷害保険の詳細については「人身傷害保険とは?補償内容と必要性と保険金額の決め方」でお伝えしています。

3-2.過失割合で大幅に賠償金額が変わる

交通事故の賠償金額で覚えておきたいのは、過失割合によって賠償すべき金額が大きく異なるということです。

たとえば自動車と歩行者の事故の場合、一般的には自動車側の過失割合が大きくなりますが、歩行者側にも非があると判断されれば賠償金額が大幅に減らされることもあります。

仮に横断歩道で歩行者を轢いてしまい、相手に後遺症が残って損害額が高額になったとしましょう。

しかし相手が急に飛び出してきたなど、相手に非があるようであれば、その分の金額が減らされます。

例を挙げると、損害額が4億円で相手の過失割合も40%であれば、40%分に当たる1億6千万円が減額されることになります。

対人賠償責任保険で支払う可能性がある交通事故の賠償金額について考えるときは、このように過失割合が大きく関係することも覚えておきましょう。

まとめ

対人賠償責任保険は、交通事故で相手を負傷させてしまったり死亡させてしまったりしたときに、その損害を賠償するための保険です。そして、これこそが、自動車保険(任意保険)に加入しなければならない最大の理由です。

なぜなら、交通事故では相手に対する賠償金が非常に高額になる可能性があり、加入が必須の自賠責保険の補償ではカバーできない可能性が高いからです。

たとえば相手に後遺症を負わせてしまった時の損害額は、治療費の他、得られるはずだった収入の補償(逸失利益)や精神的損害も含め数億円にのぼることもありますが、自賠責保険で支払われる保険金は最大でも4,000万円です。

そこで、足りない分の補償をカバーするために、対人賠償責任保険に入っておく必要があるのです。

保険金額は「無制限」に設定するのが一般的です。

損害保険の保険料を平均20~30%削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用自動車の保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用自動車の保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用自動車の保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用自動車の保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用自動車の保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る