受託者賠償責任保険とは?対象となる会社と補償内容

2ed3f54c47a8270b62b086d0dbbaf70e_s

受託者賠償責任保険とは、会社がお客様からお預かりした品物を誤って「壊してしまった」「汚してしまった」「紛失してしまった」「盗まれてしまった」等のため損害賠償責任を負った場合に、保険金が受け取れる保険です。

全ての業種が対象となる保険ではなく、倉庫などで品物を保管することを専門としている会社や、展示場やホテルなどで一時的にお客様の荷物をお預かりするような業務がある会社に対する保険となっています。

この記事では、受託者賠償責任保険について

  1. 加入できる会社
  2. 対象となる事故の範囲
  3. 保険金を受け取れる場合と受け取れない場合
  4. 受け取れる保険金の種類

の3点を中心に、分かりやすく解説させていただきます。加入の対象となる事業を営まれている経営者の方にお役に立つ内容となっておりますので、是非、最後までお付き合いください。

続きを読む

0

業務災害補償保険とは?社員のケガと会社の労務リスクに対する備え

ce2341545acd8206f151c8d4d15a441a_s

製造業や建設業、また運送業などの経営者の方であれば、業務中の事故による役員や社員のケガに対する補償について、一度はお考えになったことがあるかと思います。

業務災害補償保険は、法人保険の中でも業務中のケガに対する補償を行うものです。また、損害賠償責任なども対象となります。ただし、病気が原因の場合はほぼ対象外となります。

保険の分野としては自動車保険と同じ損害保険にカテゴリーされます。

不慮の事故は、いつ何時起こるか分かりませんから、従業員の労災リスクに備えることは会社を守ることになるので、たいへん重要なことではないでしょうか?

この記事では、業務災害補償保険の

・主な補償内容と特約
・保険料と補償の対象者
・損金算入と保険期間

の3項目に分けて、解説をしてまいります。簡単ではありますが、労災についても触れております。

続きを読む

0

法人保険が会社に利益をもたらす仕組み|キホンのキホン編

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

法人が契約者(保険料を払う人)となり、経営者や役員、従業員が被保険者(保障の対象となる人)で保険に加入することを法人契約といいます。

法人保険に契約すると会社にとって節税になるとはいいますが、実は法人保険に加入しただけでは、逆に会社のキャッシュフローを圧迫してしまうことも有りえます。節税のほかにも、退職金の準備や福利厚生にもなる法人保険ですが、これらの仕組みをしっかりと理解しておくことは、経営者の方にとってたいへん重要なことです。

とはいえ、経営者に取って最も大切なことは自社の業績を伸ばすことにありますから、法人保険の仕組みについて、じっくりと勉強する時間をとることが難しく、税理士の方に一任されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、法人保険に加入することで得られるメリットと仕組みについて

・利益の繰り延べ
・退職金の準備
・従業員の福利厚生

の3点を中心に、主なポイントについて分かりやすくご説明させていただきます。

法人保険の基本中の基本について解説しておりますので、事業を立ち上げたばかりの経営者の方や、これから法人保険を活用しようとお考えの方に、お役に立てるよう解説させていただきます。

続きを読む

0

ご存知ですか?源泉徴収票の見方|手取り額と所得税の計算方法

db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s

会社員の方であれば、毎年12月(または1月)の給与明細と一緒に源泉徴収票を受け取っていますよね。マイナンバー制度の導入により、平成28年分の源泉徴収票からは、その様式が変更となり、一回り大きな用紙になったことに気づかれた方も多いのではないでしょうか?

源泉徴収票は毎年もらう書類にもかかわらず、詳しい内容や見方についてご存じの方は多くはないでしょう。実は、ポイントさえおさえておけば、源泉徴収票から手取り額や所得税がわかるようになっています。

私たちが納めている所得税は、年収が増えるほど税率も高くなり、多くの税金を払わなくてはいけません。最近では税控除の対象となる確定拠出年金やふるさと納税なども話題になっていますので、ご自身がいくらの税金を納めていて、どんな内容が控除の対象となるか、知っておいて損はないかと思います。

この記事では、平成28年分から変更になった源泉徴収票の見方と、そこから分かる手取り額についての計算方法、また源泉徴収票には書かれていない控除額や税率などについて解説させていただきます。社会人の方であれば全員にお読みいただきたい内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

個人型確定拠出年金の運用リスク、コストや注意点

8729ed0cae8284cec81df0a71cb45a19_s

2017年1月より、個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)の加入範囲が拡大し、60歳未満の方であれば、ほとんど全ての方が加入の対象となりました。2016年の加入者数は約25万人で、年々増加の傾向にあります。

個人型確定拠出年金は、税制面で優遇が受けられたり、運用次第で将来の受取額を大きく増やせたりする一方、投資のように運用結果によってご自身の資産が変動するようなリスクとなりえる部分も存在します。

公的年金や企業年金は国や会社が責任をもって資金を運用していますが、個人型確定拠出年金はご自身の資産を自己責任で運用するので、それなりのリスクとリターンが発生するのは当然と言えるかもしれません。

この記事では、個人型確定拠出年金の注意しておきたいポイントについて順に解説していきます。これから個人型確定拠出年金の加入を検討される方も、既に加入中の方も、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

