火災保険の10年契約を考える際のメリットと注意点

火災保険は単年の契約ではなく、最長で10年の複数年での契約が用意されています。

ただ複数年での契約をすると、当然ながら最初に支払う保険料は高額になるので、「どのくらいメリットがあることなのだろう」と感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、火災保険で「10年」等の複数年契約を考える際に知っておきたいメリットと注意点等について簡単にまとめています。

1.火災保険の契約期間は最大で10年間

火災保険の契約期間は1年間~10年間までで選択することかできます。

以前は最長で35年まで契約期間が用意されており、住宅ローンを支払い終えるまで契約更新が不要といったことも可能でした。

しかし2015年10月に10年を超える契約は廃止となっております。

廃止の理由は、以前と比べ自然災害が多く発生するようになり、保険会社が長期的な収支予測をすることが難しくなったためです。

保険会社からすると、この予測が大きく外れて収支のバランスが大きく崩れると、保険を運用できません。

そこで10年を超える契約を廃止することにより、保険料の見直しをしやすくして収支バランスが崩れるのを予防しているわけです。

1-1.(参考)10年契約をえらぶ人は契約者の7%

それでは長期契約を選択する人はどのくらいいるのでしょうか?

以下、損害保険料率算出機構が公開した「2018年度 火災保険・地震保険の概況」の情報をもとに作成した、契約年数ごとの火災保険の契約数です。

契約年数 契約数 割合
短期(1年未満) 28,008 0.2%
1年 3,639,442 29%
2年 2,559,839 20%
3年 427,277 3%
4年 12,945 0.1%
5年 5,086,086 40%
6年 16,153 0.1%
7年 1,735 0.1%未満
8年 744 0.1%未満
9年 514 0.1%未満
10年 893,833 7.%
その他 66,134 0.5%
合 計 12,732,710  -

1年契約も全体の29%と多いものの、複数年契約(5年契約:40%、10年契約:7%)をする方の方が多くなっています。

それだけ5年や10年といった長期契約に魅力があるということです。

次項以降で長期契約の魅力やデメリットについて解説します。

2.火災保険は長期契約にすると保険料がお得に

長期契約をする最も大きな魅力は、割引を受けることができ、トータルでの保険料が抑えられることです。

実際、どのくらいの割引を受けられるかは、以下の表をご覧ください。

【1年契約と比較した契約年数ごとの割引率】

契約
年数
2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
割引率 7.13% 9.58% 12.09% 13.60% 14.56% 15.29% 15.83% 16.82% 17.59%

※すべての保険会社が同じ割引率とは限りません。
※保険会社・保険商品によっては長期契約できないことや、長期契約できる年数が異なる場合があります

ご覧の通り、契約年数が長くなるほどに、割引率が大きくなることがわかります。

たとえば1年契約と10年契約で実際どのくらい保険料がかわるのか比較してみましょう。1年契約の場合の保険料を20,000円としてみます。

【1年契約・10年契約の保険料比較例】

1年契約 10年契約
最初に支払う保険料 20,000円 164,820円
10年間で支払う保険料 200,0000円 164,820円
10年間で割り引かれた保険料の総額 35,180円

この例では10年間で35,180円もの割引が実現できています。1年分に直すと3,518円です。かなり大きな割引と言えます。

もちろん、複数年分の保険料を一気に支払うとなるとそれなりの額になってしまいます。5年契約なら5年分、10年契約であれば10年分を一括で支払う必要があります。支払総額は少なくなるとはいえ、1回の支払いごとの保険料は1年契約よりはるかに高くなります。

手元の資金に余裕がなければ難しいかもしれません。ただ、貯金が十分にあって、長期的な割引を優先するのであれば、火災保険の複数年契約はぜひ検討したいところです。

3.注意点|契約内容を見直すタイミングが少なくなる

長期契約の注意点は、契約期間が長くなるので、補償内容を見直すタイミングが少なくなることです。

1年契約であれば、1年に1度は補償内容を見直すタイミングがあることになります。そのことは、たとえば、家財を買い増しした場合に家財保険の保険金額を多く設定したり、地震保険を検討したりといった見直しの必要性に気付く契機になります。

しかし、長期契約だと、どうしても、そういった見直しのきっかけになるタイミングが少なくなります。

損害保険会社から毎年、契約内容のお知らせが郵送されてきますので、それを確認することをおすすめします。

4.長期契約して途中で解約したら保険料が返ってくる

長期契約をする際に心配なのは、「途中で解約したら保険料は返ってこないか、返ってきても少しだけではないか?」ということではないでしょうか?

たとえば、長期契約をした後で、家を建て替えたり、住宅を購入したりして、火災保険を契約期間の途中で解約しなければならないこともあるかもしれません。その際に「支払った保険料は掛け捨てになってしまうのか」と心配する方もいることでしょう。

しかし、実際には、長期契約であっても、解約したら残りの期間に応じた保険料が戻ってきます。しかも、未経過期間の分は全額、もしくは全額に近い金額が解約返戻金として戻ってくるので損をしてしまうことはありません。

以下、参考までにA損保の火災保険(10年契約)において、解約するタイミングごとに返却される保険料の割合(未経過料率)の一部をまとめた表を掲載します。

解約のタイミング 返却される保険料の割合
(未経過料率)
0年12ヵ月目 89%
1年12ヵ月目 79%
2年12ヵ月目 70%
3年12ヵ月目 60%
4年12ヵ月目 50%
5年12ヵ月目 40%
6年12ヵ月目 30%
7年12ヵ月目 20%
8年12ヵ月目 10%
9年12ヵ月目 0%

この表を見る限り、たしかに、1年12ヵ月目・2年12ヵ月目に解約すると1%分ほど保険料の損をしています。

しかし、3年12ヵ月目以降は、残りの期間分の保険料が戻ってくる(8年12ヵ月目であれば残り1年分の保険料が戻る)と言えます。

もちろん解約の手間はかかってしまうかもしれませんが、少なくとも長期契約をして途中で解約をしても、保険料を損してしまうことはほぼない、と考えてよいでしょう。

このことからも、保険料を節約したくて、かつ、一括で保険料を支払う資金が手元にあるなら、長期契約をした方がお得といえます。

まとめ

火災保険を10年契約にすることで、1年契約で10年間加入する場合と比べ、17.59%もの大幅な割引をうけられます。

たとえば、1年契約で保険料が20,000円/年のケースで計算すると、10年間で164,820円なので、35,180円の割引となります。

貯金があまりなく、手元の資金に余裕がなければ難しいかもしれませんが、そうでなければ、火災保険の保険料節約の手段として、10年などの複数年契約を検討してもよいのではないでしょうか。

もちろん、契約期間が長期になると、補償内容を見直すタイミングが少なくなりますが、それは、保険会社から毎年送られてくる契約内容を記載した書類を確認することで対処できます。

賃貸から自分で購入した一戸建てへ引っ越したなど、仮に10年契約をしても途中で解約しなければならなくなることもあるかもしれませんが、途中解約をしても残りの期間分の保険料は全額、もしくはほぼ全額が戻ってきます。

損害保険の保険料を最大50%以上削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用火災保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用火災保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用火災保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用火災保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用火災保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る