3等級ダウン事故とは何か?保険料はいくらアップするか?

自動車保険の「3等級ダウン」事故とは、保険料の割引率を決める等級が3つ下がる事故のことをさします。

この記事では、そもそも自動車保険の等級制度とはどんなものだったか振り返った上で、3等級ダウン事故とは何か詳しく解説しています。

その上で、3等級ダウン事故で保険料がどのくらい上がってしまう可能性があるのか、具体例を交えて紹介しています。

1.そもそも自動車保険の等級制度とは?

3等級ダウン事故について触れる前に、自動車保険の等級制度とはどういったものかおさらいしておきましょう。

等級制度について誤解があると、3等級ダウン事故に関しても正しく理解できないからです。

自動車保険の等級制度は、交通事故を起こすなどして保険金を受け取った経歴をもとに等級が決まり、その等級ごとに保険料の割引率(割増率)が適用されるしくみです。

自動車保険に加入した後に、交通事故を起こさず、あるいは起こしても保険金を受け取らなければ、等級がアップし、保険料の割引率が高くなっていきます。

これに対し、交通事故を起こすなどして保険金を受け取った場合は等級がダウンし、割引率もダウンします。

自動車保険では、無事故で保険金を受け取らずに過ごす人の方が、そうでない人と比べて保険料が安くなる仕組みになっているのです。

1-1.等級によってどのくらい保険料の割引率(割増率)が変わるか

それでは、A損保の自動車保険を例にとって、等級によってどのくらい保険料の割引率(割増率)に差が生じるか見ていきましょう。

等級 無事故 事故有
20 63%割引 44%割引
19 55%割引 42%割引
18 54%割引 40%割引
17 53%割引 38%割引
16 52%割引 36%割引
15 51%割引 33%割引
14 50%割引 31%割引
13 49%割引 29%割引
12 48%割引 27%割引
11 47%割引 25%割引
10 45%割引 23%割引
9 43%割引 22%割引
8 40%割引 21%割引
7 30%割引 20%割引
6 19%割引 19%割引
5 13%割引 13%割引
4 2%割引 2%割引
3 12%割増 12%割増
2 28%割増 28%割増
1 64%割増 64%割増

ご覧のように、等級は1等級から20等級まで設けられており、数字が大きい方が良い等級となり保険料の割引率がアップします。

加えて、数年以内に交通事故を起こすなどして保険金を受け取った場合には「事故有」という判定となり、同じ等級でも「無事故」と比べて割引率が低くなります。詳しくは後でお伝えします。

このように、等級により割引率(割増率)に大きな差があることが分かります。

この割引率・割増率を実際の保険料に適用したときにどのくらいの差が出るか、保険料の割引率が0%の場合の保険料を80,000円/年とした場合を例に見ていきましょう。

最も割引率が高い20等級(無事故)と最も割増率が高い1等級の間の保険料の差は以下の通りです。

  • 1等級(無事故):131,200円/年
  • 20等級:29,600円/年

4倍以上もの差が生じています。

このように、自動車保険の保険料を抑えるためには、等級ダウンしないようにすることが必須ということです。

2.「3等級ダウン事故」とは?

等級制度について振り返ったところで、改めて3等級ダウン事故とは何か見ていきましょう。

自動車保険の等級に関連する事故は以下にあげる3つに分類され、3等級ダウン事故はその中の1つです。

交通事故の種類 内容 翌年度に下がる等級数
3等級ダウン事故 以下の交通事故を起こし、保険金を受け取った場合

  • 他人を死傷させた
  • 他人の物を壊した
  • 自分の物を壊した
1回の事故につき3等級下がる
1等級ダウン事故 以下のケースで、保険金を受け取った場合

  • 盗難
  • 落書き
  • 台風による損害
  • 飛来物(飛び石など)との衝突など
1回の事故につき1等級下がる
ノーカウント事故 3等級ダウン・1等級ダウン事故以外の要因で保険金を受け取った場合

たとえば、交通事故を起こし、自分や家族がヶガをしたが、他人に損害を与えたり乗っていた自動車が傷ついたりしなかった場合

等級は下がらない(翌年度は1等級上がる)

3等級ダウン事故は、他人に損害を与えた場合と、自分の自動車などを損壊させた場合をさします。

一方、盗難や落書きなどのように契約者に非があるとは言えない事故で保険金を受け取った場合には「1等級ダウン事故」と判定されます。

3等級ダウン事故を起こした場合は翌年度から3年間、1等級ダウン事故であれば翌年度から1年間「事故有」と判定され、同じ等級でも「無事故」より割引率が低くなります。

なお、自分や同乗の家族がケガをして保険金を受け取っただけで、他人に損害を与えず自分の自動車が損傷することもなかった場合には「ノーカウント事故」と判断され、等級が下がることはありません。

等級についての詳細については「自動車保険の等級で知っておきたいことまとめ」をご覧ください。

3.3等級ダウン事故を起こすと、どのくらい保険料が上がるか

それでは、3等級ダウン事故を起こすと、保険料はどのくらい上がってしまうでしょうか。

B損保の自動車保険で、以下の条件で見てみましょう。

  • 現在の保険料:7万円/年
  • 現在の等級:6等級
  • 事故の種類:3等級ダウン事故

この場合、次年度以降、保険料は以下のようにアップします。

等級 保険料(イメージ)
次年度 事故あり3等級 97,000円
2年後 事故あり4等級 85,000円
3年後 事故あり5等級 75,000円
4年後 無事故6等級 70,000円
5年後 無事故7等級 60,000円
6年後 無事故8等級 52,000円
合計額(概算):439,000円

次に、もしも事故を起こしてしまった際に車両保険を使わず、その先も車両保険を使わなかったら、等級は毎年1等級ずつ上がり、保険料も安くなっていきます。

等級 保険料(イメージ)
次年度 無事故7等級 60,000円
2年後 無事故8等級 52,000円
3年後 無事故9等級 49,000円
4年後 無事故10等級 48,000円
5年後 無事故11等級 46,000円
6年後 無事故12等級 45,000円
合計額(概算):300,000円

このシミュレーションでは、3等級ダウン事故を起こすと保険料の負担が6年間で439,000円-300,00円=139,000円も増えてしまうことが分かります。

自動車保険の保険金を受け取ることによって、長い目でみると損をしてしまうこともあるということです。

3-1.あえて保険を使わずに自己負担するのもあり

自動車保険を使って賠償金や修理費用より負担が大きくなるのであれば、あえて保険を使わずに自己負担するという選択肢もあります。

保険会社に確認して、保険金の額よりも保険料の負担増の方が明らかに大きく、かつ、その時に賠償金や修理費用を自己負担する経済的余裕があるのであれば、あえて自動車保険を使わず自己負担することをおすすめします。

まとめ

3等級ダウン事故とは、他人に損害を与えた場合と、自分の自動車などを損壊させた場合をさします。

3等級ダウン事故を起こしてしまうと、自動車保険の保険料が翌年度から上がり、複数年にわたって、保険料の負担が大きく増えることになります。

その結果、長い目で見ると、受け取れる保険金の額より、保険料増加分の負担の方が大きくなってしまうこともあります。なので、3等級ダウン事故を起こしてしまった場合は、保険料の負担がどのくらい増えるか保険会社に確認した上で、保険を使うか自己負担するか決めることをおすすめします。

損害保険の保険料を平均20~30%削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用自動車の保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用自動車の保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用自動車の保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用自動車の保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用自動車の保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る