0

税金対策だけじゃない!?法人保険に加入する5つのメリット

661f52362a815bd6bd9be4ace4373ec1_s

事業を立ち上げ、ご自身の会社を法人化されている経営者の方であれば、保険会社の営業マンから「法人保険は節税ができる」という理由で、一度は加入をすすめられたことがあるのではないでしょうか。この記事をお読み頂いている方の中には、すでに法人保険に加入中の方も多くいらっしゃると思います。

私たちは、主に中小企業の経営者の方から法人保険に関するご相談を数多くご依頼いただいているのですが、そのメリットをしっかりとご理解いただいている経営者の方は、少ないように思います。たいへん残念なことではあるのですが、お付き合いなどで勧められるまま法人保険に加入していたり、ご自身では内容を把握して加入されているつもりでも、実際には目的に沿わない保障内容だったというケースが散見されているのが現状です。

この記事では、法人保険に加入する5つのメリットについてご説明させていただきます。法人保険に加入されている経営者の方は、ご自身の保障がどのようなメリットを持っていて、どんな目的で加入されているのかを再確認してみてください。また、これから加入を検討される方は、法人保険のメリットを知っていただき、保険選びのご参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

0

個人型確定拠出年金の控除の方法と抑えるべき3つのポイント

36415cd09c63d8164109bfacfc2dd139_s

個人型確定拠出年金の最大のメリットは、掛け金が全額所得控除になる点です。結果として、住民税や所得税が軽減され、大きな節税効果をもたらしてくれる制度です。では、具体的な減税額はいくら位になるのでしょうか?

所得税は、収入によって税率が決められており、収入が高い人ほど税率も大きくなっていきます。この仕組みに当てはめて計算してみると、個人型確定拠出年金については、収入が高ければ高いほど節税効果も大きくなっていきます。

今まで自営業など、一部の人しか加入することができなかった個人型確定拠出年金ですが、2017年1月より会社員や主婦の方でも利用できるように制度がなりました。このようなことから、個人型確定拠出年金については、多くのメディアやネット上で話題になっており、この記事をお読みいただいている方でも、加入をご検討中の方もらっしゃると思います。

この記記事では、個人型確定拠出年金の控除内容について

●3つの節税効果
●所得控除額のイメージ
●年末調整での申請方法

の3点を中心にご説明させていただきます。個人型確定拠出年金に加入する時、皆さんが一番知りたい税制控除についてご説明させていただきますので、是非、最後までお読みください。

続きを読む

0

個人型拠出年金とは?押さえておくべき税制メリットと注意点

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

みなさんは確定拠出年金という制度をご存知ですか?

確定拠出年金は、公的年金に上乗せできる私的年金の制度のことをいい、大きくは「企業型」と「個人型」の2つに分かれています。その中でも個人型確定拠出年金(愛称iDeCo(イデコ)は、平成29年1月に大きな改正が決まっていて、今まで加入できる人は自営業者など一部の人に限定されていたのですが、今後は会社員や公務員、主婦の方まで原則として全ての方が加入できるようになり、注目を集めています。

個人型確定拠出年金の最大のメリットは、掛け金の全額が所得税の控除の対象になる等、税制面での優遇が受けられる点にあります。その一方で、掛け金の運用を個人で行うため元本保障がされない点、原則60歳まで引き出しができないなど注意点もあります。

この記事では平成29年1月からの「個人型確定拠出年金」について、

・3つの税制メリット
・加入資格と加入限度額
・運用時と受取時の注意点

の3点を中心に解説していこうと思います。これから個人型確定拠出年金を始めようと考えている方や、興味はあるけれど、どんな制度かよく分からないという方は、是非、最後までお読みください。

続きを読む

0

遺族年金の手続き|万が一の時にご遺族が知っておくべき基礎知識

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

遺族年金とは、その名の通り、『家計を支える方がお亡くなりになった場合、残された遺族の生活を守るための年金』です。遺族年金を受け取るためには、申請手続きを行う必要があります。

手続きに関しては、様々な必要書類を揃える必要があり、また、加入中の年金種類によって申請する場所も異なります。煩雑な手続きが多いため、社労士(社会保険労務士)の事務所が有料で遺族年金の代行手続きを承っているケースもあります。

この記事では、遺族年金の手続きについて、できるだけ簡単に、分かりやすくご説明させていただきます。遺族年金の手続きが遅れてしまうと、その分、受け取れる時期も先延ばしになってしまいます。これから、お手続きが必要な方にとって、お役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

0

障害年金の等級の状態と職業による判断基準のすべて

b4a6e7ea40902f15e0fe3365ba25d237_s

障害年金とは、病気やケガが原因で、肉体的・精神的に障害を持っている人が、日常生活や仕事をすることが難しい場合に受け取れる年金のことを言います。

この障害年金については、障害の程度により、1級から3級まで等級が区分けされています。一般的に知られている老齢年金とは異なり、働き盛りの世代の人が、収入を得ることが難しくなった時のための年金なので、受け取れる年金額については、お子様の人数などにより、加算される仕組みになっています。

この記事では、

・障害年金の等級基準と具体的な障害の状態
・職業により異なる対象となる障害年金の等級
・障害者の等級変更

の3点を中心に障害年金について解説させていただきます。

普段は考えることは少ないと思いますが、もしもご自身が障害年金に頼らざるを得ないような状態になってしまった時、どれくらいの年金額が受け取れるのかを知っておくことは非常に大切です。ぜひ、最後までお付き合いください。

障害年金の各基準については、日本年金機構「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」より抜粋となります。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社