女性FPによる女性のための医療保険の正しい選び方

私は独身女性です。医療保険に加入しています。なぜなら、自分には医療保険が必要だと思ったからです。年間8万円ほどの保険料を支払っています。

インターネットで「医療保険」と検索をすると、「医療保険はいらない」とか、「医療保険に入ると損をする」などというFPさんのコラムをよく目にします。果たして、本当にそうでしょうか?

私も同じFPでこの仕事には長年携わっていますが、決して「必要ない」とは思いません。だから自分も医療保険に加入していますし、ご相談にいらしたお客様にも医療保険はご提案させていただきます。

女性にとって医療保険は「いる・いらない」どちらだと思いますか?ご相談いただくお客様の中には、「私は主人ほど大きな保険はいらないかな」とか「私は最低限で良いかな」と、おっしゃる方がいらっしゃいます。果たして、本当にそれで良いのでしょうか?

今日は、女性にとっての医療保険選びのポイントについてお伝えしていきます。

続きを読む

0

税金対策に保険が最大の効果を発揮する活用のポイント

※この記事における「法人保険」の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

生命保険は、あなたの身に万一のことが起こった時に残された家族を経済的に守るものです。

ただし、それだけでなく、ご家族にかかる相続税や贈与税の負担を抑えるのにも役立ちます。

相続や生前贈与であなたからご家族に資産が移る時には、その資産価値が高いほど税金が高くなります。したがって、きちんと税金対策をしておかないと、本来であれば豊かな生活を送ることが出来るはずの資産が「負の遺産」となってしまうこともあるのです。

そこで、生命保険の活用法を知っておくと、ご家族にかかる税金を抑えることができます。決して難しいものではないので、知っておくに越したことはありません。

この記事では、保険の仕組みを活用して行える税金対策の基礎知識について、個人保険と法人保険に分けてご説明いたします。ご覧いただきたいのは、経営者や資産家等、相続税や贈与税が発生する可能性がある全ての方です。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

退職金を貯めながら、個人も会社も節税できる4つの方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

中小企業の経営者の方にとって、老後の資金をどのように貯めるのかは、切実な問題だと思います。

特に、節税しながら積み立てる方法があれば、活用してみたいとお考えになることでしょう。

そんな時、「個人の節税」と「法人の節税」の両方を行うことができれば、一石二鳥と言えるかもしれません。

本日は、経営者の方が退職金を貯めながら節税できる方法について、注意点も踏まえながらご紹介させていただきます。

これからお話しする内容については、既にご存知の方も多いかと思いますが、再確認の意味も含め、経営者の皆さんにお読みいただければ幸いです。

続きを読む

0

税金対策だけじゃない!?法人保険を活用する5つのメリット

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

事業を立ち上げ、ご自身の会社を法人化されている経営者の方であれば、保険会社の営業マンから「法人保険は節税ができる」という理由で、一度は加入をすすめられたことがあるのではないでしょうか。この記事をお読み頂いている方の中には、すでに法人保険に加入中の方も多くいらっしゃると思います。

私たちは、主に中小企業の経営者の方から法人保険に関するご相談を数多くご依頼いただいているのですが、そのメリットをしっかりとご理解いただいている経営者の方は、少ないように思います。たいへん残念なことではあるのですが、お付き合いなどで勧められるまま法人保険に加入していたり、ご自身では内容を把握して加入されているつもりでも、実際には目的と違う保障内容だったというケースが多いのが現状です。

この記事では、法人保険に加入する5つのメリットについてご説明させていただきます。法人保険に加入されている経営者の方は、ご自身の保障がどのようなメリットを持っていて、どんな目的で加入されているのかを再確認してみてください。また、これから加入を検討される方は、法人保険のメリットを知っていただき、保険選びのご参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

0

法人保険が会社に利益をもたらす仕組み|キホンのキホン編

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

よく、法人保険に加入すると「節税」になると言われますが、他にも、退職金の準備や福利厚生にも有用なものです。

しかし、選び方・活用法を誤ると、逆に会社のキャッシュフローを圧迫してしまうこともありえます。そこで重要なのが、その仕組みをしっかりと理解しておくことです。

とはいえ、忙しい中、じっくりと勉強する時間をとることが難しいので、税理士の方に一任されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、法人保険に加入することで得られるメリットと仕組みについて

  • 利益の繰り延べ
  • 退職金の準備
  • 従業員の福利厚生

の3点を中心に、重要なことを分かりやすくご説明させていただきます。

法人保険の基本中の基本について解説しておりますので、事業を立ち上げたばかりの経営者の方や、これから法人保険を活用しようとお考えの方に役立つことと思います。

続きを読む

0

経営者必見!事業活動のリスクに備える企業保険の選び方

※この記事の「1.1.3.」における法人保険の保険料の損金算入等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

企業向けの保険には様々なものがありますから、経営者である皆さまは「会社にとって本当に必要な保険はなんだろうか?」とお悩みになることもあるかと思います。

そもそも、保険の役割というのは、万が一の事態に備えてリスクを最小限に留める、という点にあります。特に、企業保険に関しての「万が一」というのは、会社の経営が立ち行かなくなってしまうような重大な危機のことを言います。

そして、そういう危機に備える企業保険は大きく2種類です。1つは生命保険、もう1つは損害保険です。この記事では主に、「企業のリスク」を考えた時の保険について、これら2つの分野に分けてご案内させていただきます。

なお、生命保険の中には、税金を抑えながら積立ができる保険もありますので、そういった保険についてもお伝えします。是非、最後までお読みになって、お役立てください。

続きを読む

0

美容室の保険|意外なリスクと本当に必要な保険とは

美容師や理容師の皆様は、いつも、お客様が気持ちよく過ごせてキレイになってもらえるよう、細心の注意を払っていらっしゃることと思います。

しかし、どんなに細心の注意を払っていても、またご自身に落度がなくても、事故が絶対に起きないとは言い切れません。

たとえば、ヘアーカット中にお客様がくしゃみをした拍子にお客様の体を傷つけてしまったという話や、シャンプーが原因で頭皮が炎症を起こしてしまったという話をたまに聞きます。

そういう場合、賠償責任問題に発展する可能性があります。また、そればかりでなく、悪評が立つとその後の店舗経営にも大きなダメージを与えてしまうかもしれません。

この記事では、美容室で起こりうる具体的な事故の例を念頭に置いて、美容業界などで起こりうる万が一のリスクに備えるために、どんな保険に入っておくべきなのか、分かりやすく解説します。

美容室の関係者の方だけでなく、同じ業界で活躍されている経営者の方にお役に立てる内容となっていますので、是非最後までお付き合いください。

続きを読む

0

定額個人年金保険で老後の資産形成を行うためのポイントと選び方

定額個人年金保険は、リスクを取らずに確実な貯蓄をしたい方のための保険です。

支払った保険料を保険会社が運用し、将来は支払った保険料よりも受け取る年金額が増えて戻ってきます。

現在の日本社会では、少子化と超高齢化が凄まじいスピードで進んでいます。

そんな中、公的年金に対する不安を感じている方も多く、また銀行の普通預金にもほとんど金利がつかないのは、皆さんもご存知のことと思います。

そのような背景から、若い世代から老後の備えについて、個人年金保険などを活用している方も多くいらっしゃいます。

この記事では、定額個人年金保険について、具体的な保障内容を例にご説明したいと思います。

外貨で支払うタイプについても解説しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

0

生命保険の相続税対策|知らないと損する節税のポイント

生命保険は万が一の時に死亡保険金が受け取れる保険です。でも、受け取れる保険金に税金がかかるかどうか?疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

と同時に、生命保険で相続税対策ができるという話も、聞いたことがあるかもしれません。

生命保険の役割は、あなたに万一のことがあったとき、残されたご家族が経済的に困らないために加入するものです。ですから、その保険金に税金がかかると、必要なお金を残すことができなくなってしまうかも知れません。

よって、生命保険にかかる税金の仕組みについて知っておくことはたいへん重要になります。

相続税対策として生命保険に加入する時も同様で、その目的に合った保険の入り方をしないと、まったく意味のないものになってしまいます。

そこで、この記事では

・生命保険の保険金が非課税になるケース
・相続税対策で有効な生命保険

の2点について、ご紹介したいと思います。

これから生命保険に加入しようとお考えの方はもちろんですが、ご自分が保険金の受取人となっている方にもお役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0

会社員が突然働けなくなった時にもらえるお金まとめ

もしも突然、病気やケガで働けなくなったら、と思って不安になったことはありませんか?

一家の大黒柱として守るべき家族がいらっしゃる方であれば、なおさらだと思います。

しかし、安心してください。収入が途絶えてしまった場合でも、最低限の生活を送れるだけのお金がもらえる仕組みが日本にはあります。「傷病手当金」と「障害年金」です。

ただ、制度があると知っていても、本当ならもらえるのに、もらえるはずがないと思いこんで申請すらせずにいるケースもけっこう多いのです。そこで、

  • だいたいいくらもらえるか
  • どんな状態になったらもらえるか
  • どうすればもらえるか

こういったことだけでもイメージできていれば、いざという時安心ですよね。

この記事では、会社員の方が突然働けなくなった時にお金がもらえる2つの制度「傷病手当金」と「障害年金」について、分かりやすくご説明してまいります。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社